[web記事] 「華政」チャ・スンウォン、台本読み合わせ現場でカリスマ君主「光海」に完全変身!期待感UP


韓国の国宝級の俳優たちが総集結した「華政」の台本読み合わせの現場が公開された。

5日、MBCの新しい月火特別企画「華政」(脚本キム・イヨン/演出キム・サンホ、チェ・ジョンギュ/制作(株)キム・ジョンハク・プロダクション)側は黄金のラインナップを誇る「華政」の主要出演者らが一堂に会した台本読み合わせの現場写真をを公開した。

チャ・スンウォン


2月8日、上岩(サンアム)MBC新社屋で行われた「華政」初の台本読み合わせには、チャ・スンウォン、イ・ヨニ、キム・ジェウォン、ハン・ジュワン、パク・ヨンギュ、キム・チャンワン、チョ・ソンハ、オム・ヒョソプ、キム・グァンギュ、イ・ソンミン、ユ・スンモク、チョン・ウンイン、キム・ヨジン、シン・ウンジョンなどの有名俳優たちが総出動し、座に華を添えた。

特に「華政」が歴代級のキャスティングを誇る作品であるだけに、MBC上岩(サンアム)新社屋の大会議室が数多くの出演者によっていっぱいになるという珍しい風景が見られた。これについて「華政」の演出を担当したキム・サンホ監督は「長編ドラマを何度も演出してきたが、このような壮観は初めて」と驚きを隠せなかった。さらに、「脚本家のキム・イヨン氏、また皆に会えたのも全部縁が与えてくれた祝福だと思う。時が過ぎても良い作品として記憶に残る作品を作るように努力する」と抱負を明らかにした。

「華政」の脚本を手がけた脚本家のキム・イヨン氏も「長くて大変なドラマに出演を決めてくださって本当に感謝しており、一緒に作り上げていくスタッフの皆様にも感謝する。熱心に書いて良い原稿ができるよう努力したい」と感想と期待を述べた。

この日の台本読み合わせはおよそ4時間以上と、長時間にわたって行われた。初の読み合わせだったにもかかわらず、俳優たちは渾身の熱演を繰り広げて現場を熱くした。「光海」役を演じたチャ・スンウォンは、人間としての光海と非情な君主としての光海を自然に切り替えながら、すでに「光海」と一体になった、さすがの演技力を披露した。

特にドラマの序盤の責任を負う子役軍団は、成人の演技者たちに劣らない優れた演技力を披露して、「華政」への期待をさらに高めた。

イ・ヨニ、キム・ジェウォン、ハン・ジュワン、キム・グァンギュたちはドラマの序盤には登場しないが、最後まで読み合わせを見守り、本格的な撮影の前から固いチームワークを見せた。

ドラマ「華政」の制作会社であるキム・ジョンハクプロダクションは、「一流の俳優たちが総出演しているだけに、台本読み合わせの現場が本放送を彷彿とさせるほど、迫力にあふれていた」と明らかにした後、「演技熱戦には演技熱戦、見どころには見どころと、何一つ抜かりない素敵な時代劇を作ることができるよう最善を尽くす」と述べた。

「華政」は、混沌の朝鮮時代、政界の様々な群像を通じて人間が持つ権力に対する欲望と嫉妬を描いた大河ドラマで、「ファンタスティック・カップル」、「私の心が聞こえる?」、「アラン使道伝」でしっかりした演出力を認められたキム・サンホPDと、「魔王」、「トンイ」、「イ・サン」などを通じてMBC時代劇を率いてきた脚本家キム・イヨン氏が伝統あるドラマ制作会社のキム・ジョンハク・プロダクションと意気投合してできた作品。MBC「輝くか、狂うか」の後続に、4月に初放送予定である。

(韓国毎日新聞の記事を翻訳しました)

*この記事は韓国毎日新聞のニュース記事の一部を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

既に撮影が始まっているのに台本読み合わせ?と思ったら、先月8日に行われたものなんですね。キャストが一堂に集まるということも珍しいと思うので、この日のMBCの大会議室は豪華俳優陣が集結して、ものすごい雰囲気だったのでしょう。廊下を通ってみたかったなぁ…(笑)

会議室の写真が別の記事に載っていました。

華政


広い会議室ですねー。スンウォン氏はどこに座っていたんでしょう?ドラマ「君たちは包囲された」の台本読み合わせの時と比べても、出演者が多いのが一目瞭然です。

君たちは包囲された


台本読み合わせの写真が出てくると、そろそろポスターなんかも出てくるのかなぁ、と期待が高まります。初の長編時代劇ドラマ出演で、スンウォン氏にとってもファンにとっても忘れられない作品になりそうですね。1日も早く日本で放送されることを祈りつつ、そして無事に順調に撮影が進むことを祈りつつ、来月に光海君に会えるのを楽しみにしたいと思います!

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment