チャ・スンウォンを巡る旅/考えるチャ・スンウォンPart 2


最近スンウォン氏のニュースがないですね…。そんな時は過去の写真を掘り出して楽しく過ごしましょう。

チャ・スンウォンを巡る旅、今回は「考えるチャ・スンウォン」のパート2をお届けします。考えるスンウォン氏を眺めながら、私もスンウォン氏のことを考えます。新たな活躍のニュースを待ちながら…。

チャスンウォン
待ちくたびれたようにも見えるスンウォン氏。こんな素敵な男性を待たせてはいけません。


チャスンウォン
髪型からみると「最高の愛」の前後でしょうか。小指が頬に当たって、弾力のある頬の質感まで感じられるような一枚。

チャスンウォン
今度は右手で頬杖をついて笑っています。少し開いた胸元に目が行ってしまいます♡いつもの星形のペンダントの奥がついつい気になります…

チャスンウォン
奥の猫の目も気になるし、スンウォン氏の目も気になるし…。写真を見ているはずなのに、見られているような気分になる一枚。

チャスンウォン
「最高の愛」より。うっとりとク・エジョンを見つめるトッコ・ジン。唇が今にも動き出しそうです。エジョンになりたい!と思った人も多かったはず。

チャスンウォン
雑誌BAZAARより。ワイルドなひげとモノクロの写真から、哲学者チャ・スンウォンの雰囲気が出ています。

チャスンウォン
どアップのスンウォン氏にドキッとさせられます。真実を語るしかありません。ひとつ残っていたどら焼きを食べたのは私です…。

チャスンウォン
2014年。スンウォン氏の表情よりも、唇にちょっと触っている可愛い小指が気になります♡

チャスンウォン
「君たちは包囲された」を撮っていた頃でしょうか。少しパーマをかけた髪型がソ・パンソク刑事を思い出させます。

チャスンウォン
スンウォン氏の横顔は天下一品です。静かなこの一瞬を同じ空間で眺めてみたい思いに駆られます。

チャスンウォン
こちらを見る目線を意識しながら、仲良く揃った爪の短い可愛い指たちにも目を奪われる一枚。指もカメラ目線?

チャスンウォン
同じポーズでもう一枚。目尻の深いシワに、スンウォン氏の笑顔の名残が見えるようです。シワからも優しい人間性がにじみ出ています。

チャスンウォン
喫茶店に入って、このポーズのスンウォン氏がいたら、同じポーズで座って、瞬きもせずに見つめ続けたいです。

チャスンウォン
「鶏が先か卵が先か」を考えているのか、「次回日本に行ったときはやっぱりカツカレーを食べよう!」と考えているのかは…スンウォン氏のみぞ知る。

チャスンウォン
眉毛とヒゲが濃くてはっきりとした印象なのに、表情はとても柔らかく、カジュアルなカーディガンと相まって夢見るような雰囲気のスンウォン氏です。両極の魅力が詰まった一枚。


------------管理人のつぶやき------------

チャ・スンウォンを巡る旅、「考えるチャ・スンウォンPart 2」はいかがでしたでしょうか?スンウォン氏の表情もさることながら、頬杖をついている腕や手、指もなかなか個性的です。手首の筋や、手の甲に浮かぶ血管まで、隅々まで楽しめますね。

後半部分のパーマがかかった髪型の写真は、ほとんどが2014年のものです。当時、ドラマ「君たちは包囲された」の撮影が忙しい頃で、スンウォン氏の表情が少しお疲れの様子なのですが、それがまた頬杖と合っているようにも見えます。

カメラ目線のスンウォン氏の目はまさに「目千両」。何ともいえない情感が溢れていて、この目は俳優としてのスンウォン氏を大いに引き立てます。写真を見る私たちの心を射抜くような目が大好きです。

頬杖をついて考えるスンウォン氏を、頬杖ををつきながら眺めてみると、何か新しい発見があるかもしれません。みなさんのツボはどの辺にあるでしょうか…。隅から隅まで味わってみてください。

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

みらい  

 頬杖をついて、こんなに素敵な男性って、他にいませんよねぇ。もし(絶対無いけど)こんなスンウォン氏に見つめられたら、即死するか、走り出しそうです。
 

2016/03/19 (Sat) 15:01

管理人  

みらいさん、コメントをありがとうございます。

頬杖をついても絵になる男性っているのですね。夢見るような表情のスンウォン氏や、まっすぐこちらを見るスンウォン氏の写真を見ながら、あれこれ妄想に走ってしまいました。「絶対にないけれど」を前提に始まる妄想ワールドは楽しいです。

こんなスンウォン氏に見つめられたら…心拍数が300くらいになって倒れてしまうかもしれません。でもそれでは惜しいから、必死に見つめ返したい、というのが私の理想です。みらいさん、走り出してしまったら…やっぱりもったいない!(笑)

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2016/03/19 (Sat) 21:31

コメントを書く/Comment