[web記事] 『シンクホール』チャ・スンウォン×キム・ソンギュン×イ・グァンス キャスティング確定→8月中クランクイン


チャスンウォン キム・ソンギュン イ・グァンス


映画『シンクホール(仮題)』が主演俳優のキャスティングを終え、クランクインに突入する。

14日、映画『シンクホール』(監督キム・ジフン、制作ザ・タワーピクチャーズ)サイドは俳優チャ・スンウォンとキム・ソンギュン、イ・グァンスのキャスティング確定のニュースを知らせ、予備観客の期待感を引き上げた。

これまで映画、ドラマ、バラエティー界を行き来しながら活躍してきたチャ・スンウォンは、2つ3つの仕事を掛け持ちして一人息子を育てようと昼夜を問わず孤軍奮闘する青雲ビラの住民チョン・マンス役を演じる。スペクトルの広い演技力で観客から愛されてきたチャ・スンウォンは『シンクホール』で愉快さと人間味を兼ね備えたキャラクターで観客に会う。

個性と演技力を兼ね備えた俳優キム・ソンギュンは、11年来の家の購入の夢を叶えたが、家と共にシンクホールに閉じ込められるようになった悲運の家長パク・ドンウォンに扮する。優れた演技でどのキャラクターも自分のものとして消化してきただけに、キム・ソンギュンは今度の映画を通して「涙を誘う演技爆発」現実家長の姿を繊細に描き出す。

さらに、スクリーンとテレビを縦横無尽に多くの愛を受けているイ・グァンスは、職場の上司のパク・ドンウォンと一緒にシンクホールに閉じこめられてしまう後輩のキム・スンヒョン役に変身する。チャ・スンウォン、キム・ソンギュンと共に笑いと涙が入り混じった脱出記を披露する予定である。イ・グァンスならではの専売特許コミック演技で観客を魅了する見通しである。

『シンクホール』は11年かかって用意した自分の家が1分でシンクホールに墜落して広がる現実災難コメディー映画で、8月中にクランクイン予定である。

(スポーツトゥデイの記事を翻訳しました)

*この記事はスポーツトゥデイのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

少しずつ新作映画が動き始めているようです。主なキャストが確定というニュースがようやく報じられました。

前回、この映画の話題が報じられたのは5月。その時点では映画のタイトルが『ウォーターホール』となっていましたが、今回、『シンクホール』というタイトルに変わっていました。辞書を引いてみたところ、シンクホールは英語で「水のたまる穴」という意味があるようです。

キャストの情報とともに、それぞれのキャラクター設定も明らかになりました。スンウォン氏は一人息子を育てるシングルファーザー、といった役どころなのでしょうか。

共演のキム・ソンギュン氏は11年来の夢のマイホームが1分でシンクホールに落ちてしまうという何とも気の毒な設定のようです。気の毒ながらも「11年来の夢が1分でパー」という設定がマンガみたい、と思ったところ、何と、記事の最後に「現実災難コメディー映画で」という説明が!

えっ?悲惨な状況から人々が協力して立ち上がる感動大作…ではなくて、コメディー?!(笑)

「11年来の夢が1分でパー」という設定は笑うべきところだったのかもしれません。いやー、スンウォン氏、『元気を出して、ミスター・リー(仮題)』で久しぶりにコメディーをやったら楽しくなっちゃったんでしょうかねぇ。

シリアスだけど笑える部分もある映画…のような雰囲気が漂っているので、また違ったスンウォン氏の楽しい演技が見られることと思います。コメディーを愛するスンウォン氏がやりたい、と思った映画なのですから、ファンとしては「よし、分かった」とドーンと構えて応援したいと思います。

シンクホールの中で運命の出会いがあって、熱い恋愛模様に発展するかもしれない…いや、それはないかな(笑)

ロマンスはいつかやっていただくことにして、スンウォン氏にはシンクホールにどっぷり漬かって思う存分災難コメディーを演じてほしいです。クランクインは8月中ということですので、すぐですね。ミスター・リーの広報活動とともに、スンウォン氏の多忙な夏が続きそうです。


関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

merry  

やったー🙌

管理人さま、たくさんの記事配信、ありがとうございます‼️
もっとコメント投稿したいのになかなか出来ずにいますが、まずはこの記事…‼️

ウォーターホール→シンクホール、すごく嬉しい変化です‼️
何が嬉しいかというと、初めウォーターホールは「パニック映画」と記されている記事があり…
新しい映画は嬉しいけど苦手な分野だ…私見られるかしら…と今から心配していたのです。
それがこの記事‼️
まずはお三方の写真を見て、「コメディしたらすごく面白そうなメンバーなのに~😣」と思いながら読み進めていくと…コメディ映画とあるではないですか❗
え~そうだったの?!
管理人さまも驚きましたよね‼️

もう、イヤッホー❤️‼️🎶って位嬉しいです!

題名や災害というテーマからして「パニック映画」っぽいので、そういう報道になっちゃったのでしょうか。
とにかく嬉しい❤️

キムソンギュンさんは「応答せよ」シリーズで、温かくて面白いお人柄がにじみ出た演技で大好きな俳優さんですし、イグァンスさんはバラエティーでもお馴染み、実はドラマは見たことがないのですが、“専売特許コメディ演技”、とありますし楽しみです❤️
モデルの後輩ですしね🎵きっとスンウォン兄貴と面白過ぎるケミを見せてくれますね‼️
あっ、この三人、おとぼけ演技が皆上手そう‼️おとぼけにおとぼけで返して上乗せで噛み合わないおとぼけ…とか、面白そう~‼️

あ~もう今から待ち遠しいな~❤️

8月クランクインとありますので、ミスターリーと同じく暑い時期の撮影となりそうですね。
熱中症にならないように、とにかく元気に楽しく撮影して頂きたいです。



管理人さま、毎日の暑さや台風の影響など、大丈夫でしょうか…。
スンウォンさんの記事や番組で、忙しくて嬉しい悲鳴が聞こえて来そうな状況ですが、、睡眠時間はきっちり確保して、無理のないブログ運営をして頂きたいな…と願っています。
あっ、もちろん記事が出るといつもすごーく嬉しく楽しく拝見しています‼️

ただ、疲れや不調があった時などは、お休みして下さいね。
私たちブログファンは、チャスンウォンさんだけでなく、ブログチャスンウォン!だけでなく、管理人さまご自身のことも、応援していますから❤️

2019/08/16 (Fri) 18:16
管理人

管理人  

To: merryさん


merryさん、コメントをありがとうございます。

『シンクホール』がパニック映画ではなく、コメディー色のある映画だと分かり、驚きとともにどこかホッとしました。何しろ情報が少ないので、5月に報道された際のわずかな情報から、住民が住居もろとも穴に落ちていくパニック映画かと思い、必死の形相のスンウォン氏を手に汗を握りながら見るのかなぁ…と想像していました。

イ・グァンス氏はバラエティー番組でおなじみですね。巻き添えを食らう役のようですので、派手なコメディー演技を期待してしまいます。『シンクホール』は災害映画でもあるようですので、シリアスな恐怖が描かれるのかもしれませんし、シンクホールの出現に右往左往するような笑える要素も期待できるかもしれません。楽しみです。

ミスター・リーの話題が次々と入ってきて、ブログも忙しくなってきました。温かいお気遣いのコメントをありがたく読みました。映画公開前の広報活動期間ということで、情報量が多く、あれもこれもブログで取り上げたいと思いながらも、泣く泣く絞って記事を準備しています。

もともとブログの更新は夜が中心ですので、ニュース記事が出るなり即ブログ発信、とはいかないため、早さよりも内容重視で…と思いながらも、次々に入ってくるニュースに押しつぶされそうな毎日です。嬉しい悲鳴、ってこういうのを言うのでしょうね。

なるべく早く記事を発信したいと思いつつも、「できることをできる範囲で」記事にしていくことが長続きの秘訣だと思っているので、マイペースで頑張っていきたいと思っています。眠い時は寝ますし(昨夜のスンウォン氏の出演番組も睡魔に勝てず沈没しました 笑)ほかにやるべきことがある時はブログも放置しますし、良い意味でのユルさ、というのも大事なのかもしれません。

応援ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2019/08/17 (Sat) 01:21

コメントを書く/Comment