[web記事]チャ・スンウォン、カン・ドンウォン、キム・ヒエ、チェ・ジウ、なぜYGなのか


YGエンターテインメントはもはや音楽事務所ではない。俳優マネジメントの方面で男性ではチャ・スンウォン、カン・ドンウォン、チャン・ヒョンソン、女性ではチェ・ジウ、ク・ヘソン、ユ・インナに続き、最高の演技派俳優のキム・ヒエなど強力なラインアップを構築した。歌手の演技兼業が普通になった今、芸能界の世相を考えると、すでに俳優としても定着したチェ・スンヒョン(BIGBANGのT.O.P)をはじめ、数十人がアイドル予備軍団として後を支えている。

チャスンウォン


では、なぜ大物俳優たちが先を争ってYGに進むのか。巨額の契約金のためではない。YGのある関係者は「お金を期待してやってくるスターたちとは契約しない。ヤン・ヒョンソク代表の所信がそうだ。俳優であれ、歌手であれ、アーティストとしての価値と誠意を重視し、何よりも心を合わせて長く一緒にできる人間味を問う」とした。

新たに合流したカン・ドンウォンとキム・ヒエも、契約金の代わりに俳優として活動するのに最高の環境と条件、そしてビジョンを提示するYGからの提案にサインをしたという。現在、最高の興行保証小切手であり、韓流スターとして位置づけられているカン・ドンウォンが、数十億ウォンの値をつけるいくつかの企画会社のラブコールを振り切って、ヤン代表と契約した背景もここにある。数十年トップの座を守ってきたキム・ヒエが初めての所属事務所にYGを選んだ理由も同じである。

キム・ヒエは、体系的なマネージメントで定評のあるYGとの契約を締結し、デビュー後初の所属事務所ができた。1983年のデビュー以後、30年間トップの座を守っているキム・ヒエがYGと手を取り合ったのは、YGに人が集まる傾向と無縁ではない。

YGは体系的かつ未来志向的なマネジメント、そして俳優に対する高い理解で俳優たちの心をつかんでいる。ヤン・ヒョンソク代表との高い信頼感、そして歌手と同様にYGの俳優は違うという大衆の認識の中に、どの瞬間も驚くほどの俳優マネージメントを拡張している。今のように韓流が全世界に広がる状況で、スター俳優が1人の企画会社体制で発展を模索するには限界が明らかなことも、YGの俳優部門の急成長に力を貸している。

特にYGと契約を締結して作品活動をしながら、より幅広い足跡を見せる俳優たちが多い。チャ・スンウォン、カン・ドンウォン、チェ・ジウ、チョン・へヨン、チャン・ヒョンソン、ク・ヘソン、ユ・インナ、イ・ソンギョンなどがYGと一緒に仕事をし、「シナジー」を発揮しているところだ。歌手のマネジメントと同様に、俳優たちと所属会社との強固な連帯関係もあり、再契約につながることが大半だ。所属事務所と俳優のいずれも成長する気持ちよい図が繰り広げられている。

YGはJINUSEAN(ジヌション)、1TYM(ワンタイム)、BIGBANG(ビッグバン)、2NE1(トゥエニワン)、WINNER(ウィナー)、iKON(アイコン)など、売り出す歌手を成功させた。PSY(サイ)、EPIK HIGH(エピックハイ)などもYG所属で、国内ヒットチャートを総なめする歌手が一堂に会している所属事務所である。音楽企画会社として出発したが、俳優たちまで集まって総合エンターテインメント会社に急激に成長し、業界1位とされている。

(OSENの記事を翻訳しました)

------------管理人のつぶやき------------

女優のキム・ヒエ氏が新たにYGと契約したニュースがたくさん出ており、今や有名俳優たちが集まる所属事務所として、俳優部門をさらに充実させているYGエンターテインメントに関する記事が多くなってきています。

もちろん、YGの話題が出ればスンウォン氏も筆頭俳優としてあちこちに名前が出てきます。嬉しいですね。俳優たちの持ち味を生かして、新たなジャンルにも挑戦できるよう支援する事務所のバックアップ体制も好感が持てます。

OSENの他の記事でも、YG所属のスンウォン氏のことが取り上げられていましたのでご紹介します。


YGの強みは専門的かつ体系的なマネジメントと俳優に対する理解度が高いという点だ。先立って契約したチャ・スンウォン、チャン・ヒョンソン、チェ・ジウ、カン・ドンウォンを見ても分かる。彼らの活動を見れば、YGが俳優の活動のために全面的に支援しているということを確認することができる。

<中略>

最初にYGと契約をしたチャ・スンウォンも同じである。YGのブランドパワーと役者としての相乗効果を出している。2011年のドラマ「最高の愛」以来、長いブランクがあったチャ・スンウォンは、YGと契約した後、ドラマ「君たちは包囲された」、映画「ハイヒール」などブラウン管とスクリーンで活発な活動を継続し、tvN「三食ごはん」に出演して国民的な応援を受けて、第2の全盛期を享受した。

(OSENの記事「YGキム・ヒエ、これから再起動」から抜粋・翻訳しました)



▲チャ・スンウォン

チャ・スンウォンは1988年にデビューした後、映画やドラマなどでコミカルやホラーを問わずさまざまなジャンルに出演し、確実な演技派俳優として定着した。2000年代初めには「風林高(新羅の月夜)」、「ライターをつけろ」、「ぼくらの落第先生(先生キム・ボンドゥ)」、「天国からのメッセージ(幽霊が棲む)」など、確実なコメディー俳優として位置づけられ、その後にはドラマ「シティホール」、「最高の愛」などで、甘いメローの演技を披露して「花中年」として名声を高めた。そして「三食ごはん漁村編」でチャジュンマキャラクターと出会って、ユ・ヘジンと最高の相性を見せながら、国民的な応援を受けるに至った。次期作に映画「古山子、大東輿地図」を選択したチャ・スンウォンが、どのような新しい姿を見せてくれるか期待を集めている。

(OSENの記事「YG俳優たちは、今、熱く仕事中」から抜粋・翻訳しました)



*これらの記事はOSENのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment