[web記事]「三食ごはん」チャジュンマ、チャ・スンウォン、ナ・ヨンソクPDシーフードバイキング提案にもてきぱきと


三食ごはん漁村編


やはり信じて味わう「チャジュンマ」チャ・スンウォンだった。チャ・スンウォンは材料不足にも、無理な要求にも関わらず、最終的にサッと料理をやり遂げて、マンジェ島の家族においしい食事をプレゼントした。

12月4日に放送されたtvN「三食ごはん漁村編2」では、チャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ソン・ホジュン、ゲストのユン・ゲサンのマンジェ島生活が描かれた。

この日、チャ・スンウォンは昼食で魚カツカレーに挑戦した。しかし、釣りに出たユ・ヘジンとユン・ゲサンは魚を一匹も釣ることができないまま帰り、チャ・スンウォンは材料がない難関にぶつかった。しかし、チャ・スンウォンは、一抹の悩みもなく「作戦変更する」と、魚カツの代わりに、ムール貝のフライを準備した。

チャ・スンウォンは、温まった油で、衣の付いた天然ムール貝を香ばしく揚げた。さらに、ご飯の上にムール貝を載せてカレーをたっぷりとかけておいしそうな昼食を準備した。マンジェ島の家族は、ムール貝フライの乗ったカレーを勢いよく食べ、満足のいく昼食を終えた。

チャ・スンウォン印の夕食も食欲を刺激した。チャ・スンウォンはユ・ヘジンが午後に釣ってきたウスメバルを利用して、焼き魚や海鮮土鍋スープを作った。チャ・スンウォンはタコ、ムール貝など海産物をたくさん入れた味噌チゲを土鍋に移してグツグツと沸かした。また、ウスメバルも丁寧に手入れしてキツネ色に焼いた。完成した夕食の食卓を見たユン・ゲサンは「感動が押し寄せている」と、チャ・スンウォン印の料理に感心した。

チャ・スンウォンの料理は翌朝絶頂に達した。前日の夕食後、ナ・ヨンソクPDが朝食のメニューにシーフードバイキングを提案したもの。これにチャ・スンウォンはしばし戸惑ったが、すぐにメニューを考え出してナ・ヨンソクPDの注文を受けるなど、頼もしいオーラを漂わせた。

チャ・スンウォンはバイキングメニューで魚カツ、ムール貝のチヂミ、チャプチェ、ムール貝と大根のスープ、ワカメの酢の物、エゴマのキムチなど、計10個の料理作りに乗り出した。チャ・スンウォンはユン・ゲサンとソン・ホジュンに手伝いをさせて、一心不乱に料理を始めた。チャ・スンウォンは大根を切って大根スープを作ったのに続き、魚を手入れし、魚のカツを作って春雨を茹でてチャプチェを作るなど、滑らかに料理をこなしながら、バイキングのテーブルを埋めていった。

まさに歴代級の食事。これにユ・ヘジンは「ミシュランも泣いて行く」とチャ・スンウォンを称賛した。実際にチャ・スンウォンはおいしそうなビジュアルの料理でバイキングのテーブルを埋め尽くし、マンジェ島家族の目と口を惹きつけた。マンジェ島家族は並んで座って、「チャジュンマ」の料理を満喫しながらマンジェ島での最後の食事を終えた。

チャ・スンウォンは、最後の食事まで歴代級に責任を負い、マンジェ島での料理シーンを新たに積み重ねた。チャ・スンウォンはシーズン1から優れた料理の実力で、マンジェ島の家族の食事の責任を負ってきた。シーズン2でもやはり日々発展する料理の実力を披露しながら、信じて味わう料理でマンジェ島の思い出をおいしく満たした。

(ニュースエンの記事を翻訳しました)

*この記事はニュースエンのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

お昼ご飯に魚カツカレーを計画していたチャジュンマでしたが、ヘジン氏たちは一向に釣れずに、ムール貝をバケツ一杯獲って帰ってきました。そういえばスンウォン氏はカツカレーが好物だ、という話をどこかで聞いたような気がします。お肉は無理でも、新鮮な魚のカツを載せたカレーをみんなに振る舞いたかったのでしょうね。

材料が手に入らなかったことで、ムール貝を使ったフライに変更にはなりましたが、チャジュンマお手製のカレーに海の幸のフライが加わり、見た目も味も合格点の昼食になったようです。

必要に迫られてのメニュー変更とはいえ、魚が釣れずにガッカリして戻ってきたヘジン氏に余計なプレッシャーを与えないようにサラリと方向転換するあたり、さすがは気の利いたチャジュンマ、と感心しました。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment