[web記事]「三食ごはん」チャ・スンウォンの料理はいつも正しい


チャスンウォン 三食ごはん漁村編 ユン・ゲサン

「チャジュンマ」ことチャ・スンウォンの料理の実力がもう一度光を放った。

27日午後放送されたtvNのバラエティ番組「三食ごはん漁村編2」では、もやしチャーハンからタコの酢の物まで、あっという間にすべての料理をサッと作り出すチャ・スンウォンの料理の腕前が電波に乗った。

この日の放送でチャ・スンウォンは、夫、ユ・ヘジンが獲ってきたものすごい大きさのアイナメを刺身にし始めた。マンジェ島を訪れるゲストのための食事。すでに刺身に慣れたチャ・スンウォンは、あざやかな手さばきで刺身をさばいてゲストのユン・ゲサンを驚かせ、初めての食事でもてなした。

しかし、チャ・スンウォンの料理は始まりに過ぎなかった。ユ・ヘジンが設置しておいた網に、あれほど望んでいた三大将の一つであるタコがつかまると、チャ・スンウォンの口元はずっと上がった。タコを料理すると考えて幸せになった。

家に帰ってきたチャ・スンウォンは、タコを茹でた後、プリプリした食感のために、冷たい水と氷を両方使い、敬けんな(?)気持ちでタコの準備に乗り出した。さらに、彼が着ていた服もタコの絵が描かれている「タコのファンクラブ服」だった。

その後、タコを食べやすいように、ユン・ゲサンが研いだ包丁でタコを注意深く切り始めた。タコの刺身とタコの酢の物、二つの料理に合うサイズに切っていたチャ・スンウォンは、タコの酢の物のために適当なたれまでサッと作り、ユン・ゲサンを感心させた。

実際にチャ・スンウォンが作り出したタコの酢の物は、高級刺身店に行ってこそ見られるビジュアル。マンジェ島という小さな島で作られた料理とは思えないほどのビジュアルの料理だった。

タコと一緒に食べるために作ったムール貝スープも、マンジェ島の家族たちの言葉を借りると、それこそ「芸術」だった。マンジェ島産の新鮮なムール貝を入れて沸かしたムール貝スープを、チャ・スンウォンは目分量でサッと味付けをして、味の良いスープを作り出した。

このように「チャジュンマ」の威厳を、直接確認したユン・ゲサンは感嘆を禁じ得なかった。彼は「料理する過程をもっと詳しくお見せしたいくらい」だとして、「一日中、料理をしている。そしてすぐに新しいメニューが開発される」と驚きを表した。

三大将の一つであったタコを利用して、高級料理を作り出したチャ・スンウォンの料理の腕前は舌を巻かざるを得ない。

「三食ごはん」は都市で簡単に解決できる「一食」の準備を不慣れな漁村で行う野外バラエティ番組で、毎週金曜日の午後9時45分に放送される。

(OSENの記事を翻訳しました)

*この記事はOSENのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

念願のタコが獲れて、三食ハウスの雰囲気は一気に盛り上がりました。ここは腕の見せどころ、と言わんばかりにチャジュンマの料理にも力が入ります。じっくりとタコを茹で、氷水につけてお刺身の準備をします。今までいろいろな魚をさばいてきたチャジュンマは、さばき方が着実に進歩しているように見えました。

お刺身用と酢の物用に少し形を変えて、一枚ずつ丹念にタコを切っていくチャジュンマの手元に、三食ハウスの家族とゲストが熱い視線を送っていました。見ている私たちまで引き込まれるようなシーンでした。あのタコのお刺身と酢の物、食べてみたかったなぁ…。本当に美味しそうでした。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment