[web記事] 「三食ごはん」さようならマンジェ島!チャ・スンウォン最後のインタビュー「記憶であり、思い出」


13日に放送されたtvN「三食ごはん漁村編」(演出ナ・ヨンソク、シン・ヒョチョン)の第8回放送では、長く留まって住み慣れたマンジェ島を離れるチャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ソン・ホジュンの姿が放映された。

マンジェ島での最後のインタビューで、チャ・スンウォンが真っ先にした話は、延々としてきた「料理」ではなく、人間「ユ・ヘジン」のことだった。

三食ごはん


チャ・スンウォンはこれまでとは違った落ち着いた口調で「ユ・ヘジンさんとまたなぜか一緒にできて良かったです。食べ物は消化されるが、人との関係は続いていく。心の中に残る。記憶であり、思い出。」と語り、感情がこみ上げた姿を見せて、切なさをあおった。

さらに、ユ・ヘジンもチャ・スンウォンについて言及した。

ユ・ヘジンは「後で考えたら本当にいい思い出になりそうだ。覚えてる?魚を一匹も獲れなかったこと。思い出すよね?そんな話を交わす日がありそうだ」と、苦労も思い出も多かったマンジェ島での思い出を回想した。

ネットユーザーたちは、”「三食ごはん」が終わったとは”、”「三食ごはん」チャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ソンホジュンが見たい”、”「三食ごはん」スペシャルは見逃せない”などの反応を示した。

イ・ソジン&オク・テギョンの江原道旌善(チョンソン)での生活で話題を集めた「三食ごはん」のスピンオフ「三食ごはん漁村編」は、マンジェ島で、チャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ソン・ホジュンの漁村生活を描いた。13日に「三食ごはん漁村編」の本編が終わり、20日にはスペシャル編、そして27日には「花よりおじいさん-ギリシャ編」が放送される。

(韓国毎日新聞の記事を翻訳しました)

*この記事は韓国毎日新聞のニュース記事の一部を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

空前のチャジュンマ人気にも決しておごることなく、最後にユ・ヘジン氏について話をするところがスンウォン氏らしいと思いました。これだけ話題になっているのに、むしろ淡々と冷静に受け止めているのがさらにカッコよくもあり…。

MBCの「無限に挑戦」に引き続き、バラエティー番組に出演するということで、最初は「大丈夫なんだろうか?」と正直不安に思っていました。ふたを開けてみれば、スンウォン氏は私たちの想像をはるかに超える能力で次々と食事を作り出し、高視聴率をたたき出し、スンウォン氏の俳優人生の輝かしい新たな1ページを作り上げました。

スンウォン氏のチャジュンマぶりに度肝を抜かれ、新たな魅力を発見するワクワクの連続でもありました。
しかし何といっても一番心に残ったのは、どんな状況に置かれても最善を尽くして、仲間たちのために一生懸命行動するスンウォン氏の姿でした。バラエティーだからといって手を抜くことなく、とにかく「一生懸命」なスンウォン氏に心打たれました。

しつこく記事の宣伝みたいになってしまいますが、最近翻訳した、スンウォン氏の過去のインタビューをまとめた記事☞に、スンウォン氏の「変わらない」部分について書かれていました。マンジェ島のスンウォン氏を見ていても、その「変わらない」強さ、信念のようなものが感じられました。不器用なのかもしれないけれど、俳優である前に、人間として、謙虚でひたむきで…。私にとっての「三食ごはん漁村編」は、そんな「人間チャ・スンウォン」を見ることができた思い出深い番組になりました。

来週は特別編ということで、三食ハウスのファミリー再集結が見られるようです。楽しみですね。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment