[web記事]チャ・スンウォン、スーツから上腕二頭筋まで..”正体は何だ”『元気を出して、ミスター・リー』


チャスンウォン ミスターリー


秋夕(チュソク)の劇場街唯一のコメディー映画『元気を出して、ミスター・リー(仮題・イ・ゲビョク監督)』がメイン予告編の公開後、急展開のストーリーとして注目されている中で、主人公”チョルス”のキャラクターのミステリアスな正体に対する反応が熱い。

今年の秋夕(チュソク)、元祖コメディー”行列店”のチャ・スンウォンの本業復帰作『元気を出して、ミスター・リー(仮題)』のメイン予告編の公開後、俳優チャ・スンウォンが演じる”チョルス”キャラクターに対する関心が高まっている。

正体が把握できないミステリアスな”チョルス”に対する好奇心を高めている映画『元気を出して、ミスター・リー(仮題)』は、子供のような父親”チョルス”(チャ・スンウォン)と大人のような娘”セッビョル”(オム・チェヨン)、青天に”娘”という雷に打たれた”チョルス”のドタバタコメディー。

チャスンウォン ミスターリー


久しぶりに主専攻のコメディーに復帰した俳優チャ・スンウォンが披露する”チョルス”のキャラクターに対する予備観客たちの関心が高まっている。

町で一番のグルメ、大福カルグクスの手打ち達人として活躍している彼の隠れた過去にファンの関心が高まっている。特に、映画タイトルの”ミスター・リー”は、劇中でカルグクス(うどん)の手打ち達人、Mr. Lee”チョルス”を意味すると同時に、ミステリーな(Mystery)人物という意味も含んでおり、さらに関心が高まっている。

チャスンウォン ミスターリー


今回公開されたスチールで”チョルス”は、一糸乱れぬスーツと端正なヘアの素晴らしいスタイルを誇る姿と、さく裂するような上腕二頭筋で麺を打つカリスマ溢れる姿を行き来して、ミステリアスな彼の正体が一層気になる。

また、意味深長な表情で秘密裏の計画を実行するような姿は、先のスチールとは相反するギャップのある魅力として笑いと好奇心を刺激する。このように予測不可能な彼の姿に、予備観客は「カルグクスの美味しい店で偽装勤務をしたのではないか」という反応まで見せており、話題になっている。

このように、チャ・スンウォンはギャップのある魅力を専売特許のコメディー演技で完璧消化した、もう一回の”人生キャラクター”で、今年秋夕(チュソク)の映画街に愉快な笑いを披露する予定である。

ギャップのある過去を持ったミステリアスな”チョルス”のキャラクターに予備観客たちの関心を集中させている映画『元気を出して、ミスター・リー(仮題)』は2019年の秋夕(チュソク)に観客のもとを訪れる。

(スポーツソウルの記事を翻訳しました)
※管理人が適宜改行を加えました。

*この記事はスポーツソウルのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

とぼけた感じの「チョルス」に慣れていたせいか、いきなりカッチリとしたスーツ姿の正統派チョルス(?)のスチール写真を見てドキドキしてしまいました(笑)スーツですよ、スーツ!♡

偽装勤務説まで飛び出して、タイトルの通り、ミスター・リーはミステリアスな人物のようです。それにしてもスーツ姿とパンチパーマのギャップがすごいですね。思わず並べてしまいました。

チャスンウォン ミスター・リー


どちらもスンウォン氏らしい感じですよね。久しぶりのコメディー映画ということで、期待値がかなり高まっているように思いますが、真面目なかっこよさも、とぼけた面白さも、どちらも味わい深く演じられるのがスンウォン氏だと思います。

当初の予想とはちょっと違ったキャラクター設定になりそうな気がして、映画がますます楽しみになってきました。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment