[web記事]「華政」チャ・スンウォン、イ・ヨニに最後の願い「民たちを守ってくれ」


華政


「華政」チャ・スンウォンが、イ・ヨニに最後の言葉を残した後、自ら兵士たちに捕まった。

21日に放送されたMBC「華政」(脚本キム・イヨン/演出キム・サンホ、チェ・ジョンギュ)第30回では、光海君(チャ・スンウォン)がクーデターが起きた瞬間、宮殿を抜け出して貞明(イ・ヨニ)のところに向かう姿が描かれた。

光海君を心配していた貞明は、彼が姿を現すと、どうして王座を放棄したのかと、どうして殿下を守る機会を奪ったのかと怒った。

これに光海君は、それでこそ違う世界があるとして、「だから覚えておきなさい。しばらく不義にひざまずくことがあっても、自分自身の絶望に負けてはいけないということを。これは終わりではない。私がいなくなっても君と君の人たちがいる限り、君がこの戦いを放棄しない限り、それは終わりではないのだ。」と淡々と述べた。

さらに、「重い荷物だけを与えていく私を許せ。どうかこの国、朝鮮を、この民を守ってくれ」とお願いした。これに貞明はとめどなく涙を流し、切なさを誘った。

(TVレポートの記事を翻訳しました)


*この記事はTVレポートのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment