[web記事]「華政」綾陽君(ヌンヤングン)キム・ジェウォン、チャ・スンウォンと対立「たとえ投げ出されても忠言する」


チャ・スンウォン、キム・ジェウォン


俳優のキム・ジェウォンがチャ・スンウォンに対抗し、特別なカリスマでお茶の間を掌握した。

23日に放送されたMBC月火ドラマ「華政」では綾陽君(ヌンヤングン:キム・ジェウォン)が宮殿の前で、席藁待罪(ソッコデジェ:ムシロの上に座り、犯した罪に対する処分を待つこと)をして、声を上げる姿が描かれた。

綾陽君は「朝鮮は恩を返さなければならない」として、明国への派兵を要求する席藁待罪(ソッコデジェ)を行った。さらに、光海に向かって「どうして暴政を続けていくのか」と毒舌を浴びせた。

兵士たちに連れ出されながらも「たとえ今日投げ出されても、明日も明後日もここで忠告するので、いつかは上げ潮が通り過ぎて引き潮が来るだろう」と声を高めてカリスマを噴き出した。

これに光海(チャ・スンウォン)は、過去に綾昌君(ヌンチャングン:綾陽君の弟)の無念の死を訴えていた綾陽君を記憶しており、彼のことを再確認した。

一方、同じ日、綾陽君は仁穆大妃(インモクテビ:シン・ウンジョン)と貞明(イ・ヨニ)を訪れ、永昌大君(ヨンチャンデグン)の話を切り出し、二人の機嫌をそこねた。

(スポーツ朝鮮の記事を翻訳しました)

*この記事はスポーツ朝鮮のニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment