[web記事]「華政」イ・ヨニ、予言の正体に衝撃…チャ・スンウォン「君は戦争と謀反の火種」


華政


イ・ヨニが予言について知ることになった。

6月22日に放送されたMBC月火ドラマ「華政」(演出キム・サンホ、チェ・ジョンギュ/脚本キム・イヨン)では、自分に向けた予言を知って光海(チャ・スンウォン)になぜ嘘をついたかと問い詰める貞明(イ・ヨニ)の姿が描かれた。

光海は、キム・ゲシ(キム・ヨジン)が貞明を殺そうとしたことを知って怒り、貞明を守るために、自らの味方だったキム・ゲシを捕えるよう命令する。貞明は光海のそのような決断に驚いて、自分を殺そうとした癸丑年(註:1613年、貞明の弟が殺された年)の真実が何かと尋ねた。

「私たちはなぜこのようになってしまいましたか」と嘆く貞明に光海は何の言葉も出なかった。貞明は、自分は今までに起こった全てのことは光海の命令だと信じていたとして、キム・ゲシとイ・イチョムがしたことを光海は知らなかったかもしれないと明らかにした。

光海は涙をためて、「そうではない」と言い、自分の手足となる者がしたことを、自分も責任を免れることはできないと、彼らがやったことを全て知りながらも見逃したのは自分自身だったと明らかにした。

華政


貞明はなぜそうなったのか、なぜ自分と弟を殺さなければならず、何のために自分を再び殺そうとするのかと尋ねた。光海は仕方なく頭を下げて「永昌(ヨンチャン)の過ちでも、君の過ちでもないのだ、公主」と、予言の正体を伝えた。

貞明はすべてのことを理解することができなかった。とんでもないそのような予言を実際に信じている人がいるのかと問い詰める貞明に、光海はキム・ゲシが話した「民たちが信じる」とは言葉にできなかった。いつか貞明は戦争と謀反の火種になると話す光海であった。

これに対して貞明は、自分の予言について否認し、光海との関係が難しいと話した。また、ジュウォン(ソ・ガンジュン)は、そのような光海と貞明を見守りながら、切ない表情を見せた。

(ヘラルドレビュースターの記事を翻訳しました)


*この記事はヘラルドレビュースターのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment