「チャ・スンウォン!」今週のまとめ記事(2019年10月3週)


今週は、恒例のソウルファッションウィークが開催されました。スンウォン氏は3月に続き、ソンジオオムのショーに出演しました。ショーの始まりを待つ真っ暗な会場に音楽が流れ出し、照明が一気につくと同時にスンウォン氏が先頭を歩いて来る様子を見るたびに、心躍るような気持ちになります。

モデルとしてデビューして今年で31年目のスンウォン氏。独特のオーラを振りまきながらランウェイを歩くスンウォン氏に心を奪われ、つかの間の夢心地の時を過ごしました。何気なく歩くスンウォン氏の一歩一歩に、他の追随を許さないゆるぎない自信と貫禄があふれているようで、とても素敵なショーでした。

チャスンウォン ソンジオ ソウルファッションウィーク
<今週の一枚>
今回は対照的な色合いの衣裳が印象的でした♡


ランウェイの華


いやー、今回のソンジオオムのショーも素敵でしたね~。ショーが始まる直前に、スンウォン氏は2カ月ぶりにインスタグラムを更新しました。モノクロ写真だったので、衣裳の細部までは分かりませんでしたが、『スペイン下宿』で共演したペ・ジョンナム氏とのツーショットを直前にアップする心憎い演出が光りました。

スペインの下宿の台所でニンニクや玉ねぎと格闘していた二人が、スポットライトの当たるランウェイを大真面目な表情で歩く姿が可笑しくもあり、嬉しくもあり、という二重に楽しめるショーでした。二人とも立派になって…(涙笑)

スンウォン氏は久しぶりのオールバックでしたね。写真で見た、20代のモデル時代のスンウォン氏を彷彿とさせるような、そんな印象を受けました。オールバックという髪型自体、スンウォン氏はあまりしないように思うのですが、ここのところヒゲもないので、髪型とヒゲ無しの組み合わせがいつも以上に若く見える原因だったのかもしれません。

チャスンウォン
オールバックといえば、こんなスンウォン氏を思い出します。右側はオールバック風…かな?(笑)


今回のショーでは、黒を基調にした、「半分スーツ、半分トレンチコート+袖に大きなアップリケ」のような衣装と(身も蓋もない形容でスミマセン…)、珍しくカラフルな上下の衣装を披露しました。

ソンジオオムのショーでは、スンウォン氏は黒や白の衣裳を着ることが圧倒的に多いように思いますが、今回のコレクションは「フォーシーズンズ(四季)」がテーマで、デザイナーのソン・ジオ氏が自ら描いた四季の絵を抽象化して衣裳に反映したそうです。四季に合わせていろいろなカラーが使われたということで、ランウェイでは華やかな色合いの衣裳が目を楽しませてくれました。

ショーの様子は動画でも楽しめますので、見逃したかたは是非、ご覧ください。
☞チャ・スンウォン氏ランウェイの写真・動画(2020S/Sソウルファッションウィーク)

バックステージではこんな写真も…

チャスンウォン ペ・ジョンナム ソン・ジオ コ・ウンギョン
インスタグラム(@eunkyoung_ko)より
左からコ・ウンギョン氏、スンウォン氏、ペ・ジョンナム氏、ソン・ジオ氏

コ・ウンギョン氏については、☞モデル「チャ・スンウォン」の生みの親 の記事で詳しく解説しています♪

今年も春と秋の2回、スンウォン氏のショーが楽しめました。ショーには若手のモデルさんたちもたくさん出演していますが、スンウォン氏の存在感とこなれた感じを見ていると、ついつい目がスンウォン氏ばかりを追いかけてしまいます。先頭を歩くスンウォン氏のようになりたいと、若手モデルさんたちにとっても刺激のあるショーなのではないかと、ベテランと若手が織り成す雰囲気もまた楽しむことができました。

スンウォン氏のおかげで年2回、ファッションの最先端を覗き見て、素敵なショーの雰囲気に酔いしれることができるのもよいものですね。映画撮影の忙しい中での出演、お疲れさまでした!


今週もご訪問ありがとうございました。どうぞ良い週末をお過ごしください。


今週の記事のまとめです。


▶10月14日 心臓があまり強くない人のための『毒戦 BELIEVER』鑑賞ガイド
▶10月14日 2019年10月17日ソウルファッションウィーク生中継情報
▶10月17日 チャ・スンウォン氏インスタグラム(2019.10.17)
▶10月17日 チャ・スンウォン氏ランウェイの写真・動画(2020S/Sソウルファッションウィーク)
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment