[web記事]『三食ごはん』チャ・スンウォンの後輩に対する姿勢


チャ・スンウォン 三食ごはん漁村編5


俳優チャ・スンウォンの格別な後輩への愛情が光った。

チャ・スンウォンは6月5日に放送されたtvNバラエティ『三食ごはん漁村編5』第6話でユ・ヘジンとソン・ホジュン、2番目のゲスト俳優イ・グァンスと共にジュクグル島生活を続けた。

チャ・スンウォンは島に入ってくるイ・グァンスの名前を親しげに呼び、嬉しそうに先輩たちに駆け寄ろうとするイ・グァンスに「走らないで。そこから落ちたら大変なことになる。」と喜んで迎えた。

チャ・スンウォンは島に来るために早朝から苦労したはずのイ・グァンスのための特別キムチチャーハンをサッと作り、昼食にはフライドチキンをプレゼントした。

”市場印の鶏の丸焼き”の味を絶妙に表現したチャ・スンウォンの料理の腕前にイ・グァンスは感嘆した。「真鯛の刺身とメウンタン(魚の辛味スープ)など、ご馳走できる食べ物が多くてよかった。」と幸せな表情のチャ・スンウォンは、みんなを微笑ませた。

先立ってチャ・スンウォンは1人目のゲスト、コン・ヒョジンへの愛情を誇示した。彼は貴重な卵を惜しまず入れて生地濃度から違うカメノテネギチヂミを作り、様々な手作りのメニューとヒーリングを届けた。

視聴者は直接チャシェフの料理を味わうことはできないが、出演者の幸せな表情だけで、素敵な島で彼らと一緒に一食を食べるような楽しみと余裕を感じている。

チャ・スンウォンは『三食ごはん』の末っ子ソン・ホジュンに対する気持ちを表現するのも惜しまない。彼は初めて挑戦した手作り豆腐を紆余曲折の末に成功させた後、雑務をこなしたソン・ホジュンに「君がいなかったら作れなかった。」と努力した後輩を褒めた。

チャ・スンウォンは料理を手伝う”専門アシスタント”ソン・ホジュンに毎回ボールを回し、完成した食べ物は末っ子に渡して味見をする機会を与える。この日の放送ではスンドゥブチゲが冷めるのではないかと心配しながら、一番温かい土鍋を渡すなど、後輩に丁寧に気を配り、ソン・ホジュンをもう一度感動させた。

チャ・スンウォンのフレンドリーな一言、相手を思う身に染み込んだ親切と配慮は『三食ごはん』ならではのヒーリング効果を倍増させる要因の一つである。

都会でも簡単に解決できる”一食”を見知らぬ漁村で最も難しくしてみる野外バラエティー番組『三食ごはん漁村編5』は、毎週金曜日午後9時10分に放送される。

(ニュースエンの記事を翻訳しました)

*この記事はニュースエンのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

もともとスンウォン氏は後輩の面倒見が良いように思うのですが、『三食ごはん』では「チャジュンマ」キャラが入り、まさに母のようにファミリーやゲストに気を配る姿が印象的です。

第6話では最新作『シンクホール(仮題)』で共演したイ・グァンス氏がゲストとして島にやってきました。朝早くに船で到着したイ・グァンス氏を全員で出迎え、家に案内する途中で、早速朝ごはんを食べたかどうかのチャジュンマチェックが入ったようです。

三食ファミリーは既に朝食を済ませた後でしたが、朝食を食べそびれたイ・グァンス氏のために、全員が甲斐甲斐しく自分の役割をこなして、美味しそうなキムチチャーハンと、漬かり具合が最高の自家製キムチが瞬く間に用意されました。

台所を預かるチャシェフとしては、みんながお腹を空かせていないか、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく食卓に上げられるかと常に気を配っています。

もちろん、番組収録という枠組みがあっての行動という部分もあると思うのですが、カメラが回っているからといって、やろうと思ってできることでは決してないと思うのです。

日頃から他人に対しての気配りだったり、ちょっとした思いやりだったり、そういう心を持ち、そういうところに「気付ける」能力を持っているからこその行動なのだと思います。

モデル&俳優オーラがぷんぷんとあふれているスンウォン氏ですが、気さくで気配り上手な面を『三食ごはん』で見るたびに、素敵な人なのだなぁ、という思いが強くなります。さりげない気配りって本当に素敵ですね。ホジュニも感動していました。

三食ごはん漁村編5
一番温かいのはホジュンに供給しようとするチャシェフ
『三食ごはん漁村編5』第6話より

ソン・ホジュン 三食ごはん漁村編5
(感動♥)
『三食ごはん漁村編5』第6話より

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment