『スペイン下宿』第6話tvN公式動画集


チャスンウォン ユ・ヘジン スペイン下宿
今日の見どころはズバリここ!


tvNの公式Youtubeサイトで、4月19日放送の『スペイン下宿』第6話の動画が公開されていますので、ご紹介します。

動画はtvNの公式Youtubeサイトのものです。視聴するたびに、tvNの公式動画再生回数に反映されます。公式動画を再生をすることで日本からも『スペイン下宿』を応援することができます♪

イケヨの系列会社の拡張?ユ・ヘジン、防疫会社「洗顔必ず」立ち上げる 『スペイン下宿』 190419 EP.6



キラー・チャと人質・ペのやたら悲壮な買い物(気まずくなる)『スペイン下宿』 190419 EP.6



行ってください~スペイン下宿道しるべの誕生! 『スペイン下宿』 190419 EP.6



快適さナンバーワン、イケヨ ユ・ヘジンの信念(ft.ナッツ)『スペイン下宿』 190419 EP.6



スペインの単独ファンミーティング!?ヘジンファン♥ユ・ヘジン熱烈なファンの登場 『スペイン下宿』 190419 EP.6



スンウォン先輩のためのサプライズ!ジョンナムが用意したリフォームシェフ服 『スペイン下宿』 190419 EP.6



ナイス・トゥ・ミート・”ユ”とハイテンションの巡礼者たちの出会い 『スペイン下宿』 190419 EP.6



一本一本チャシェフの指先から誕生したカルグクス麺 『スペイン下宿』 190419 EP.6



スンウォン・ジョンナム幻想の呼吸!茹で豚肉×キュウリの和え物 『スペイン下宿』 190419 EP.



イケヨ”LIFE”のライン急発売!(ft.チャ選手心配) 『スペイン下宿』 190419 EP.6



外国人巡礼者をひきつけた茹で豚肉(スユク)(マシッソ!!!) 『スペイン下宿』 190419 EP.6



ボリュームたっぷりの夜メニュー完成!茹で豚肉セット×アサリの手打ち麺 『スペイン下宿』 190419 EP.6



「特別な経験」サンティアゴ巡礼道を歩く理由 『スペイン下宿』 190419 EP.6



スジョングァ、ワーオ!巡礼道で食べた食事のうち最高!! 『スペイン下宿』 190419 EP.6
※スジョングァ…朝鮮伝統の飲み物で、干し柿などの甘味とショウガ・桂皮(シナモン)の刺激を味わうもの



♪オススメ♪
チャ・スンウォンの甘いギター演奏と歌一節♪ 『スペイン下宿』 190419 EP.6



ハイテンションの巡礼者と一緒にスペイン下宿の楽しい夜 『スペイン下宿』 190419 EP.6



人生は美しい贈り物77歳のイタリアの巡礼者の話 『スペイン下宿』 190419 EP.6

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

merry  

歌声が素敵過ぎてしびれます❤️

素敵❤️
素敵過ぎますね~‼️
スンウォンさんの歌声✨

重低音の甘い歌声にうっとりo(*´д`*)o
おまけにギターまで‼️
うっとりです~~~❤️
あぁもう言葉にならない❤️

選曲もまた、いいですね~‼️
メロディが、なんだか懐かしく心に沁み入るような旋律で、これを咄嗟に選曲するスンウォンさん、素敵…❤️
また「叶わぬ愛」って、それスンウォンさんに対する私の気持ちではありませんか…
どうして~どうしてぇぇぇ~涙

ってスミマセン、どうしても何も…
つい心の声が←危ない(*≧∀≦)



それにしても、スンウォンさんはお若くして大恋愛の後のご結婚でしょうから、「叶わぬ愛」なんてあったのかしら…
結婚前の更にお若い頃にはそういうこともあったかも…
いえ、お若くしての結婚だからこそ、長い間にはそんな気持ちもご経験されたかも…
なんてことを、素敵な歌声からつい想いが巡ってしまいました…(余計なお世話です、スンウォンさん、スミマセン)。
深みがあるのですよ…スンウォンさんのお声も人生もお人柄も…。
それでつい←言い訳(*´σー`)エヘヘ


素敵な歌声から“大好き”とか“言葉にならない程の憧れ”とか“スンウォンさんと私の叶わぬ愛(妄想)”とか、いろいろな気持ちのプレゼントを受け取りました。←勝手に🤭
正に「人生は美しいプレゼント」ですね✨

まだまだまだこのスンウォンさんの歌声から、いろいろ受け取れそうな私です。

ハァ、何回聞いても素敵❤️


「キダリネ~🎶」も、本放送に是非とも入れて頂きたいですね‼️


なんだか素敵の連呼でスミマセンでした~‼️
でも、管理人さまも、チャ・スンウォン!ブログファンの皆さまも、そう思いましたよね‼️←無理やり(*^.^*)

やっとこの心の叫びを投稿出来て大満足です❤️
ありがとうございました🙇

2019/04/26 (Fri) 20:42
管理人

管理人  

To: merryさん


merryさん、コメントをありがとうございます。

「叶わぬ愛」はいわゆる昔流行した歌謡曲、というものだと思うのですが、しんみり&しっとりしたメロディーが、スンウォン氏の重低音の声にぴったりの曲だったように思います。

ワンコーラス程度しか歌ってくれませんでしたが、merryさんの切ない心の声が「ファンあるある」で(笑)コメントを楽しく読ませていただきました。スンウォン氏にも「叶わぬ愛」はあったのでしょうか…。

ファンになって以来、私もまさに毎日が「叶わぬ愛」だわ、と思いながら、弾き語りの動画を何度も鑑賞しました。

あれだけギターが弾けるということは、スンウォン氏には「ギターの持ち歌」があるのではないかと思います。みんなの前でちょっと恥ずかしそうに、でも歌を味わうように歌い上げたスンウォン氏でしたが、この「叶わぬ愛」を練習するスンウォン氏を想像して、「誰に聴かせたかったのだろう」と久しぶりに嫉妬の炎がくすぶり出しました(笑)

単に弾き語りを楽しみ、聴いた人にも楽しんでもらえるようにと選んで練習したのでしょうね、ええ、そうでしょうとも、きっと。

巡礼者への食事の準備が忙しく、『スペイン下宿』ではほとんどスンウォン氏の余暇のシーンが無いのが残念ですが、この弾き語りのシーンは長く語り継がれるスンウォン氏の「ベストシーン」の一つになることと思います。

ギターが弾けるって素敵ですねぇ♡目をつぶってあの歌を聴くと、スンウォン氏がまるで私のためだけに歌ってくれているような錯覚に陥ります。是非、お試しください♪

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2019/04/27 (Sat) 07:35

Like a child dreaming a sweet dream  

素敵なシーンでした。

管理人様。
お祭りはいつか終わると知っているのですが、寂しい気持ちになります。あと2回なのですね…。

第6回放送のハイライト、スンウォン氏の弾き語りのシーンは素敵でしたね。歌った歌は90年代の歌だとか(確かそうでしたよね?)。その頃ってスンウォン氏何してたのかしらと思ってみると、92年に結婚して、97年にテレビ・映画に出演し始め、と経歴にありました。
同い年のヘジン氏は?と(ウィキペディアで)見てみると、97年から活動開始と書いてあります。ヘジン氏は「高校時代から演劇を志して」いたそうなので、その間色々なことをされていたのでしょうね。

97年といえば、IMFによる韓国救済の年ですね。
で、1999年、90年代最後の年に『アタック ザ ガスステーション』で2人は映画で共演をする。

90年代って、1970年生まれの彼らの青春時代だったんだ、と思ってみると、声を合わせて90年代の流行歌を歌う2人のなんともいえない雰囲気というか情感というか、そんなものが映像から滲み出てくるような気がしました。

『スペイン下宿』、いやスペインじゃなくても、続編、そして日本語字幕付き放送を熱望します。
管理人様、いつもたくさんの記事や情報をありがとうございます。楽しませていただいています。感謝ですm(_ _)m。

2019/04/28 (Sun) 10:48
管理人

管理人  

To: Like a child dreaming a sweet dreamさん


Like a child dreaming a sweet dreamさん、コメントをありがとうございます。

お祭りの終わりはいつも寂しさが漂いますね。あと1回なのか、2回なのか、いずれにしても楽しいスペインのお祭りは終わりに近づいているようです。

弾き語りのシーンから、スンウォン氏とヘジン氏の歴史につながるポイントを見つけるところがさすがです。コメントを興味深く読みました。

スンウォン氏のほうが少し早く業界に足を踏みいれたようですが、同い年の彼らが俳優として作品に出演し始めた頃からの長いお付き合いなのですね。スンウォン氏はIMFの混乱の中で、食べていくためにモデルから俳優に転向したというような話をしていましたが、お互いに駆け出しの俳優の頃から、主演映画に出演するまでの俳優になるまでの間、山あり谷ありの道を歩んできたのでしょう。

長年の友人、と紹介される2人の関係は、単なる友人というよりは、同じ業界で高みを目指して進んでいく同志のようなものなのではないでしょうか。「叶わぬ愛」を歌う2人の歌声に、彼らの歴史が重なるようで、余興を越えて、おっしゃるように「なんともいえない雰囲気というか情感」を感じて胸が熱くなってしまいました。

2人のベテラン俳優がなぜバラエティー番組に出演するのか、なぜスペインまで行くのか。それはお互いがスンウォン氏であり、ヘジン氏であるからなのでしょう。この2人だからこそ、必ずや続編が作られることと思います。お祭りの終わりは始まりでもあるのです。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2019/04/29 (Mon) 01:00

コメントを書く/Comment