「チャ・スンウォン!」あの日にタイムスリップ(2008.7.30)目には目、歯には歯


久しぶりの、『「チャ・スンウォン!」あの日にタイムスリップ』。今日は今からちょうど7年前の7月30日のインタビュー記事をご紹介します。映画「目には目、歯には歯」の封切が2008年7月31日でしたので、封切を翌日に控えた記事です。


[ノーカットインタビュー] 映画「目には目、歯には歯」でコミカルなイメージを脱ぎ捨てたチャ・スンウォン (2008.7.30の記事)



チャスンウォン


モデルでデビューし、高い身長に贅肉のない、すらりとした体格を持ち、男が見ても素晴らしいスタイルを誇る俳優のチャ・スンウォン(38)。しかし、映画ではスタイルを自慢したり、魅力を誇る素敵な役割を引き受けたことがない。コミカルなキャラクターを主に披露してきた彼は、テレビのバラエティー番組やCMでも華やかな話術を誇り、身近なイメージを築いてきた。

格好良くポーズを決めることは、モデル時代にたくさんしてきたので、映画やテレビではこのような姿を避けようと、わざわざコミカルな演技をしてきたというのが、彼の説明だ。

しかし、30日に公開した映画「目には目、歯には歯」だけは、彼の魅力を存分に見ることができる。映画の中で彼はまるでモデル時代に戻ったような感じを与える。


◆40代を眺めるチャ・スンウォン、数年前までは格好よく見える役は避けた

チャ・スンウォンが引き受けた役は、刑事であるペク・ソンチャン班長(ハン・ソッキュ)になりすまして、白昼の都心で現金輸送車と金塊をまんまと横領するMBA出身の知能犯「アン・ヒョンミン」だ。アン・ヒョンミンは父の無念の死を復讐するために、刑務所看守となり、刑務所に収監された人物の中から自分の計画を共に行ってくれる人を集めている。

着実に犯行を進めていく悪役だが、みすぼらしさや凄まじさはない。すっきりとした黒のスーツ姿で精一杯格好をつけた、それこそ素敵な犯人だ。若い時ならアン・ヒョンミンの役は引き受けなかったというチャ・スンウォンは、コミカルなイメージを脱いで真剣で重みのある演技を披露する。

「犯人を美化すると指摘することもできますね。でも現実的でないキャラクターであると青少年たちも理解するのではないでしょうか。映画では、本当にあくどい第3の人物が別にいるので…。」

青少年たちの話が出ると、突然彼の表情が明るくなった。「男子学生の間では私は憧れの対象であるようだ。家の中のいたずらっ子のような、トラブルの多い末っ子の叔父さんのようなイメージで私を見るようだ。私を見つめる彼らの瞳にはハートが描かれている」と大笑いしてエピソードを聞かせてくれた。


◆俳優という職業を持っている間は、分別がつかなくてもよい

40代を控えている彼の演技への思いも変わっていくようだ。都心で行われる都市映画では、あまり見られないキャラクターが出てくるというのが、今度の映画の魅力だと挙げたチャ・スンウォンは、今後も様々なキャラクターを披露したいという。

チャ・スンウォン


息子が見ることができる映画をやりたいが、家族映画は撮りたくないという彼は、限りなく優しくて、誰かを犠牲する現実性のないキャラクターは魅力がないと説明した。まだまだ自分がやるべきことが多いと感じていて、自分によく似合うと思うこの職業を続ける限り、分別がつかなくても良いと言った。

10年間、映画俳優として生きてきた彼は「息子」と「国境の南」を、物足りなさが残る作品として挙げた。特に「国境の南」は、すべての死活をかけるほど、広報にも最善を尽くしたが、結果は満足できなかった。当時、心配して落ち込んだこともあったが、その気持ちも3日ほどで忘れるほど、チャ・スンウォンの性格は楽観的で肯定的である。


「『目には目、歯には歯』の撮影中に監督が変わり、紆余曲折もありましたが、この映画はダメだとか、公開されるのか、という考えは一度もしませんでした。雨がなぜこんなに降ったのか…。済州(チェジュ)で撮影するときに22日間も雨が降って撮影が遅れたりしました。気分は壊れましたが葛藤はなかったです。私は何でもうまくいくようにしようという主義なので。」

(ノーカットニュースの記事を翻訳しました)



------------管理人のつぶやき------------

8年前のチャ・スンウォン氏のインタビューです。日付は7月30日。ピッタリ8年のタイムスリップが何だか嬉しい記事でもあります。古い記事でも、スンウォン氏自らが語るインタビュー記事は読みがいがあります。

コンスタントに映画に出演してた当時のスンウォン氏ですが、興行成績が思うように伸びなかったりで、落ち込んだこともあったようです。常に全力投球のスンウォン氏なので、いろいろと辛かった時期もあったのかな…と当時のスンウォン氏を励ましたい気持ちになりました。

「目には目、歯には歯」のスンウォン氏は、カッコよくて頭が切れる犯人、というゾクゾクするような素敵な役を演じました。煙草を吸うシーンのスンウォン氏のカッコよさに何度も巻き戻して見てしまいました(笑)まだ観ていない方は是非♪

チャ・スンウォン
映画「目には目、歯には歯」より


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment