「チャ・スンウォン!」あの日にタイムスリップ(2003.3.14)ぼくらの落第先生


「チャ・スンウォン!」あの日にタイムスリップ、今日は12年前の記事をご紹介します。映画「ぼくらの落第先生(先生キム・ボンドゥ)」の公開を控えてのインタビュー記事です。少し長い記事ですが、映画デビュー作から2003年までのスンウォン氏の足跡をたどる興味深い記事です。


「チャ・スンウォン!」あの日にタイムスリップチャスンウォン


チャ・スンウォンストーリー[1] (2003.3.14の記事)



「脂ぎった美男』チャ・スンウォンの「コメディー王」獲得記、そして新作『ぼくらの落第先生(先生キム・ボンドゥ)』話
「違うように見えますか?相変わらず笑わせていますか?じゃあいいんです」


腐敗教師「キム・ボンドゥ」が来る。『風林高(新羅の月夜)』で、一躍コミックキャラクターの中心に飛躍したチャ・スンウォンは、『ライターをつけろ』と『ジェイル・ブレーカー(光復節特赦)』にまでそのイメージを押し通した。チャ・スンウォンの立場から見ると「三部作』といっても過言ではない。しかし、彼のコミカルなキャラクターが深まるという噂とは違って、『ぼくらの落第先生(先生キム・ボンドゥ)』は慎重に転換を模索するチャ・スンウォンの歩みが見られる。チャ・スンウォンは決して華やかな演技人生を生きてきた老俳優ではない。略歴を広げても意味がない。しかし、珍しい出所を通じて俳優の地位を固めていきつつある。彼が生きてきた「もうひとりの私」、映画の中のキャラクターをたどりながら、彼に聞いてみる。


「リーディングする時から熱心だったチャ・スンウォンは、ますますエネルギーを吐き出した。初めて会った日だったか。文語体のセリフが本来嫌いなので、そのまま簡単に口から出てくるまま言っても良いと言ったら、彼は自分もそのように考えたと、シナリオを直してきた。高3の受験生のように、彼はシナリオを何の文字なのか分からないほど真っ黒にして作ってきた。そんな彼が、最近では現場でアイデアを絶えず打ち出すのに没頭している」(「『ライターをつけろ』のチャン・ハンジュン監督が書いた、涙が出る制作日誌」シネ21、361号)

チャスンウォン


「私はもともと小心ですから、そんなこともあるでしょう。私が関わらなければいけないということ。編集室に行ってみるとか、ポスターを撮ったがどのようになったか、こういったことです。個人的に忙しいのです。他の人たちは残った時間で休んでいるが、どうしてなのか私には耐えられないのです。2月中旬まではほとんど休めませんでした。今は少し休むのです。ところが休んだほうが余裕がないのです。心はむしろ、撮影している時よりもっと調子が悪くそわそわして。全ての俳優がそうではないのですか?」間違いではない。彼の言葉のように全ての俳優はみんなそうだ。『ぼくらの落第先生(先生キム・ボンドゥ)』の撮影を終えて、封切りを待つ「俳優」チャ・スンウォンは、全ての俳優がそうであるように、緊張に満ちた待ちの時間を過ごしている。「このチャ・スンウォンストーリーは何?ソル・ギョンタクストーリならともかく」と冗談を言ったことはあるが、彼は今の俳優に寛容な休息というものはない、という事実をよく知っていると暗に告白していた。もし、チャ・スンウォンが俳優としての自意識に悩まず、「消耗品」の用途を抜け出すために全力を尽くしていなかったら、秀麗な容貌だけが俳優のすべてだと勘違いしていたら、その言葉は本当に滑稽で陳腐に聞こえただろう。しかし、チャ・スンウォンはすでに多くの悩みと、それらに対するいくつかの解答を持っているように見えた。


チャ・スンウォンの言葉のように、彼はすでに一つの分野で「頂点を極めた人」だ。しかし、頂点を極めた人が他の分野でも同様にいく場合がいかに珍しいかは、自らを含めて私たち皆がよく知っている。「普通の場合はそうじゃないですか。その当時の話題となるほどの男たちを持ち出して、間違った用途で使います。そしてはこの子は特に可能性がないと思う、と言います。その中の1人でした。消耗品になってしまった多くの人たちの二の舞を踏んできたんです」チャ・スンウォンはそのようにして映画を始め、また、同じ理由でテレビドラマに出た自分の姿を記憶するのを嫌がる。自滅する時間を繰り上げて、簡単に廃棄処分されるかもしれない可能性があった軌跡を、彼は一言で一蹴する。「私ではない私が出てくるからとても嫌でした。それは私ではないでしょう。他人によって作られて包装されたのだから」彼は99年末からテレビ出演をやめた。絶望的だった。「あなたは知らないが、私が知っている私の中には、他の人がいるのだ」という信念がなければ、依然として今でも「そんな風に放送をしてきて、流れていった」ようである。いつか一度はその他の自我を「必ず一度使わなければならないと考えていたところに映画の道が開けた」のだ。


「私ではない私がとても嫌いだ」

チャスンウォン


しかし、映画も最初から彼に、自分の中の他の自我をさらす機会を開いてはくれなかった。『ホリデー・イン・ソウル』で彼の初登場を思い出してみよう。ホテルの909号の扉が開かれて、一人の男が現れる。男は出入り口の外に立っているベルボーイに向かって、低く優しい声で、限りなく脂っこい表情で口を開く。「何でしょう?」チャ・スンウォンが、映画の中で話した最初のセリフだ。『ホリデー・イン・ソウル』でのチャ・スンウォンは、映画の開始から30分が過ぎれば死んで忘れられる人物であり、「完璧な足」のすれ違う恋人であるだけだった。前職とルックスのせいか、チャ・スンウォンのイメージは容易には変わらなかった。俳優としての彼の使い道は極めて制限されていた。「人々が私を見ると、苦労もせずそれなりに順調に生きてきたようだと話すが、必ずしもそうではないのです」『陽が西から昇ったら』で、彼はラーメン会社の社長という地位を得て、上流階級として登場した。優しく柔らかな、しかし、少し恥知らずな社長が女優を前にして、冗長にラーメンの広告を説明しながら言う。「君なら食べたい!」というセリフの中に現れる冗談が、チャ・スンウォンのイメージに初めて亀裂を入れた。しかし、『陽が西から昇ったら』の人物も、自らの評によると彼とは「一致する面がほとんど」なかった。


『リベラ・メ』でチャ・スンウォンは、幼い頃のトラウマで連鎖放火を起こす、精神疾患の犯罪者を演じた。「ひとまず、ビジュアルに強いとした場合、50%は観客の吸収が早いということ」を自身がよく知っていて選択したのか分からないその役は、新たな挑戦となった。しかし、これからも機会があれば「一度はそんなことしたらという風」があって、「ジャンルで言えばスリラーが最も適しているようだ」という言葉が『リベラ・メ』のヒス(役名)をしきりに思い出させる。それだけの物足りなさがその中に残っているということを語るものであるだろう。


それでも『リベラ・メ』で連続放火犯を引き受けるまで、チャ・スンウォンには重要な一つの性格が継続的に与えられていた。「浮気者」の映画、『愛のゴースト(ジャグィモ)』で、彼は自殺した幽霊の集まりのメンバーになるべく、恋人を捨てる恥知らずな浮気者の役割を受け持つ。そして『身魂旅行(新婚旅行)』では、ついにそのプレイボーイの最後として悲惨な死を迎える。明らかにこの両作品ともに俳優チャ・スンウォンには、たった一歩の前進もないように見える。


彼は依然として、自分の彫刻のような外見が導く、当然の否定性に見舞われていた。『世紀末』で見せた彼のモラルハザードの姿は単純な方式で性格化されているだけだった。だから、再び戻ってきた『世紀末』は、チャ・スンウォンにとってとても重要な映画として残る。『世紀末』で初めてチャ・スンウォンという俳優について妙な感じを受けたという言葉に、彼は「『世紀末』は私と近い部分がとても多いです。その場合はその人が十分に理解できます。その世界の中に入りたいのに、入ることができず、それで悪口を言って、そんなことが理解ができます」と同意を示した。『世紀末』で、チャ・スンウォンが演じる大学講師のチャプターのタイトルは「モラルハザード」だった。イ・ソンボクの詩とルカーチ(註:哲学者)の文章をひねって引用して、世の中を叱咤することを知っている知識人でありながら、一方では、真昼に他の女と旅館部屋を探して「魂を失ってしまう」、そしてその他にも何人かの恋人を作って、最終的に姦通罪で人生をたたむ既婚男性を演じながら、チャ・スンウォンは初めて厚みのある性格を表わす。旅館の部屋から出て、車に付いている違法駐車の違反切符を剥がしながら「こんなクソ野郎』とののしる時の、その大学講師の無知な表情とアクションは、間違いなくチェ・キドン(註:『風林高(新羅の月夜)』の役名)とヤン・チョルゴン(註:『ライターをつけろ』の役名)とチェ・ムソク(註:『ジェイル・ブレーカー(光復節特赦)』の役名)を演じた時の姿を思い出させる。


「チャ・スンウォンを知ったのはかなり前のことだ。これまでお酒も一緒に飲んで『風林高(新羅の月夜)』の「チェ・ギドン」のイメージをたくさん見た。シナリオを受けたチャ・スンウォンが「これは私のために書かれたシナリオ」という話をしたが、少しオーバーではあるが、チャ・スンウォンの実際の姿ととてもよく似た人物だ。ギドンに変身したのではなく、自分の姿をそのまま見せるものだから楽だった」(「三流?それは私だけができるのだ」シネ21、311号、キム・サンジン)


「私をよく使ったのです。私が持っている部分を。普段のチャ・スンウォンを使ったのです。今でも時々話すが、チャ・スンウォンがこんなものを誰が分かるんだ、このような話をしますね。私にそんなことがあるから書いたのでしょう。ないものをどんどん取り出してきて、入れるのは無理じゃないですか。「人」知るべきだというのはそういうことなのです」 どうして外見に似合わない、コメディ演技をするようになったと考えるか、という質問にチャ・スンウォンは、むしろ当然であるというように、こう答えた。そして最後には人を知ってこそ、それが可能だと強調して付け加えた。(チャ・スンウォンを理解する人たちが彼について指摘したフレーズと言葉をここに付けておくのもそのためだ)『風林高(新羅の月夜)』の「チェ・ギドンのような場合は私がとても好きな男性像です。どうして高校のとき、自分が好きな人の言動をまねるのでしょう。私が好きなのはそんな類の男です。そんな男が私には魅力があるように見えて、とても野暮ったくて愚鈍に見えるが、また暖かい心もあって」チンピラのような体育教師で、よりチンピラのようなことをしながら、実際に「どこかに必ずいそうな人」を演じながら、チャ・スンウォンは既存の自分が持っていたイメージを完全に覆した。野暮ったい体操服の中にすらりとした身体を隠して、空中を飛んで空振りのキックをしながら笑いを誘った。この時からチャ・スンウォンは誇張されたコメディーのキャラクターの演技なら誰とでも競争できる位置に躍り出て、まるで最初からそうであったように自然な感じを与えた。チェ・ギドンのキャラクターを映画俳優のチャ・スンウォンと同一視するのは、今ではとても当たり前のことのように思える。『風林高(新羅の月夜)』でチェ・キドンを演じたチャ・スンウォンの姿は、『ライターをつけろ』のヤン・チョルゴンと『ジェイル・ブレーカー(光復節特赦)』のチェ・ムソクにまで、熟練した独自のスタイルを作り出したのだ。『風林高(新羅の月夜)』で出会ったチェ・キドンが、チャ・スンウォン自身にとって、他の自分の表現であるとするなら、観客にとってチェ・ギドンは、チャ・スンウォンが演技をすることで、よりエキサイティングで、新たなキャラクターとなった。そして続くヤン・チョルゴンとチェ・ムソクは、その驚きを払拭する明瞭な確認作業であり、納得するものであった。

(シネ21の記事を翻訳しました)


*この記事はシネ21のニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。



------------管理人のつぶやき------------

長いインタビュー記事です。記事は2003年の映画「ぼくらの落第先生(先生キム・ボンドゥ)」の公開に合わせての内容のようですが、スンウォン氏の映画デビュー作の「ホリデイ・イン・ソウル」(1997)から始まり、演じてきた役柄をたどる、興味深い構成となっています。

モデルから俳優に転身したスンウォン氏は、最初とても苦労したのですね。「演じる」ということをスンウォン氏がどのようにとらえているのか、そして同じような役柄からの脱出など、映画界に入りたてのスンウォン氏が必死に、真摯に努力する姿が読み取れます。

先日記事で取り上げた、「世紀末」についても語られています。登場人物と自身が近い部分がある、と語るスンウォン氏の話を読んで、ますます映画を見たくなってきました。日本語字幕のものがないようなので非常に残念です。

記事がとても長い上に、翻訳に大変てこずって、何本目かのお蔵入り記事になるところだったのですが、何とか形になりました。文中、ちょっと意味不明の言い回しなどがあると思いますが、これが精いっぱいでした。どうぞご勘弁ください。実はこの記事、パート2もありますので(!)、続きも訳していきたいと思っています。

スンウォン氏の映画出演作は、併設のウェブサイトでもご紹介しています。

☞チャ・スンウォン氏映画出演作品紹介ページ

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment