チャ・スンウォン氏新作映画「古山子、大東輿地図」キャスト情報


スンウォン氏の新作映画、「古山子、大東輿地図」のキャスティングについてのニュースがちらほらと出てきています。今日も新たに、ナム・ギョンウプ氏の出演確定のニュースが出ましたので、今までの情報とまとめてご紹介します。

主演はもちろん、我らがチャ・スンウォン氏!

チャ・スンウォン



[web記事]ナム・ギョンウプ、カン・ウソク監督初の時代劇「古山子」出演…チャ・スンウォンと共演
2015.8.7 TVレポート

ナム・ギョンウプ


俳優、ナム・ギョンウプが映画「古山子、大東輿地図」に出演する。

所属会社台風エンターテインメント側は7日「ナム・ギョンウプが『古山子、大東輿地図』への出演を決めた。映画の核心人物であるキム・ジュワグンの役割を引き受け、興宣大院君(ユ・ジュンサン)、キム・ジョンホ(チャ・スンウォン)と対立しながら苦労するシーンを描く予定」と明らかにした。

ナム・ギョンウプは、カリスマ性のある表情と語り口で、自分の利益のために他人を危険に陥れる利己的なキャラクターで、映画の緊張感を高め、ドラマを揺さぶる存在感を発揮する。

最近、KBS2「青い鳥の家」、「君を憶えてる」と、JTBC「愛するウンドン」でテレビを通して様々なキャラクターとして活発に活動していた、ナム・ギョンウプは、久しぶりのスクリーンへの登場で観客の前に出る。

映画「古山子、大東輿地図」は、カン・ウソク監督の初めての時代劇挑戦で、撮影前から映画界の関心を一身に集めている作品だ。
(TVレポートの記事を翻訳しました)




[web記事]ユ・ジュンサン、「古山子、大東輿地図」でチャ・スンウォンと共演…興宣大院君役キャスティング
2015.5.11 テンアジア

ユ・ジュンサン


チャ・スンウォンに続き、ユ・ジュンサンがカン・ウソク監督の新作「古山子、大東輿地図」出演を確定した。
「古山子、大東輿地図」は、地図を作るために一生を捧げた古山子のキム・ジョンホが朝鮮最高の全図「大東輿地図」の木版本を完成させ、避けることができない時代の運命と対抗する映画。

古山子役のチャ・スンウォンに続き、ユ・ジュンサンが古山子の運命的な政敵であり、朝鮮後期最高のカリスマ「興宣大院君(フンソンテウォングン)」役に任命された。

最近TVで、月火ドラマ戦争のベテランのライバルとして、張り詰めた接戦を繰り広げているチャ・スンウォンとユ・ジュンサン。思いやりのある国民の夫に続き、最近、権威的なカリスマとギャップのある「可愛らしさ」を行き来しながら新たな面白味とメッセージを届けている俳優ユ・ジュンサン。映画、ドラマ、バラエティーまでジャンルを問わず、世代を問わず断然「最近の人気」で、もう一度トレンドを揺るがした最高に魅力的なチャ・スンウォン。

ベテラン俳優たちの底力と、また別な新鮮さで2015年を率いている2人の俳優の初のスクリーンでの遭遇であり、時代劇の演技対決なので、どのライバル対決より強烈な「ケミストリー」を期待させている。

(テンアジアの記事を翻訳しました)





[web記事]ナム・ジヒョン、チャ・スンウォンの娘として「古山子」合流

2015.7.20 スターニュース

ナム・ジヒョン


俳優ナム・ジヒョンがカン・ウソク監督の新作「古山子、大東輿地図」に合流する。

20日、所属会社によると、ナム・ジヒョンは「古山子、大東輿地図」出演を肯定的に検討している。ナム・ジヒョンは、チャ・スンウォンが演じる主人公、キム・ジョンホの娘として活躍する予定だ。

この2月に幕を閉じたKBS 2TVの週末ドラマ「家族なのにどうして?」で活躍したナム・ジヒョンにとって約半年ぶりの演技復帰であり、2013年の映画「ファイ:悪魔に育てられた少年」以来、2年ぶりのスクリーン復帰となる。

「古山子、大東輿地図」は、誤った地図によって命を失った父のために、誰よりも地図に対する熱望を抱くようになったキム・ジョンホがついに朝鮮最大の全図「大東輿地図」の木版本を作ることになり、時代や運命と対抗する過程を描いた作品。

(スターニュースの記事を翻訳しました)



[web記事]キム・イングォン、映画「古山子、大東輿地図」出演期待…チャ・スンウォン、ユ・ジュンサンと共演なるか
2015.7.20 スターMBN

キム・イングォン


俳優キム・イングォンが映画「古山子、大東輿地図」への出演を期待されている。

20日、複数の映画関係者はMBNスターに「キム・イングォンが『古山子、大東輿地図』に出演するものとみられる。最初の撮影は8月15日」と伝えた。

関係者によると、キム・イングォンは、キム・ジョンホ(チャ・スンウォン)を助けて地図を作るバウ役を演じる。

映画「古山子、大東輿地図」は誤った地図によって命を失った父のために、地図に対する熱望を抱くようになったキム・ジョンホが朝鮮最大の全図「大東輿地図」の木版本を作ることになり、時代や運命と対抗することになる内容を盛り込んだ。カン・ウソク監督の初の時代劇挑戦であるだけでなく、チャ・スンウォン、ユ・ジュンサンも出演することが知られ、期待を集めている。

キム・イングォンは映画「TSUNAMI -ツナミ-」、「光海、王になった男」、「神の一手」など多数作品に出演した。

(スターMBNの記事を翻訳しました)

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/07 (Fri) 23:13

管理人  

「懐かしいスンウォンさんのインタビュー記事やスーツ姿のカッコいいスンウォンさんをありがとうごさいます」とコメントをくださった方、ありがとうございます。

「華政」のスンウォン氏の登場がなくなり、私も少し気が抜けたようになってしまいました。ドラマを見ていないファンの方々もいらっしゃると思うので、ここに来て「華政」以外のスンウォン氏の記事も少しずつ発信できるようになり、多くの方に楽しんでもらえれば、と思っています。

ツイッターで厳しい意見をいただいた件について、ご心配いただきありがとうございます。スンウォン氏のファン以外の方々にも訪問していただいているようですし、ファンの方々でもいろいろな意見があるのは自然なことなので、私自身も真摯に受け止めていきたいと思っています。明らかな悪意が感じられない限り、メッセージ、コメント等には誠意をもって返答したいと思う気持ちは、ブログ開設当初から変わっていません。

先月末、空港で撮られたとみられるスンウォン氏の写真を見かけました。きっと今頃は休暇中なのでは…と勝手に想像しています。英気を養って、次回作の映画に臨んでほしいですね。

心温まるコメントをありがとうございました。またいらしてくださいね。

2015/08/08 (Sat) 00:26

コメントを書く/Comment