[web記事]『スペイン下宿』チャ・ペ・ジン、待った末に訪れた巡礼者1人...王様のおもてなし


チャスンウォン ユ・ヘジン ペ・ジョンナム スペイン下宿


勢いに乗っていた『スペイン下宿』の巡礼者が一人も訪ねてこなかった。そして真夜中に一人の巡礼者が訪れた。

3日放送されたtvNバラエティー『スペイン下宿』で下宿のシェフチャ・スンウォン、イケヨ社長ユ・ヘジン、その他等を担当しているペ・ジョンナムが宿泊者たちと一日を過ごす姿が描かれた。

前回の放送でユ・ヘジンとチャ・スンウォンは、65歳の年齢で厳しい挑戦をしている巡礼者を見てすごいとしながらもずっと心配した。提供できるのは料理しかないチャ・スンウォンは「味噌チゲやキムチチゲのようなものが最も思い出されると思う。」とカニ味噌チゲを特別に彼女だけにもてなした。

そしてこの日の放送でユ・ヘジンは、眠りに落ちる直前まで高齢の巡礼者の世話をした。65歳の巡礼者の小さな咳に「もしかしたら風邪ではないか」と心配したりもしたし、「今日の食事は大丈夫でしたか」と尋ね、「明日の朝のメニューは、キムチチャーハンだから、明日もたくさん召しあがってください」と笑った。朝になってもユ・ヘジンは65歳の巡礼者がそばで重いバッグを担ぐのを助けて応援の言葉も忘れずに最後まで力を貸した。

そしてこの日チャ・スンウォンは、従業員の食事に特別なメニューを準備した。ソースからパテまで自家製のハンバーグステーキ。チャ・スンウォンは「朝食に毎回ラーメンだけ食べられない」とハンバーグステーキを準備した理由を説明した。チャ・スンウォンはわずか30分でハンバーグステーキとサラダ、目玉焼きまで、まるでレストランで出てくるメニューのように完全にセットした後、もてなして目を引いた。

続いてチャ・スンウォンとペ・ジョンナム新しい巡礼者のための食事の準備のために買い物に出かけた。3kgの鶏5羽に各種野菜を買ってきた彼らはすぐに材料の準備に入った。この日のメニューは、タットリタン(タッポックムタン)。チャ・スンウォンは「このくらいならほとんどタットリタン商売をする水準である。25人前ほどできるだろう。」とした。しかし、いざ巡礼者は一人も来ないため彼らを不安にし、ユ・ヘジンは巡礼者を見つけるために自ら道に出てみたが、肩すかしを食らった。

チャ・スンウォンはタットリタンにちりめんじゃこの炒め物、練り製品の炒め物まですべて完成したが、午後5時30分になっても一人の巡礼者も見つからなかった。これにチャ・スンウォンはギター即興演奏を繰り広げ、ユ・ヘジンは個人の洗濯をしながら時間を過ごした。ペ・ジョンナムは「今日は雰囲気を作って巡礼者が使用しているダイニングルームでご飯を食べよう」と提案した。

チャ・スンウォンは巡礼者の世話をする間、ユ・ヘジンとペ・ジョンナムの世話をすることができなかったこと思い出して「良いことだ。私たちがきちんと食べてみよう」として、豚肉まで焼いて食べようとした。思いがけない会食をすることになった彼らは設備部のパク課長まで呼んで、彼らだけの幸せな夕食の時間を過ごした。

たった一人のお客さんも来ないと思ったが、夜中に一人の巡礼者ががアルベルゲを訪れ、チャ・スンウォンはハンバーグステーキとサラダ、チャーハンをさっと作ってもてなした。ペ・ジョンナムは「完全な王様御膳」と感心した。

(エクスポーツニュースの記事を翻訳しました)

------------管理人のつぶやき------------

毎回スンウォン氏の台所の切り盛りの技には驚かされることが多いのですが、今回は驚きの連続でした。

まずは普段は簡単にラーメンや買ってきたハンバーガーで済ませることの多い昼食に、スンウォン氏のダメだしが…(笑)以前に下宿の夕飯メニューとして出された、トングランテン(ひき肉のチヂミ)を流用したものだと思うのですが、それをハンバーグの形に成形して、冷凍していたものが登場しました。

段取りの良いスンウォン氏は、あらかじめタマネギやマッシュルーム、ウスターソース、ケチャップなどでハンバーグのソースを煮込んでいました。冷凍ハンバーグをフライパンで焼きながら、同時にサラダにかけるオーロラソースまでササッと作り、さらには目玉焼きまで焼き、あっという間にワンプレートの美味しそうなハンバーグステーキのランチが完成!

もう何も言えない…。いや、言いたい。スンウォン氏、愛しています。一緒に暮らしたい!(笑)

宿泊客のために、以前に『三食ごはん』でも作ったことのあるタットリタンを大量に仕込んだスンウォン氏。25人前もあるとか言っていましたが、本当に給食かと思うようなサイズの大鍋で、美味しそうなタットリタンが大量に完成!

残念ながら宿泊客が誰も現れず、従業員だけの会食となるのですが、大量のタットリタンは裏方のスタッフたちにも振る舞われたようで、スンウォン氏の渾身のタットリタンは全て美味しく消費されました。

夜が更けてから、1日に100キロも歩いたというとても疲れた様子の宿泊者が下宿に現れました。タイミングが合わないっていうことがあるんですよね。タットリタンは食べ尽くされてしまった後でした。

スンウォン氏は疲れているはずなのに、腹ペコの宿泊客のために、大急ぎでキムチチャーハンと、冷凍庫の秘密兵器「自家製冷凍ハンバーグ」を取り出して、昼食と同じようにソースも手作りをして、夕食を準備しました。サラダにはイチゴやブルーベリーが添えられ、卵スープまでついて、30分ほどで慌ただしく作ったとは思えない温かで栄養満点の夕食が提供されました。

下宿での台所仕事が板についてきたこともあってか、スンウォン氏のアイディアや動きに無駄がありません。最善の方法を的確に考え、段取りよく調理を進めていく姿を見て、本当にかっこいい!と大喝采したいような気分になりました。

今日の放送が営業7日目でしたが、来週も営業8日目の放送があるようです。お客さんがたくさん押し掛けたようで、最終日(?)にふさわしい賑わいとなりそうです。



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment