「俳優ブランド評判」4月の調査結果(チャ・スンウォン氏)


俳優ブランド評判調査、という調査があるようです。4月の調査結果で、スンウォン氏は14位にランクインしました。

チャスンウォン


[web記事]俳優ブランド評判4月の調査結果、1位ソン・ジュンギ2位ソン・ヘギョ
2016.4.13 ニュースタウン

俳優ブランド評判4月の調査の結果、ソン・ジュンギが1位、ソン・ヘギョが2位と分析された。

韓国企業の評判研究所は2016年3月11日から2016年4月12日までの韓国の俳優17人のブランドビッグデータ59,897,801件を分析し、消費者のブランド参加量、メディア量、コミュニケーション量を測定した。ブランド評価指数は、ブランドのビックデーターを抽出し、消費者行動分析をして参加価値、コミュニケーション価値、メディア価値、ソーシャル価値に分類してウェイトを置いて出てきた指標である。

韓国の人々に愛される17人の俳優(ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、ユ・アイン、キム・スヒョン、カン・ドンウォン、チョン・ジヒョン、イ・ビョンホン、イ・グァンス、ファン・ジョンミン、オ・ダルス、イ・ミンホ、イ・ジョンジェ、ハ・ジョンウ、チャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ソン・ガンホ、チェ・ミンシク)の中で、ソン・ジュンギがブランドの評判順位1位を占めた。

俳優ブランド評判調査結果 チャスンウォン
(管理人註:上段の項目左から、俳優ブランド、参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、ブランド評価指数。14位のスンウォン氏の部分を色付けしてあります。15位は「三食ごはん漁村編」で共演したユ・ヘジン氏)


<中略>

韓国企業の評判研究所は、ブランドのビックデーターを分析し、ブランド評判の変化量を把握している。今回の俳優たちのブランド評判の調査は、2016年3月11日から2016年4月12日まで、ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、ユ・アイン、キム・スヒョン、カン・ドンウォン、チョン・ジヒョン、イ・ビョンホン、イ・グァンス、ファン・ジョンミン、オ・ダルス、イ・ミンホ、イ・ジョンジェ、ハ・ジョンウ、チャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ソン・ガンホ、チェ・ミンシクに対するブランドビックデータの分析として行われた。

(ニュースタウンの記事を翻訳しました)

*この記事はニュースタウンのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

世の中いろいろな調査があるのですね。この「俳優ブランド評判」の調査に登場した、17人の俳優さんたちがどのようにして選ばれたのかとか、”ブランドのビッグデータ”というのはどんなデータなのか?とか、いろいろな疑問が浮かぶものの、スンウォン氏が14位にランクインしました!

調査対象期間の3月から4月にかけては、スンウォン氏のニュースはあまり多いとは言えませんでしたが、CMやイベント出演などでの健闘が総合的に14位にランクインする要因になったのではないでしょうか。

ちなみに1位に輝いたソン・ジュンギ氏は、除隊後初のドラマ「太陽の末裔」が好スタートを切り、CM契約などが増えているようです。やはりドラマ出演というのは、CMやその他のメディアへの露出にもつながり、消費者の目に触れる機会が多くなるようです。

今年はスンウォン氏主演の映画「古山子、大東輿地図」の封切りを控えていますが、やはりこの辺で、ドラマの話が舞い込んでくると嬉しいですね。ドラマが決まれば毎週スンウォン氏に会えますし、ドラマ効果でCMやインタビューも増えるでしょうし、ファンとしてはどうしても期待してしまいます。

スンウォン氏が良い脚本に出会って、俳優としてさらにステップアップできるような役をオファーされて、そしてファンもスンウォン氏の魅力をたっぷり味わえるような、そんな作品に巡り合える日がやって来ると良いですね。できればすぐにでも!(笑)
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment