[web記事]「三食ごはん漁村編2」チャ・スンウォン、「朝鮮時代の釜が私たちのよりも良い」自虐ネタ「爆笑」


20151030tenasia.jpg


チャ・スンウォンが映画の撮影現場について言及した。

30日に放送されたケーブルチャンネルtvN「三食ごはん漁村編2」では、一ヶ月ぶりに完全体としてマンジェ島(ド)に帰ってきたチャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ソン・ホジュンの姿が描かれた。

放送でチャ・スンウォンは、「私は今、映画の撮影をしている。朝鮮時代が背景だ」と口を開いた。さらに、チャ・スンウォンは、制作陣に向かって「そこの、火をおこすところが私たちのよりも良い」と言って笑いを誘った。

チャ・スンウォンは「釜も私たちのよりも良い。平民だから」と付け加え、マンジェ島家族の境遇について、ストレートに語って爆笑させた。

(テンアジアの記事を翻訳しました)

*この記事はテンアジアのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

現在撮影中の映画、「古山子、大東輿地図」についてのコメントが出たようです。朝鮮時代の撮影に使っている釜の方が良いだなんて、三食ハウスの釜はどれだけひどいのか…(笑)今夜はスンウォン氏とホジュン氏の2人で火おこしをするシーンがありましたが、新聞紙を入れすぎたせいか、燃えかすばかりが辺りに飛び散って苦労していました。

人類が火を手にしてから随分長い時間が経ちますが、三食ハウスではまだまだ火おこしには手を焼いているようです。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment