[web記事]チャ・スンウォン、YGで第2の全盛期花開く「四食ごはん?」俳優


チャ・スンウォン


俳優チャ・スンウォンがYGエンターテインメントと3年の再契約を結び、第2の全盛期を継続するのに心強い支えが用意された。映画ならば映画、ドラマならばドラマ、バラエティーならバラエティー、最近、チャ・スンウォンが出ていない分野はない。ここに最近、CMキングの座も彼のものとして加わった。彼を大韓民国の主婦の間で最も魅力的な男に浮上させた「三食ごはん」ではなく、「四食ごはん」を準備するのが最近のチャ・スンウォンだ。

チャ・スンウォンは2014年にYGと専属契約を結んだ後に勢いに乗った。あまりにも卓越したカリスマ性と優れた演技力を備えた俳優だったが、YGと手を結んだ時点から大衆的な人気が一層高くなった。

彼はtvNのバラエティー番組「三食ごはん」に出演し、主婦より優れた料理の腕で「チャジュンマ」というニックネームを得た。このような身近なニックネームで、チャ・スンウォンは多くのCM契約を締結して大きな人気を集めていることを証明した。何よりも「三食ごはん」に出演してできたフレンドリーな魅力は、彼に対する大衆の好感度を高める契機になった。

バラエティー番組だけでなく、俳優活動もキラキラと輝いた。MBC月火ドラマ「華政」で光海の人間的な苦悩を表現し、お茶の間の人気をつかんだ。彼のどっしりとしたカリスマ性と繊細な演技力が、ドラマ視聴率1位の最も大きな理由だった。チャ・スンウォンがYGと手を結んだこの1年は、彼の演技人生で大きな転換点となった。

これはYGの体系的な支援により可能になったことでもあった。YGは、所属芸能人との厚い信頼関係と、芸能人が主な活動だけできるように安定した後押し、そして先進的なマネジメントシステムで有名な芸能企画会社である。チャ・スンウォンの今回の3年の再契約も、このようなYGのマネジメントシステムに対する信頼のために可能だったと思われる。

(OSENの記事を翻訳しました)

*この記事はOSENのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

スンウォン氏がYGに移籍してから、ドラマやバラエティー、映画の仕事が次々に決まり、本当に忙しい1年となりました。昨今の売れっ子状態は、スンウォン氏本人の能力や努力によるところが大きいと思いますが、所属事務所のバックアップも決してあなどれないのではないかと思います。今回、3年間の再契約をしたということで、スンウォン氏の更なる活躍を期待したいと思います。

ファンとしてYGに望むことは2つ。来月から新作映画「古山子、大東輿地図」の撮影が控えている大活躍のスンウォン氏に、適度なお休みを作ってあげて欲しいなぁ、というのが1つ目のお節介な希望です。

そして、海外での活動にも強いYGならではの特性を生かして、是非日本でもスンウォン氏に活動してほしいというのが2つ目の希望です。数年に1度のファンミーティングだけでなく、首を長くしてスンウォン氏を待っている、日本のファンの心を満たしてくれるような機会を持ってほしいと願っています。

YGと共に歩む新たな3年間が、スンウォン氏にとって充実したものになるよう、見守り、応援し続けていきたいと思います。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment