チャ・スンウォン氏、2015コリアドラマアワードにノミネート!


嬉しいニュースが入ってきました。
スンウォン氏が2015コリアドラマアワードの大賞の候補としてノミネートされました。報道各社からニュース記事がたくさん出ている中から、二つご紹介します。

チャスンウォン
左:2011年スタイルアイコンアワーズ、右:2013年MBCドラマ大賞授賞式



キム・スヒョン、ユ・ドングン、チソン、チュウォン、チャ・スンウォン、「2015 KDA」大賞候補「接戦」
OSEN 2015.9.9

チャスンウォン コリアドラマアワード


キム・スヒョン、ユ・ドングン、チソン、チュウォン、チャ・スンウォンが接戦を繰り広げている。彼らは共に「2015コリアドラマアワード(KDA)」の大賞の候補に上がった。

今年9回目を迎える「2015コリアドラマアワード」の大賞候補には、KBS 2TV「プロデューサー」のキム・スヒョン、「家族なのにどうして」のユ・ドングン、MBC「キルミー・ヒールミー」のチソン、「華政」のチャ・スンウォン、SBS「ヨンパリ」のチュウォンなどが候補に上がった。

キム・スヒョンはバラエティドラマという新しい試みを展開し、高い話題性と視聴率を同時にキャッチし、ユ・ドングンは家族の意味を再確認する本格派週末ドラマの力を見せた。また、チソンは多重人格の主人公のキャラクターを熱演し、お茶の間でシンドローム級の人気を集めており、チャ・スンウォンは新たな光海の再解釈、チュウォンは視聴率製造機というニックネームにふさわしい活躍を見せてきたため、接戦が予想される。

「2015コリアドラマアワード」は、地上波の3社をはじめ、総合編成チャンネルとケーブルで放送されたドラマを一つにまとめて授賞する。10月9日午後、慶尚南道晋州市(キョンサンナムド チンジュシ)、慶尚南道文化芸術会館で行われる。放送人オ・サンジンと少女時代のメンバー、スヨンが司会者として登場する。

同日の本授賞式に先立って、午後5時からスターたちが参加するレッドカーペット行事が開かれる予定だ。

(OSENの記事を翻訳しました)



コリアドラマアワード、男優の対決…大賞候補にキム・スヒョン、チャ・スンウォン、チソン
スターMBN 2015.9.9

チャスンウォン コリアドラマアワード


2015コリアドラマアワードの候補が公開された。

社団法人コリアドラマフェスティバル組織委員会は9日午後、コリアドラマアワードの大賞と最優秀演技賞、作品賞、作家賞など10あまりの部門の候補を公開した。

大賞にはキム・スヒョン(KBS2「プロデューサー」)とユ・ドングン(KBS 2TV「家族なのにどうして」)、チソン(MBC「キルミー・ヒールミー」)、チュウォン(SBS「ヨンパリ」)、チャ・スンウォン(MBC「華政」)などが名を連ねた。5人全員が男性俳優であることが目を引く。

最優秀演技賞には男優部門にパク・ユチョン(SBS「匂いを見る少女」)、パク・へジン(OCN「悪い奴ら」)、イ・ジョンソク(SBS「ピノキオ」)、イム・シワン(tvN「未生」)、ユ・ジュンサン(SBS「風の便りに聞きました」)が競争を繰り広げ、女優部門はキム・テヒ(SBS「ヨンパリ」)、キム・ヒソン(MBC「アングリーママ」)、パク・シネ(SBS「ピノキオ」)、チャン・ナラ(KBS 2TV「君を憶えてる」)、ファン・ジョンウム(MBC「キルミー・ヒールミー」)などが候補に名前を並べた。

また、優秀演技賞にはキム・デミョンとソ・ガンジュン、ソ・イングク、イ・ジュン、チョ・ジョンソクなどが男優部門でノミネートされており、女優部門ではキム・サラン、ソ・ヒョンジン、IU(アイユー)、ユイ、チェ・スヨンが競争を繰り広げることになった。

新人賞男優部門にはナム・ジュヒョク、ナム・テヒョン、パク・チャニョル、ソ・ヨンジュが、女優部門ではキム・ソルヒョン、イ・ソンギョン、イム・ジヨン、チョ・スヒャン、チェ・スビンがノミネートされた。

作品賞には「プロデューサー」、「ヨンパリ」、「未生」、「キルミー・ヒールミー」、「風の便りに聞きました」など5本の作品が競争を繰り広げる。作家賞は「君を憶えてる」のクォン・キヨン、JTBC「ユナの街」のキム・ウンギョン、「ヨンパリ」のチャン・ヒョクリン、「未生」のチョン・ウンジョン、JTBC「下女たち」のチョ・ヒョンギョンが候補に上がった。

演出賞は「未生」のキム・ウォンソク、「キルミー・ヒールミー」のキム・ジンマン、「風の便りに聞きました」のアン・パンソク、「下女たち」のチョ・ヒョンタク、「プロデューサー」のピョ・ミンス、ソ・スミンPDが候補のリストに上がった。

コリアドラマアワードは、慶尚南道晋州市(キョンサンナムド チンジュシ)一帯と文化芸術会館を中心に、10月1日から11日まで開催されるコリアドラマフェスティバルの一環として開かれる。韓流ドラマの拡散と、韓国のドラマ産業育成を目標に、2006年に初めて開催されて以来、今年で9回目を迎えたコリアドラマフェスティバルは、韓国大衆文化の主要コンテンツのドラマをテーマに、インターネットを通じて世界の人々が一緒に見て、聞いて、楽しむフェスティバルを目指す行事である。

コリアドラマアワードは、9日午後5時、レッドカーペットイベントを皮切りに、6時から本授賞式が晋州市の慶尚南道文化芸術会館で行われる。地上波放送会社および総合編成チャンネルやケーブルチャンネルなど、韓国で放映される全てのドラマを合わせて、専門審査委員団が視聴率などを基準に審査して、受賞作を決める。審査対象は過去1年間に放送された全てのドラマジャンルである。ポータルサイトネイバーを通じて生中継される。

(スターMBNの記事を翻訳しました)

※記事中のドラマ名や人名については、できる限り調べて翻訳をしましたが、誤訳がありましたらお知らせください。

*これらの記事はOSENとスターMBNのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

スンウォン氏があれだけ熱演した、「華政」でのノミネートのニュースが入ってきました。暴君と呼ばれた光海君を再解釈して、新たな光海像を熱演したのが評価されたのでしょう。こんなに嬉しいことはありません。大賞候補に挙げられた俳優さんたちは皆、それぞれのドラマを大きくけん引してきた俳優さんだけあって、接戦、というのが頷けます。

そういえば、ユ・ドングン氏はドラマ「アテナ」でスンウォン氏と共演した俳優さんですね。「華政」からはホン・ジュウォン役のソ・ガンジュン氏も優秀演技賞にノミネートされています。最優秀演技賞にノミネートされているユ・ジュンサン氏はこれから「古山子、大東輿地図」で共演する俳優さんです。

チャスンウォン アテナ
「アテナ」制作発表。スンウォン氏の左がユ・ドングン氏


授賞式は10月9日。ちょっと気になったのが、以前に「三食ごはん漁村編2」の2回目のロケが10月4日~8日という記事が出ていたこと。授賞式が行われる晋州市(チンジュシ)は南の方に位置する都市なので、マンジェ島からそのまま授賞式に…?!と余計な心配をしてしまいました。予定は予定、久しぶりにスンウォン氏のタキシード姿が是非見たいものです。

まずは栄えあるコリアドラマアワードへのノミネートをお祝いしたいと思います。おめでとう!スンウォン氏!!

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment