[web記事]『元気を出して、ミスター・リー』愉快な現場ビハインドスチール

※この記事には映画『元気を出して、ミスター・リー(原題)』のネタバレが含まれます。

チャスンウォン オム・チェヨン イ・ゲビョク監督 パク・ヘジュン


映画『元気を出して、ミスター・リー(原題)』の愉快で温かかった現場が目を引く。

映画『元気を出して、ミスター・リー(原題)』(監督イ・ゲビョク、制作ヨンフィルム)が笑いと感動をそのまま盛り込んだ現場ビハインドスチールを19日に公開した。

『元気を出して、ミスター・リー(原題)』は、一瞬にして娘という雷に打たれたチョルス(チャ・スンウォン)が自らのミステリアスな正体を探しながら繰り広げられる急展開コメディー映画である。

今回公開された現場のビハインドスチールは、愉快だった現場の雰囲気がそのまま盛り込まれている。夏、最高の暑さを誇る大邱(テグ)で、休まずに走る野外撮影を続けたチャ・スンウォンは、最後まで笑いを失わず、スタッフたちと一緒に汗を流しながら愉快な撮影現場の雰囲気を盛り上げた。

映画の中で人一倍の血筋「ケミストリー」で愉快な笑いを披露したチャ・スンウォンとオム・チェヨンが明るく笑っている姿も目を引く。続いて、撮影の休み時間にイ・ゲビョク監督と和気あいあいと対話を交わしているパク・ヘジュン、キム・ヘオク、リュ・ハンビの姿を通じて、楽しかった現場の雰囲気をうかがうことができる。

前作『LUCK-KEY/ラッキー』に続き、「とても怖い!」というセリフを味わい深く消化し、笑いの爆弾を投げたチョン・ヘビンはコミック妖精の姿を現し、現場の雰囲気を盛り上げた。ここに観客に映画が伝えようとする真心と温かい感動、笑いを伝えるために昼夜を問わず情熱を捧げたスタッフの姿は、『元気を出して、ミスター・リー(原題)』ならではの感動と笑いが溢れる現場を生き生きと伝える。

ギャップのある過去で深い感動を届けたチョルスの未公開消防士スチールも公開された。子供よりも子供のような純粋な姿を誇るチョルスが、過去に多くの人々の命を救った消防士だったというギャップのある過去は、多くの観客を感動させた。

(スポーツトゥデイの記事を翻訳しました)

*この記事はスポーツトゥデイのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

撮影の様子を伝えるビハインドスチールが公開されました。公式のスチール写真とはちょっと違って、撮影の合間に見せるリラックスした表情だったり、役が入っているような、入っていないような表情だったりが楽しめますね。

暑い大邱(テグ)での撮影、さらには厚みのあるパンチパーマ、消防服も着たりして、スンウォン氏にとっては暑さ満載のロケだったに違いありません。

ビハインドスチールからスンウォン氏の表情を切り取ってみました。

チャスンウォン イ・ゲビョク監督
スンウォン氏とイ・ゲビョク監督

チャスンウォン

チャスンウォン

チャスンウォン"

チャスンウォン

チャスンウォン

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment