[web記事] オバちゃんか俳優か?「三食ごはん漁村編」チャ・スンウォンの正しい鑑賞法


お茶の間のおばさんたちをドキッとさせ、「三食ごはん農村編」のイ・ソジンを緊張させる、ケーブルチャンネルtvNのバラエティー番組「三食ごはん漁村編」のチャジュンマこと、チャ・スンウォンの活躍がすごい。すらりとした容貌で視線をくぎ付けにし、どのような材料でもササッと相当なレベルの料理を作り出すキッチンの錬金術師、チャ・スンウォンは、以前にはなかった独創的なキャラクターで視線を集めている。

これまでコメディーと正統派を行き来しながら、とどまるところを知らない活躍を見せてきた俳優のチャ・スンウォンは、「三食ごはん漁村編」では演技ではなく、彼の本当の人間的な魅力がにじみ出ており、新鮮である。

チャ・スンウォンは小言王、キムチ王、料理王、セクシーな飯炊き女などのチャジュンマキャラで、彼に対する関心を毎回高めている。 ゴム手袋では隠すことができないセクシーなカリスマ、ミッションが与えられるとそれをやり遂げる情熱、疲れた状況であればあるほど炸裂するとぼけたギャグをもっと見たい「チャジュンマファン」のための「二度見ポイント」を準備した。

チャスンウォン


■チャジュンマのカリスマ-「血の涙」

オールブラックおじさん、チャ・スンウォンのカリスマは、マンジェ島に入る船で出会った赤ちゃんを一気に緊張させるほど強烈だ。 ユ・ヘジンの懐に抱かれ、はじめて明るく笑う赤ん坊の表情がこの2人の男性のキャラクターを物語る。真っ赤なゴム手袋をはめて、包丁を持って厨房を行き来するチャ・スンウォンはBMGさえ変われば、ジャンルの転換がすぐに可能である。

これはチャ・スンウォンが強烈なカリスマ性で観客を驚かせた「血の涙」のキャラクターと結びつく。映画「ぼくらの落第先生(先生キム・ボンドゥ)」、「天国からのメッセージ(幽霊が棲む)」などを通してコメディ俳優としての地位を確立したチャ・スンウォンは、「血の涙」で演技の変身を図り、朝鮮時代を背景に連続殺人事件を解決に導き、観客を圧倒した。 笑いを排除したチャ・スンウォンのビジュアルは、理知的で合理的な捜査官ウォンギュの役柄をさらに生き生きとさせた。アクションへの本能まで加わって、朝鮮版犯罪スリラー「血の涙」では、多くのことを物語る、チャ・スンウォンの真摯な眼差しを見ることができる。

■チャジュンマの情熱-「無限に挑戦」

チャ・スンウォンはユ・ヘジンと一緒に食事をして、顔がどうして赤くなったのかと尋ねるユ・ヘジンに「分かってるでしょ、私シャイなのよ」と大笑いする姿を見せ、料理への情熱とギャグへのこだわりの間でトップクラスの綱渡りを披露している。「三食ごはん漁村編」で、半径1m内の海苔を収穫するミッションに恐ろしく没頭した彼の情熱は、「無限に挑戦」でもそのまま見ることができる。チャ・スンウォンは2005年、初期の頃の「無限に挑戦」に出演し、レギュラーメンバーたちと練炭積み替え対決を繰り広げた。当時、全身が練炭の灰にまみれることはもちろん、メンバーたちと同様に白いフィットする衣装にヘルメットまでかぶって、練炭を運んで笑いをとった。9年ぶりに再び「無限に挑戦」に出演したチャ・スンウォンは、今回は1kmもの地中に入って石炭を掘る情熱を見せた。

チャスンウォン


■チャジュンマのギャグ-「最高の愛」

チャジュンマの魅力のポイントは先のとがったヒゲ。チャ・スンウォンはその名も有名な「소(ソ)の字」ヒゲで、ドラマ「最高の愛」のトッコ・ジンのキャラクターを完成させた。 「おじさんはなぜひげが”소(ソ)”の字なの?」というヤン・ハニョル(「最高の愛」出演の子役)の質問で大きな笑いをとった。チャ・スンウォンはトップスターと旬を過ぎたアイドル歌手との恋愛を描いたロマンチックコメディー「最高の愛」でシンドロームと呼ばれるほどの高い人気を博した。

チャ・スンウォンがユ・ヘジンとやり取りする、ふてぶてしく厚かましいギャグのスタイルはこのドラマで集中的に見ることができる。自身が、ある食べ物を過度に吟味して「美味しいだろう?」としらじらしく問うチャ・スンウォンと、自己中心的だが憎めないトップスター、トッコ・ジンは似ている。頭巾とゴム手袋で武装して、料理する男が立派でセクシーに見えると言って笑ってみせるチャ・スンウォンは、ユ・ヘジンが持ってきたどんな材料でもササッと料理を完成し、「克服~」と叫ぶようだ。

(OSENの記事を翻訳しました)

*この記事はOSENのニュース記事の一部を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment