[web記事]ナ・ヨンソクPD「チャ・スンウォン、ユ・ヘジンとの初会合はまだ、マンジェ島(ド)調査中」


三食ごはん


同じシーズンで3つの番組を演出している、ナ・ヨンソクPD。彼にとって最近最も重要なことは「三食ごはん」チョンソン編を終了することだ。同時に「三食ごはん」のスピンオフとして企画された、漁村編の新シーズンを構想する作業も並行している。

「三食ごはん」漁村編は、チャ・スンウォンとユ・ヘジンが「マンジェ島のチャジュンマ」と「マンジェ島のチャンパダ」として共演し、大人気となったバラエティー番組である。「三食ごはん」チョンソン編よりも大きな人気を集め、番組全体の認知度を上げる親孝行の役割を果たした。以降、放送された「三食ごはん」チョンソン編シーズン2の安定的な視聴率と話題の中心に置かれる人気を牽引した踏み台となったりもした。

チョンソン編の放送がもう一度大ヒットを記録し、視聴者は自然にチャ・スンウォンと、ユ・ヘジンのマンジェ島ライフを待つようになった。漁村編はシーズン2製作を確定して、放送準備に着手した。

ナ・ヨンソクPDはイーデイリースターinの電話取材で「漁村編の準備をしているが、まだチャ・スンウォン、ユ・ヘジンさんと初会合の機会はまだ来ていない。その件も早く進めなければならないが」と笑った。「三食ごはん」チョンソン編がまだ放送を終了しておらず、新たなフォーマットのコンテンツとして注目されている「新西遊記」もまだ準備中の状況で、漁村編まで気を使う忙しい日常を実感したような言葉だった。

ナPDは「『新西遊記』の撮影で中国に行っている時、他のチームメンバーがいろいろな準備を開始したと聞いている。今はロケ地を調査し、漁村編の構想を始めた」と話した。「マンジェは、一度行った場所だが、調査がまた必要なのか」という質問に「同じマンジェ島であっても、時間が経過しており、見せることができなかった部分を探せば、新しい点を見つけることができるのではないかと考えている」と答えた。

「三食ごはん」チョンソン編が終了する時期とあいまって、「新西遊記」もベールを脱ぐものと予想されている。今後、漁村編に対する具体的な輪郭も明らかになる見通しだ。

(イーデイリーの記事を翻訳しました)

*この記事はイーデイリーのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

出ては消え、消えては出る、「三食ごはん漁村編」シーズン2の話題。ナ・ヨンソクPDは他の番組の準備もあり、多忙な中で漁村編の構想も膨らませているようですね。マンジェ島の再調査をしているようなので、ロケ地はまたマンジェ島なのでしょうか…。

スンウォン氏とユ・ヘジン氏のスケジュールが合うことを願って、続報を待ちたいと思います。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment