[web記事]チャ・スンウォン、ユ・ヘジン『スペイン下宿』巡礼者たちと一緒に過ごす夜


チャスンウォン ユ・ヘジン ペ・ジョンナム スペイン下宿


チャ・スンウォンとユ・ヘジン、ペ・ジョンナムが5日目の営業を完全に終了した。

19日に放送されたtvN『スペイン下宿』で、チャ・スンウォン、ペ・ジョンナムは営業準備に向けて肉屋に向かった。チャ・スンウォンは肉屋で煮物用の豚のバラ肉3kgを買った。

チャ・スンウォン、ペ・ジョンナムはショッピングを終えた後、昼食を食べるために移動した。彼らのランチメニューはハンバーガー。ハンバーガーを注文した後、席に座った二人は話を交わした。チャ・スンウォンはペ・ジョンナムのかばんの重さに驚いて「何がこんなに重いのか。君はだから疲れるのだ。私にも(荷物を)ちょっと寄こして」と言った。ペ・ジョンナムは「あれは大変ではない。引っ張るのは大変ではない」と言った。

その後、チャ・スンウォンは午後1時40分を過ぎたのを確認した後、「気が急く」とした。営業準備のため、急いでスペイン下宿に戻ろうという気持ちのためだった。チャ・スンウォンは「私ももう少し若かった時は”遅れることができる”と思った。ところがそのようなことが変化したようだ。約束、というようなものに。」と話した。

ユ・ヘジンはイケヨ製品を作り、アルベールゲのオープンのために外に出た。この時、外で待っていたファンに会った。スペインのファンはユ・ヘジンに近づき「ユ・ヘジンさんに会えて嬉しい」と言った。びっくりしたユ・へジンは「私ではないのでは」と尋ねると彼女は「一番好きな俳優です。スペイン人でレオン出身です。昨日韓国人の友人が皆さんのことを話してくれた。」と話した。

スペインのファンはユ・ヘジンに会うためにレオンから2時間以上かけてやってきた。また、1時間前に到着してアルベルゲで記念写真を撮るなど、ユ・ヘジンを待ちに待っていた。また、通り過ぎる巡礼者たちには客引き行為をしたりもした。ユ・ヘジンはそのようなファンに中に入ってお茶を一緒に飲もうと声をかけた。ファンは「韓国文化、そしてハングルが好きです。映画のおかげです。たくさん見ました。私はソウルと全州に行ってみた。」と話した。

チャスンウォン ユ・ヘジン ペ・ジョンナム スペイン下宿


スペイン下宿を訪れた巡礼者がいた。韓国人の女性とイギリス人の男性だった。韓国人巡礼者は「ここに来れば韓国料理が食べられると聞いて来た。」と言った。続いてまた、スペインの巡礼者も到着したが、スペインの巡礼者は、先に来た2人の巡礼者の知り合いであるような姿を見せた。

チャ・スンウォンは夕食の準備を始めた。キュウリの和え物と浅漬けキムチを作った。また、夕食のメニューとして考えたうどんと茹で豚を作るために、あらかじめ準備する姿もあった。夕食の準備に真っ最中に巡礼者2人がさらに到着した。他のスペインの巡礼者とパリから来た巡礼者たちだった。チャ・スンウォンは巡礼者が増えると、カルグクスの麺が足りないことを直感、すいとんを追加することにした。

韓国の巡礼者は、肉を食べる方法を自ら教えてあげた。外国人巡礼者たちは、茹で豚の味にどっぷりと漬かった姿を見せた。ただ、カルグクスを食べる時は箸を使おうとしたが、おぼつかない箸の使い方が笑いを誘った。

巡礼者たちは食事を終えた後、一緒に夜を楽しんだ。イギリスの巡礼者はギターを弾きながら雰囲気を盛り上げ、これに韓国の巡礼者がペンを使ってドラムを加えて笑いを誘った。いつの間にか着席したチャ・スンウォンはギターを引き継いだ。チャ・スンウォンはヤン・ヒウンの「叶わぬ愛」を演奏しながら歌った。その他にも様々な話を交わしながら、一緒にひとときを楽しんだ。

(エクスポーツニュースの記事を翻訳しました)


*この記事はエクスポーツニュースのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

営業5日目は雨降りでした。

前日のお客さんに朝食を出し、チェックアウト、そしてその後ヘジン氏が洗濯やら掃除をする間に、台所チームはその日の営業のための食材の買い出しに出かけます。

何人お客さんが来るか分からない食材の買い出しは、それぞれ大目に見積もって買っているようです。豚肉を3キロも買った彼らは、その他にもワインやコーヒー、野菜にお鍋まで買い込んで、ものすごい量になってしまいました。

魚が釣れずに、小さな魚をどうやって夕食のテーブルに載せるか悩んでいたマンジェ島のチャジュンマの悩みとはまた違い、その日の宿泊客全てのお腹を満たすべく、スペインのチャシェフは準備に余念がありません。

チャスンウォン スペイン下宿
お肉屋さんでスペイン語のカードを見せながら注文するスンウォン氏
『スペイン下宿』第6話より


今回、スンウォン氏はペ・ジョンナム氏からリフォームしたシェフスーツをプレゼントされました。夜な夜な自室で針仕事に精を出していたというジョンナム氏は、シンプルな黒のシェフスーツに飾りをつけて、2019年春夏物の最先端ファッション(?)に仕立て上げました。

チャスンウォン ペ・ジョンナム スペイン下宿
ジョンナム氏からのサプライズプレゼントを着たスンウォン氏
『スペイン下宿』第6話より


台所ではアサリのカルグクスのために、スンウォン氏が手打ちうどんを用意していました。ところが外国のお客さんを含めこの日の宿泊客は5人。うどんが足りないのではと心配したスンウォン氏は、早速余っていた生地をすいとんにすることに決めて軌道修正。その迅速な対応力に脱帽です。こんな技術と適応力を、スンウォン氏はどこで身につけたのでしょうね。

チャスンウォン スペイン下宿
余った生地を伸ばして、早速すいとん作りに入るスンウォン氏
『スペイン下宿』第6話より


そして今回の一番の見どころはやはりスンウォン氏のギターです。「叶わぬ愛」という韓国で流行した往年の歌謡曲のようです。ちょっとしんみりしたメロディーをスンウォン氏の美声と味わい深いギターの音色で、美しく歌い上げました。スンウォン氏、すごい!

チャスンウォン スペイン下宿
歌えるシェフ、チャ・スンウォン。横にいたヘジン氏がうっとりした顔で一緒に口ずさんでいたのが印象的でした。
『スペイン下宿』第6話より


歌のシーンは公式動画でも紹介されていますので、是非お楽しみください。料理の腕にもびっくりですが、秘めたる特技、ギターの弾き語りにもビックリです。



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment