[web記事]チャ・スンウォン、ゲストイ・グァンスも魅了した「チキン&真鯛のメウンタン料理」


チャ・スンウォン ユ・ヘジン ソン・ホジュン 三食ごはん漁村編5


俳優チャ・スンウォンがチキンからメウンタンまで、不可能のない料理を披露して目を引いた。

5日に放送されたケーブルチャンネルtvN『三食ごはん漁村編5』では2回目のゲストとして俳優イ・グァンスが出演し、愉快な島ライフが描かれた。

この日の放送で、チャ・スンウォンとユ・ヘジンは朝のメニューとして自ら作った豆腐を使った豆腐焼きとスンドゥブチゲを用意した。ご飯担当だったソン・ホジュンに代わってユ・ヘジンが鍋ご飯に挑戦し、ユ・ヘジンは「久しぶりに朝ご飯を食べる。苦労するのではないか。いつも焦げ飯ばかり食べていたのに。」と心強い朝食に期待感を示した。

ある程度ご飯が炊けた後、ユ・ヘジンはへらでご飯をほぐした後、手で味見した。するとチャ・スンウォンは「なぜ手でそんなに食べるのか。」と責めた。これに対しユ・ヘジンはソン・ホジュンに「分かる。起伏が上がったり下がったりする。」とチャ・スンウォンのことを「起伏人」と呼んだ。ソン・ホジュンも「起伏人先輩」と言うと、チャ・スンウォンは「気に入った」とクールな様子を見せた。

チャ・スンウォン ユ・ヘジン ソン・ホジュン 三食ごはん漁村編5


これを見たユ・ヘジンは「起伏がジャイロドロップ(管理人註:韓国のロッテワールドにある絶叫マシンのこと)だ。外国人に名前を聞かれたらドロップと言え。」と冗談を飛ばし、チャ・スンウォンも「マイネームイズ ドロップ・チャ」と返し、爆笑させた。

続いてチャ・スンウォンはネギ油で唐辛子の粉を炒めて唐辛子油を作り、そこに塩で味付けした後、にんにく、ひき肉、水を入れてスンドゥブチゲを作り始めた。また、豆腐焼きと浅漬けまで添えて完璧な一食を完成させた。ユ・ヘジンとソン・ホジュンは「本当においしい。これは順位圏だ。」と感嘆しながら爆風の食事シーンを撮った。

そんな中、船に乗ってジュクグル島に来たゲストイ・グァンスが登場した。 3人は港で出迎え、嬉しいそぶりを見せてグァンスが買ってきた肉を一緒に運んだ。そんな中、グァンスが朝ごはんをまだ食べていないと言うと、チャ・スンウォンは「キムチチャーハンを作ってあげる。」と親切に言った。

チャ・スンウォン ユ・ヘジン ソン・ホジュン 三食ごはん漁村編5


チャ・スンウォンはグァンスが買ってきたサムギョプサル1枚を取り出してサムギョプサルキムチチャーハンを作り始め、グァンスはソン・ホジュンの皿洗いを手伝った。横でコンロを回していたユ・ヘジンはグァンスに「起伏さんと撮影する時どうだったか。」とチャ・スンウォンのニックネームを説明し、グァンスはチャ・スンウォンに「とても良かった。」と答えた。チャ·スンウォン印キムチチャーハンを食べてみたグァンスは「すごくおいしい。火の香りが感じられる。」とよく食べ始めた。

いつの間にか昼食時になると、昼食メニューとしてグァンスが買ってきた鶏でフライドチキンを食べることに決めた。チャ・スンウォンは味付けをするため鶏を寝かせた後、ソン・ホジュンとグァンスにニンニクの下処理をさせ、ユ・ヘジンは火をつけた。料理が続いていたところ、チャ・スンウォンは「火一つおこせないのか。もどかしい。」と面と向かって責めた。これに対しグァンスはユ・ヘジンに「ずっとああだったのですか。もっとひどくなったようだ。撮影の時はあれほどではなかった。」と冗談を飛ばし、ユ・ヘジンは「名前は本当に上手だった。チャ起伏。」と切り返した。

手作り醤油にんにくタレが完成すると、釜に食用油を入れて本格的にチキンを揚げ始めた。大きな盆にできあがったチキンを移した後、4人はテラスの上でビールと一緒に食べ始めた。グァンスは「市場で売っているチキンの味みたいだ。正直、私はできないと思った。」と驚き、ソン・ジュンホは「ここでできないことはない。できる。」と誇りを表した。

20200606mydaily4.jpg
 

食事を終えた後、イ・グァンスはユ・ヘジンとチャ・スンウォンと一緒にアワビをとりに海辺に出た。40分間にわたり石をひっくり返した末、3人はアワビ6個を獲って自宅に戻り、ソン・ホジュンも加わり、ユ・ヘジンが操る「ヒョンベ」に乗って釣りに出かけた。

その後、夕方になると、チャ・スンウォンは家庭菜園にある野菜を持ってきて、夕食のメニューである真鯛のメウンタンとアワビの豚醤油煮を作り始めた。グァンスは合間に移動しながら仕事を手伝い、アワビの下処理を終えた後、ユ・ヘジンが「今日来るんじゃなかったと思ったか。」と聞くと、「そんな刹那があった。」と正直に答えて笑いを誘った。

(マイデイリーの記事を翻訳しました)

------------管理人のつぶやき------------

第6話はイ・グァンス氏がゲストとして三食ハウスにやってきました。どうやら事前にメディア記事で大々的に報じられてしまったため、三食ファミリーもイ・グァンス氏がゲストだと知っていたようです。

スンウォン氏に至っては、島からイ・グァンス氏に電話をして、鶏肉や豚肉を買ってくるように依頼していたようです(笑)イ・グァンス氏は大量の肉類とともに上陸しました。

島に着くなり、朝ごはんを食べそびれたイ・グァンス氏にキムチチャーハンを作るスンウォン氏。三食ファミリーそれぞれが協力してゲストの一食を作ったのが印象的でした。みんなの好意と歓迎の意がこもったキムチチャーハンはさぞ美味しかったことでしょう。

おいしそうにキムチチャーハンを食べ終わったイ・グァンス氏を見て、スンウォン氏は冷蔵庫に保管してあった真鯛の切り身からお刺身を作って振る舞いました。イ・グァンス氏、大歓迎されていました。

最年少ということで、周りの様子を観察しながら、イ・グァンス氏が少しずつ三食ファミリーに溶け込んでいく様子も見どころです。

しかしフライドチキンの揚げたては美味しそうですね。久しぶりの「肉メニュー」に皆のテンションが急上昇でした。



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment