「チャ・スンウォン!」今週のまとめ記事(2020年5月6週/6月1週)


6月に入りました。先月から始まった『三食ごはん漁村編5』は第6話まで放送され、今週は2度目のロケで島を訪れた時の様子が放送されました。ゲストにスンウォン氏とも親交のあるイ・グァンス氏を迎え、いつもの3人の生活とはまた違った、新鮮味のある4人での自給自足生活が描かれました。

チャ・スンウォン 三食ごはん漁村編5
<今週の一枚>
『三食ごはん漁村編5』第6話より。字幕は「大好きでたまらない」。私も大好きでたまりません、あなたが。


「いつもの彼ら」を知る喜び


今週ご紹介した記事の中に「『三食ごはん』から感じる価値と幸せの理由とは(『三食ごはん漁村編5』第5話あらすじ)」というものがありました。

『三食ごはん』を見ているとなぜ幸せを感じるのか、彼らは特別なことをしているわけではないのに、なぜそこに価値を感じるのかということを論じた二つの記事を翻訳してみました。

そうなのです。わざわざ食材調達が難しい島に出かけて、わざわざ庭先で火をおこしてごはんを作ろう、という時代に逆行したような試みを、これまた都会で華々しく俳優として活躍している人たちをわざわざ連れてきて一緒に生活してもらいながら行う。魚介類が獲れなければ、頼りは家庭菜園のみ…。

自給自足バラエティー”番組”、という大前提はありますが、普通に考えたらそれほど面白そうな企画ではないのに、見ていると面白いしホワッとした幸福感までジワジワ湧いてきます。

それはなぜか。

まずは大好きなスンウォン氏が出演している。これが一番の理由です。作品では見ることができない、話し方や表情、感情の起伏や共演者に対する心遣い、カジュアルな装いから時々ビックリするような最先端(?)のお洒落、そして驚くような料理の腕を見ることができます。

好きな俳優さんが一生懸命ごはんを作ろうと努力しているのを見るのはなかなか興味深いものです。長年釣れない時期が続いたヘジン氏が真鯛を釣り上げたと大喜びしていれば、不覚にも涙が出そうになりますし、末っ子が甲斐甲斐しく働くのを見れば親戚の子が成長するのを見守っているような気持ちになります。

ああ、そういえば彼らは別の島でも寒さに負けずにごはん作りに精を出し、暑い真夏の家でも卓球で気分転換をしながらごはん作りに精を出したんだっけ…と記憶をたどると、私たちもずいぶん長いこと彼らの自給自足生活を見守っていることに気が付きます。

そう、それは彼らの歴史でもあり、私たちの歴史でもあるのです。

歴史を知っているから、価値も幸せも感じることができるのではないでしょうか。

188センチのものすごいイケメン俳優が庭先で奇妙なダンスを踊っていても、数々の映画でシリアスな役をこなす俳優が、日曜大工で摩訶不思議な作品を作っても、「ああ、彼らはいつもそうだから」と平然と言えることって、実はすごいことなのです(笑)

「いつもの彼ら」を知っている喜び、「あの冬、あの夏の彼ら」を知っている喜びが、私たちを『三食ごはん』に引き込む理由なのではないかと思うこの頃です。



『がんばれ!チョルス』の公開映画館が増えて、愛知が追加されました!公開日も続々確定しているようですので、是非公式サイトでご確認ください。
☞『がんばれ!チョルス』公式サイト


今週もご訪問ありがとうございました。どうぞ良い週末をお過ごしください。


今週の記事のまとめです。

▶5月31日 『三食ごはん漁村編5』第5話アルバム
▶5月31日 『三食ごはん漁村編5』公式ホームページより三食スチール写真(2020.5.29)
▶6月1日 『三食ごはん漁村編5』第6話予告編動画
▶6月2日 『三食ごはん』から感じる価値と幸せの理由とは(『三食ごはん漁村編5』第5話あらすじ)
▶6月6日 [web記事]チャ・スンウォン、ゲストイ・グァンスも魅了した「チキン&真鯛のメウンタン料理」
▶6月6日 『三食ごはん漁村編5』第6話tvN公式動画集

▶6月6日 [web記事]『三食ごはん』チャ・スンウォンの後輩に対する姿勢
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/06/07 (Sun) 10:34
管理人

管理人  

To: 「たまたまスンウォン氏を検索していたらこちらにたどり着きました」とコメントをくださった方


「たまたまスンウォン氏を検索していたらこちらにたどり着きました」とコメントをくださった方、ありがとうございます。

偶然のご縁が嬉しいです。ようこそ「チャ・スンウォン!」へ♪

『シティーホール』や『最高の愛』、さらには『三食ごはん』もご覧になって急速にスンウォンファンになられたのですね!かっこいい役柄とはかなりギャップのある『三食ごはん』でのスンウォン氏も、お茶目な面や人間的な優しさ、そして仲間への大きな愛情など、魅力があふれているように思います。

普段はインターネットに書き込んだりしないのですが、とのことですが、ブログを楽しんでいただいたようで、コメントをとても嬉しく読みました。ありがとうございます。

ファンが増えるというのは、それだけ語り合える仲間が増えることだと思っています。同じ気持ちでスンウォン氏の活躍をワイワイと楽しんでいけたらと思います。一緒に存分に楽しみましょう。

奇しくも今日はスンウォン氏の誕生日。特別な日にご訪問いただきありがとうございます。またいらしてくださいね。

2020/06/07 (Sun) 22:26

コメントを書く/Comment