チャ・スンウォン バレンタインファンミーティングから1年


早いもので、チャ・スンウォン氏のバレンタインファンミーティングから1年が過ぎました。バレンタインデーという特別な日に、スンウォン氏が日本のファンに会いに来てくれた、夢のようなひとときを写真で振り返ってみたいと思います。

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン


チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン

チャスンウォン ファンミ チャ・スンウォン


------------管理人のつぶやき------------

あれから一年。あっという間に一年が経ったような気もしますが、スンウォン氏の大活躍を目いっぱい楽しんだ充実した一年でもありました。

寒さの中、Zeppブルーシアター六本木に向かう坂道をドキドキしながら上っていったのが思い出されます。1時間半ほどのファンミーティングは大いに盛り上がり、ステージの上にいるスンウォン氏の笑顔が本当に眩しくて、瞬きをするのすら惜しんで、光り輝くスンウォン氏を見つめて楽しんできました。

ちょうど、ブログをオープンするために準備をしていた頃でしたので、この特別なバレンタインファンミーティングのことをいつまでも忘れないようにと、帰宅してから遅くまでかかってレポートを仕上げました。

記憶だけが頼りのレポートなので、1時間半の出来事を全ては書ききれませんでしたが、1年経って読み返してみると、自分でも忘れていることがあって、当日の会場の熱気がよみがえってくるような気持ちになりました。

昨年のファンミーティングに参加した方も、参加できなかった方も、興奮冷めやらぬ状態で仕上げたファンミレポートを楽しんでいただけると嬉しいです。

☞チャ・スンウォン氏のファンミーティングに行ってきました(2015.2.14)


今日はファンミーティングに対する個人的な思いを少し綴ってみようと思います。

ブログへのコメントや、その他の方法で、管理人宛にたくさんのメッセージをいただいています。その中で、遠方に住んでいるので、ファンミーティングに参加できずに残念だという方が少なからずいらっしゃるようです。

「ファンなのにファンミーティングにも行けずに申し訳ない」という思いを持っている方もいらっしゃるようで、その気持ちが痛いほど伝わってきます。居住地の問題や、様々な状況から、ファンミーティングに参加できないのはファンにとって悲しいことですが、仕方がないことでもあり、そしてファンミーティングが全てではないと私は思っています。

ファンならファンミーティングに参加して当たり前?いいえ、そうは思いません。私がファンミーティングに参加できたのは、ある意味ラッキーなことだと思っています。当日の予定を空けて、チケットの抽選に当選して、はじめて参加できるのですから。

無理をして参加するよりも、いつか来るチャンスのために、スンウォン氏のことを忘れずに好きでいることの方が大切なように思います。今は無理でも、スンウォン氏を応援し続けていれば、きっとチャンスはやって来ると信じています。

ファンミーティングのレポートを、ブログで発信することによって、参加できなかった方に少しでも会場の様子が伝わり、スンウォン氏が本当に嬉しそうにしていたことが伝わると良いな…と願っています。もちろん、当日会場で熱気を味わった方たちにも、楽しかったひと時を思い出していただけると嬉しいです。

あの日、私はスンウォン氏へのカードを持参して会場に向かいました。スンウォン氏のことを多くの人に知ってもらうためにブログを準備していること、スンウォン氏を愛する日本のファンに楽しんでもらえるブログ作りを目指すことなどを、たどたどしい韓国語で書きました。

2月14日は私にとって、ファンミーティングから1年という記念日のほかに、スンウォン氏に誓いのカードを出した日ということで二重の記念日になりました。

ブログで扱う情報は、全てインターネット上で入手できるものであり、個人的なつぶやきのほかは何の独自性もありませんが、あちこちから集めた情報は出し惜しみをせず、アクセスしていただくみなさんに平等に楽しんでいただけるよう、心を込めて発信していきたいと思います。

スンウォン氏の楽しい情報で、日々幸せに過ごすことが一番。私も含め、ひとりひとりが自分に合った方法で、末永くスンウォン氏を応援できたら…。ファンミーティングから1年経った今、そんな風に考えています。



関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

merry  

管理人さま

いつも素敵なブログをありがとうございます。
あれから一年ですね…本当に、早いなぁ。でも、この一年でスンウォンさんはたくさんの活躍をして下さり、ファンとして嬉しい限りですね!

思い起こせば一年前…私は初めてのファンミ、初めての生身のスンウォンさんを拝むことが出来たのでした。
スンウォンさんが会場に現れた時の感動たるや!その凛々しいお姿からまばゆい光が内から内から放たれ、その神々しい美しさに圧倒されまくりでした。
この世の方と思えない、素敵とか格好いいなどという言葉を超越したかのような、まさに神々しさ…
本当に、神話の中の方が天から舞い降りたかのようでした。。

トークが始まると、あの大好きな重厚な低い優しいお声で、作品について真面目に語って下さりうっとり聞き入っていましたが…
通訳さんが訳し始めると、スンウォンさんは手足をプラプラ、マイクをくるくる、唇ペロペロ(これはトークの最中もですかね)、、
私が抱いていた“落ち着きがない疑惑”の答えが出たようで(スミマセン!)、可愛いやら可笑しいやら!あのダンディで、さっきまで神々しかったスンウォンさんが、もう子供のように見えてきて、そのギャップにまたまた魅了されていく私なのでした。

画面の中の人、だったスンウォンさんが、自分の目の前で笑ったり踊ったりお話しをしている…生きている、動いていることに、感動し、
そのスンウォンさんを自分の目で見ているという状況にまた感動、そして今同じ時を生きていることにさえ、感動しました。
本当に、いたんだ…チャ・スンウォンさんて方…
神さま、チャ・スンウォンさまを作り出して下さってありがとうございます…
そんな心境でした。

一年が経ち、あの日と同じ感動は薄れているかもしれないけど、管理人さまがほぼ毎日更新して下さるブログの中で、
近況を知ったり、過去を知ったり、共感したり、ときめいたりしながら…スンウォンさんへの想いは増すばかり。知れば知るほどいい男!ですしね!!

“スンウォンさんを愛する日本のファンに楽しんでもらえるブログ作り”
そのような志を持たれることが素晴らしいありがたいし、それを着実に誠実に実行されていらっしゃる管理人さまの姿勢に頭が下がり…素敵なブログを読めることに感謝しています。

ファンミは行けたらすごく嬉しいけど、行けなくてもレポートを読むのが楽しいですよね!私も管理人さまや他の方のレポートで、自分の気づかなかったスンウォンさんを教えて頂けると嬉しいし、過去のファンミやら舞台やらサイン会などなど…レポートを読ませて頂くと楽しくて!次は行けるかわからないですし、自分のその時の状況に合った方法で、末永くスンウォンさんを応援する…管理人さまに一票です!

いつも本当にありがとうございます。
今日のうちにコメント書き終えることが出来てほっとしました。
今日この日!コメントさせて頂きたかったんです。(o^―^o)ニコ

2016/02/14 (Sun) 23:35

管理人  

merryさん、コメントをありがとうございます。

いろいろな思い出の詰まった2月14日に、素敵なコメントをいただいて嬉しいです。初めてのファンミは一生に一回。merryさんの初ファンミレポートを楽しんで読みました!

“落ち着きがない疑惑”とはまた鋭い視点ですね(笑)確かに、通訳さんが話している間、スンウォン氏は暇を持て余した感がプンプンと漂っていました。おかげで唇ペロペロの可愛いお姿が拝めました。ステージの上には188センチのモデル体型のスンウォン氏が座っているのに、その辺の小学生が間違ってステージに来てしまったような落ち着きのなさに、私の顔は緩みっぱなしでした。

ファンミとは面白い空間だと思います。「画面の中の人」が私と同じ空間で、同じ空気を吸って、ほんの数十メートル先に存在している!という、当たり前のことを一つづつ確認して、「チャ・スンウォンはリアルな人間である」という、これまた当たり前の結論に達して、感動の嵐。次回はもう少し冷静に楽しんでみたいと思いつつも、きっとまた我を忘れてしまうのでしょうね。そんなところもファンミの醍醐味なのかもしれません。

ファンミを一つとっても、感じ方は人それぞれ。スンウォン氏を愛するいろいろな方々のイベントレポートや、スンウォン氏への想いを読むのは私も大好きです。ファンミは大きなイベントなので、少しずつ角度の違う「スンウォン氏の記録」をたくさんの方たちとシェアできると良いなぁ、と思っています。参加してもしなくても、スンウォン氏の情報をファンの間で共有するのは素敵な事だと思います。

ブログ作りの目標は、初心者なのに大それた目標を立ててしまったようでお恥ずかしい限りですが、目標に近づけるよう、地道に努力していきたいと思っています。みなさんに楽しんでいただけるようなブログ作り、そして何よりも私自身が楽しく続けられるブログを目指します。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2016/02/15 (Mon) 00:56

コメントを書く/Comment