「チャ・スンウォン!」今週のまとめ記事(2019年6月3週)


今週はスンウォン氏の新しいCMが公開されました。以前に時代劇の扮装でカメラマンのキム・ウク氏のインスタグラムに登場したスンウォン氏でしたが、ようやくこの扮装がオンラインゲーム「遠征(ウォンジョン)」のCM撮影の時のものだったことが分かりました。

チャスンウォン 遠征 ゲーム
<今週の一枚>
目千両!「遠征(ウォンジョン)」CM、ホームページより。


オンラインゲーム広告の覇者チャ・スンウォン


オンラインゲームの広告モデルに有名俳優を起用するようになったのは、ここ数年の傾向のようです。スンウォン氏は2015年に「レイヴン」、2018年に「三国志M」と、今までに2社のオンラインゲームの広告モデルを務めました。

以前のCMではどちらもスタイリッシュなダークスーツを着ての登場でしたが、今回は武将の扮装と現代版白シャツの両方が楽しめるCMとなっています。現在公開されているCMは「事前予約編」ということで、ティーザー動画のような扱いになっているようです。ということは、本編のCMも公開されるかもしれませんね。

今回スンウォン氏が広告モデルを務めるのはオンラインゲーム「遠征(ウォンジョン)」です。遠征という言葉通り、長い道のりを進みながら戦うゲームのようですが、遠征という言葉から『スペイン下宿』の巡礼者たちを思い出しました。長い道を行くという点ではどこか重なるような気がします。

久しぶりに時代劇の扮装のスンウォン氏を見ることができて、『華政(ファジョン)』の王様役も思い出しました。付けヒゲ(?)のようですが、ヒゲのあるスンウォン氏はやはり素敵ですね。イメージが大切なゲームの広告に抜擢されたことも嬉しいですし、いろいろな扮装のスンウォン氏が見られるのもまた嬉しいです。

インスタグラムにCM撮影時と思われるスンウォン氏の写真がアップされていましたのでご紹介します。

チャスンウォン
インスタグラム(@ggaengho)より
一部ぼかしを加え、3枚をまとめました。


4月2週の「今週のまとめ記事」でご紹介した現場でのツーショット写真ももう一度。このCMだったのね、と答え合わせをしているような気分です。

チャスンウォン
インスタグラム(@kimwook)より



今週は「遠征」一色の一週間でした。4月頃に撮影されたCMのようなので、現在のスンウォン氏はどうしているのでしょうね。秋から始まる映画の撮影の準備もあるでしょうし、『元気を出して、ミスター・リー(仮題)』の公開も今年後半に控えていますので、表舞台には出てこなくとも忙しくしているのかもしれません。少しでも多くスンウォン氏に会えますように、と願いながら次なる活躍を待ちたいと思います。

今週もご訪問ありがとうございました。どうぞ良い週末をお過ごしください。


今週の記事のまとめです。

▶6月10日 チャ・スンウォン氏オンラインゲーム「遠征(ウォンジョン)」CM
▶6月11日 チャ・スンウォン氏ESCORT(エスコート)インスタグラムより 2019.6.10
▶6月12日 オンラインゲーム「遠征(ウォンジョン)」広告いろいろ
▶6月15日 [web記事]チャ・スンウォンが選択した「遠征M」事前予約開始広告
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

Like a child dreaming a sweet dream  

王様を思い出します。

管理人様。
オンラインゲームのCM、仰るように『華政』を思い出しますね。深い藍色の衣装と鉢巻(正式名称はなんなのでしょう(^_^;))を見て、『華政』第9話、国境付近の民の陣営に忍び込んで、大切な書物を取り返すシーンを思い出しました。

そうそう、あの夜の戦闘で光海君は刀傷を負っちゃうんだった、ということも合わせて思い出し、久しぶりに「ミニ光海くんの『華政』5分で読めるあらすじ紹介」と「光海君アルバム」の記事を拝見しました。
初めて読ませていただいたときも思ったのですが、一人称で、その他の登場人物の名前も記さずに物語を語るという形式は、とても面白いです。年号を一切出さずに歴史物語を語る『双調平家物語』という本があるのですが、それと似通った感じがしました。

そして何より、今までずっと、丁寧に1つずつの記事を作ってこられた管理人様の誠実さを、改めて思いました。「チャスンウォン!(非公式ファンサイト)」は、なんて内容の充実した、厚みのあるブログなのでしょう、と、しみじみ感じていますm(_ _)m。

『毒戦』、『元気を出して、ミスター・リー』、『バガボンド』と、先の楽しみはあるものの、管理人様の仰るように、今スンウォン氏は何しているのでしょうね。現在の記事や過去の記事や、図書館でいろんな本の背表紙を眺めるように、ライブラリー『チャスンウォン!」を楽しませていただいています。ありがとうございますm(_ _)m。

2019/06/16 (Sun) 16:30
管理人

管理人  

To: Like a child dreaming a sweet dreamさん


Like a child dreaming a sweet dreamさん、コメントをありがとうございます。

『華政』の鉢巻シーン、ありましたねー。夜陰に紛れて書物を取り返すも、刀傷を負った光海君が傷の手当てのシーンで上半身を披露(!)という大変印象深いシーンでした。

私は第4話で光海君がしていた模様入りの太めの鉢巻と、革のような質感の衣装が印象に残っています。あの鉢巻、なんていうのでしょうね?

久しぶりに「ミニ光海くん」の名前を聞いて懐かしくなりました。ちょっとした思い付きからあらすじ連載を始めるなんて、今思えば無謀すぎる企画を考えたものだと、まだまだ青かった時代が思い出されます。

時代劇ということで苦手意識を持つファンもいるのでは…と、難しい名前や役職名を出さずに、スンウォン氏演じる光海君の目線で語る、というアイディアから出発しました。

発信した記事が多くなりすぎて、過去の記事はメンテナンス目的以外にじっくりと読む機会があまり無いのですが、読んでみるとその時々の情熱がよみがえってくるように思います。これから先、ブログを続けていくモチベーションにもなりますし、何よりも過去の記事も今もなお楽しんでいただいているということを嬉しく思います。

記事への入れ込み方はその時々で変化しますが、なるべく簡単に、楽に記事を読んでいただけるように、という思いは常に根底に流れているように思います。

簡単にあらすじをまとめたいとか、翻訳機から吐き出された意味不明な日本語を何とか平易な言葉に直したいとか、そういったところから記事作りの情熱が沸いているのかもしれません。

同時に私自身も一人のファンとして、「ファンサイトからこんな記事が発信されたら嬉しいな」というファン目線の理想や期待を持っています。そういったものに近づけるように、発信者とファンとしての両方の気持ちを生かしながら、今後もブログを充実させていきたいと思っています。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2019/06/17 (Mon) 01:02

コメントを書く/Comment