[web記事]「華政」チャ・スンウォン、ホ・ギュン(アン・ネサン)の裏切りに気付く


チャスンウォン 華政


「華政」チャ・スンウォンがアン・ネサンの裏切りに気づいた。

8日夜に放送されたMBC月火ドラマ「華政」(脚本キム・イヨン/演出キム・サンホ)第17回放送では、謀反の罪をかぶって廃位の危機を迎えた仁穆大妃(インモクテビ:シン・ウンジョン)の姿が描かれた。

先立って、ホ・ギュン(アン・ネサン)は仁穆大妃が謀反を起こしたように仕組んだ後、光海(チャ・スンウォン)が仁穆大妃を処決することだけを願った。後日、謀反がねつ造だったという事実が明らかになれば、光海も永昌大君(ヨンチャンデグン)に続き、仁穆大妃まで追放したということで、王位を強奪しようというものだ。

しかし、イ・イチョム(チョン・ウンイン)は「操作をしてみた人が知っていること」として、この謀反の一件が誰かがたくらんたことのようであるとキム・ゲシ(キム・ヨジン)に苦しい心情を打ち明けた。

キム・ゲシを通じてイ・イチョムの言葉を伝え聞いた光海は、「ホ・ギュン。それならホ・ギュンだ。イ・イチョムが私に内緒で追跡していたその者が誰なのか。自分を陵辱したホ・ギュンではないか」とホ・ギュンの裏切りに気づいた。

(TVデイリーの記事を翻訳しました)

*この記事はTVデイリーのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

今夜の<光海とゲシのひととき>はこんな話題だったのですね。最近、この2人のシーンが妙に気になる私は、本放送で2人の会話が理解できないのを良いことに、すっかり妄想ワールドに旅立ってしまっています。集中できなくて困ります(笑)

ホ・ギュンが裏で糸を引いていると気づいた光海君。これで落とし穴にはまらずに済むのでしょうか…

記事の写真がどうしても、「ゲシに再三促されて、裏切りそうな重臣を必死で思い出す光海君」に見えてしかたありません。

ゲシ「ほら、殿下、裏切りそうな重臣を思い出して!」
光海「えーっと、あいつでもないし、あいつでもない…誰だ?」
ゲシ「イチョムが怪しいって言ってるんです。心当たりはないんですか!」
光海「うーん。(ゲシが怒ってるし)ホ・ギュン。それならホ・ギュンだ!」
こうして私の妄想ワールドは広がっていくのでした。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment