[web記事]「華政」チャ・スンウォン、王位掲げて朝鮮軍守った


華政.jpg


チャ・スンウォンが王位を掲げて朝鮮軍を守った。

30日に放送されたMBC月火ドラマ「華政」第24回放送では、光海君(チャ・スンウォン)が王位を掲げて朝鮮軍を守る姿が描かれた。

光海君は朝鮮軍の明国への派兵を決定した後、カン・ホンリプを呼んで都元帥(ドウォンス:総大将のような地位)に命じた後、密書を渡した。カン・ホンリプは密書を確認して「王位が危うくなるかもしれない」と、光海君を説得しようとした。しかし光海君の意志は固かった。

その明国の陣地に行ったカン・ホンリプは、明国が朝鮮の鳥銃部隊を後金(こうきん)との戦争で盾にしようとすると、退却命令を下そうとした。ホン・ヨン(オム・ヒョソプ)とホン・ジュウォン(ソ・ガンジュン)は予想しなかった退却命令に反発した。カン・ホンリプは「朝鮮軍はこの陣地から退却する。殿下の王命だ」と話した。

光海君は、カン・ホンリプとの単独面談の席で「朝鮮軍の都元帥(ドウォンス)として朝鮮軍を守るべき責務を受けた。だから朝鮮軍が全滅させられる危機に直面したならば、彼らを退却させるように」と言った。光海君は、退却命令が自分の王位を脅かしかねないということを知りながらも、朝鮮軍を守りたいという一心で、カン・ホンリプに密書を与えたのだった。

カン・ホンリプはホン・ヨンとホン・ジュウォンに「いかなる代価を払っても、鳥銃部隊と火器都監を失ってはならない言われた」と、光海君の言葉を伝えた。外でカン・ホンリプの話を聞いた貞明は途方に暮れた。その頃、光海君は火器都監を見回していた。

(エクスポーツニュースの記事を翻訳しました)

*この記事はエクスポーツニュースのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

光海君が王座をもかけて守りたかったのは、朝鮮軍と火器都監でした。記事を訳していて、光海君の痛いまでの思いが伝わってくるような気がしました。王になって、光海君が成し遂げたかった大きな夢。それは火器都監を作り、周辺の国に頼ることなく、自らの国の力で自らを守ること。

以前にキム・ゲシが光海君に言った言葉が思い出されました。

「王の座を待っていた長い間、王様が何を夢見て何を望んだのか、私は知っています。だから私はその真剣な望みを守ってさしあげたかった。」

光海君の大きな夢。その夢を守るための大きな犠牲は、やがて光海君をさらに追い詰めていくことになるようです。

カン・ホンリプと光海君の明への派兵について、以前にご紹介した記事にも書かれていますので、お時間があれば是非どうぞ。

☞[web記事]「華政」チャ・スンウォン、ギリギリ中立外交が話題!


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment