「チャ・スンウォン!」今週のまとめ記事(2019年9月5週/10月1週)


先週に引き続き、今週も静かな一週間でした。スンウォン氏は映画の撮影が続いているのでしょうか。『元気を出して、ミスター・リー(原題)』は公開終盤に近づき、観客動員数は117万人となりました。

日本では昨日10月4日から、全国の映画館で『毒戦 BELIEVER』が公開されました。2018年の5月に本国で公開された『毒戦(ドクジョン)』がようやく私たちのもとにやってきました。スンウォン氏の出演作品を映画館で見ることができる絶好のチャンスを逃さないようにしたいと思います。

チャスンウォン 毒戦 ミスター・リー
<今週の一枚>
チョルスとブライアン。異なるタイプの役柄を変幻自在に演じるスンウォン氏


『毒戦』ついに公開


韓国で観客動員数500万人を突破した大ヒット作『毒戦(ドクジョン)』が、『毒戦 BELIEVER』というタイトルで公開されました。スンウォン氏は特別出演の「ブライアン」役で出演しています。

『毒戦 BELIEVER』の撮影は2017年の夏に始まりましたので、もう2年前のことになるのですね。劇中でブライアンを演じるスンウォン氏は、当時、この映画の後に撮影したドラマ『花遊記』のために髪の毛を伸ばしていました。ブライアン役の設定も長髪だったのかは分かりませんが、ほぼおかっぱに近い髪型で、不気味でミステリアスなブライアンを演じています。

チャスンウォン 毒戦
『毒戦 BELIEVER』絶賛公開中!


現在はすっかりヒゲがなくなったスンウォン氏ですが、2017年の『毒戦 BELIEVER』撮影当時の懐かしいヒゲのスンウォン氏を見ることができるのも楽しみです。

公開映画館がさらに多くなり、11月からは北海道、静岡、奈良の映画館でも上映される予定です。



ノワール映画ということで、血や暴力シーンが苦手な方にはちょっとハードルが高い映画かもしれませんが、スンウォン氏がひと癖もふた癖もありそうな「ブライアン」をどう演じているのかを、たくさんのファンに見てほしいと願っています。かくいう私も少々苦手なジャンルの映画なので、ドキドキしながら見に行く予定です(笑)


今週からは10月。ミスター・リーで盛り上がった夏が過ぎ、スンウォン氏はきっと次作映画の”撮影の秋”となるのでしょう。ニュース記事が減り、秋の訪れを少し寂しい気持ちで迎えています。スンウォン氏と迎える8度目の秋、静かな時期こそ楽しみを探しながら過ごしていきたいと思っています。

今週もご訪問ありがとうございました。季節の変わり目、夏の疲れが出る時期でもあります。身体をいたわりつつ、どうぞ良い週末をお過ごしください。


今週の記事のまとめです。

▶10月2日 映画『元気を出して、ミスター・リー』レビューあれこれ
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment