「チャ・スンウォン!」今週のまとめ記事(2019年4月2週)


スンウォン氏は今週、イベント出席のために台湾に向かいました。昨年10月のファンミーティング以来、6か月ぶりの訪問となりました。

イベントで身に着けた数千万円もするダイヤモンドのブローチ以上に、スンウォン氏の存在は会場でひときわ輝いていました。台湾のメディアでもスンウォン氏のイベント出席は大きく取り上げられ、現地での人気の高さを感じさせました。

チャスンウォン
<今週の一枚>
ひたすら見つめていたい。言葉はいらない。


やればできる、チャ・スンウォン。


「なんだー、やればできるじゃん!」というのが今回の台湾De Beersのイベントに出席したスンウォン氏を見た私の感想です。いきなり上から目線の感想で申し訳ありません(笑)

昨年の映画撮影に入った頃からスンウォン氏はヒゲを剃り、どこか「ナチュラルで柔和な」路線に行きたいのかなぁ、と思わせる雰囲気が漂っていました。

今年後半に公開される新作映画のためにイメージコントロールをしているのか、それとも本当に「かっこいい役を演じるのに疲れてしまって」イメージチェンジを図ろうとしているのか…と、個人的には大好きなヒゲが見られずにモヤモヤする日々が続いていました。

ヒゲを剃ったスンウォン氏が今後どういう方向に行きたいのかを占うことはさておき、ELLE台湾のインタビューを受けた時のスンウォン氏の写真に久々に衝撃を受けました。厳密に言うと、冒頭の「やればできるじゃん!」というのはこの写真を見た時に思わず漏れた言葉です。

『スペイン下宿』で見せる自然体で優しく温かいスンウォン氏も好きですが、やはりたまにはオーラが湧き出るようなスンウォン氏を見たいのです。ELLE台湾の写真はどれもが本当に素敵で、スンウォン氏のオーラを吸い込むように楽しんでおります(笑)

スンウォン氏がELLE台湾のインタビューで語っていたように、番組で見せる姿というのはあくまでも一面であり、メディアを通して私たちが見ているスンウォン氏もまたチャ・スンウォンという人物のほんの一面なのかもしれません。ダイヤモンドのような多面体であるからこそ、スンウォン氏は輝いていて、魅力的なのでしょう。

やればできるスンウォン氏の、様々な面を少しずつ知っていきたいと思います。


『スペイン下宿』日本放送決定


現在韓国で放送中の『スペイン下宿』の日本放送のニュースが入ってきました。6月11日(火)から、CS放送のMnetで放送が始まります。(☞ナ・ヨンソクPD最新作!チャ・スンウォン×ユ・ヘジンの「三食ごはん」コンビがスペインに下宿をオープン!「スペイン下宿」6月11日 日本初放送決定!

『三食ごはん』シリーズの続編とも言える『スペイン下宿』は好調な滑り出しを見せていることもあってか、驚くべき早さで日本上陸が決まりました。『三食ごはん』シリーズの時も、Mnetを皮切りに徐々に無料インターネット放送にも登場するようになりましたので、遅かれ早かれ、多くのファンが楽しめるようになるのでは、と思います。

Mnetでの放送タイトルは『スペイン下宿』となっており、このブログでは今まで『スペイン下宿』としていましたので、これを機に『スペイン下宿』に合わせることにしました。既にブログ記事内の表記は全て修正しましたので、今後は『スペイン下宿』でいきます。


スンウォン氏の予定


台湾でのイベントの際に記者会見があったようで、今年後半の予定や、新しい映画を撮影する話など、ファンにとっては大切な情報が盛りだくさんの会見になりました。スンウォン氏は台湾ファンミーティングの時にも話していましたが、初めてのファンクラブが台湾で誕生したということもあってか、台湾への思い入れが強いようです。

今回も、イベント会場に向かうスンウォン氏がファンに気付いて、わざわざ通行規制用のパーテーション(ポールの間にベルトが渡してあるもの)を外して近づいてサインをするというファンサービスをしたようです。気さくに、笑顔でファンサービスをするスンウォン氏を見て、羨ましいという思い以上に、ファンとの交流を楽しむスンウォン氏の嬉しそうな表情が印象に残りました。

台湾のメディアもこぞってスンウォン氏の動向を報じ、ファンもメディアも熱気に包まれた様子を見るにつけ、日本のファンやメディアはどこまで盛り上がることができるのだろう…というちょっとした不安を覚えることがあります。

今やワールドワイドに活躍するスンウォン氏ですから、どこの国のファンがどうだ、という応援合戦ではなく、もう少し広い視点を持って楽しんでいきたいと思います。スンウォン氏のファンとして、盛り上がっているよ!という気持ちをいつも発信していけたらなぁ、と改めて思いました。まずは自分の一歩から、ですね。

今週、写真家のキム・ウク氏のインスタグラムにスンウォン氏とのツーショットが掲載されました。どうやら広告の撮影のようで、近いうちに時代劇調のCMか広告が見られるかもしれません。楽しみです。
チャスンウォン キム・ウク
インスタグラム(@kimwook)より



盛りだくさんの一週間でした。ELLEのインタビュー記事のスンウォン氏があまりにもかっこいいので、真夜中に中国語の翻訳にとりかかったりして、睡眠不足の一週間でした。あの写真を眺めていると不思議と疲れも吹き飛ぶような気がして、あとはヒゲさえ伸ばしてくれれば言うことなしです(笑)

今週もご訪問ありがとうございました。なにぶん余裕がないので、誤字脱字や何かとんでもない間違いを犯しているような気もしつつ、ひたすらスンウォン氏の活躍を追いかけています。お気づきの点がありましたら是非コメントをお寄せください。どうぞ良い週末をお過ごしください。



今週の記事のまとめです。

▶4月7日 『スペイン下宿』第4話アルバム
▶4月9日 チャ・スンウォン氏台湾に到着(De Beersイベント)
▶4月9日 チャ・スンウォン氏出演『スペイン下宿』第5話予告動画
▶4月10日 チャ・スンウォン氏台湾De Beersイベントに出席
▶4月12日 チャ・スンウォン氏が台湾でのイベントで語ったこと
▶4月12日 チャ・スンウォン氏ELLE台湾インタビュー
▶4月13日 『スペイン下宿』第5話tvN公式動画集
▶4月13日 [web記事]『スペイン下宿』チャ・ペ・ジン、強制スペイン進出...現地ファンのサイン要請に”本当?”
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

Like a child dreaming a sweet dream  

同感です。

管理人様。
笑ってしまいました。
確かに「やればできるじゃん!」ですね。仰るとおり、久々のめっちゃかっこいいスンウォン氏を見て、充実した気分になりました。

管理人様が翻訳してくださった記事でスンウォン氏が、今まで持っていた野心や欲を「少しずつ取り除き、シンプルに行こうと思った」と話していました。そしてそれが「男性にとってとても大切なことなのです」とも。
スンウォン氏はその結果、「より寛大になり、リラックスして落ち着いている」状態になったと言っています。以前の自分は「より鋭い性格」、つまり受け入れられる範囲が限定的で、緊張していて神経質だったということでしょうか。
スンウォン氏がどの辺りの自分を思い起こしてそう言っているのか、興味があります。

野心でギラギラした野生動物みたいなスンウォン氏も素敵だったし、ピンと張った一本の糸みたいな緊張感を持ったスンウォン氏もかっこいいと思っていますが、ELLE台湾の写真の、「ご要望があればこんなかっこいい表情もできますけど?」みたいな余裕もまた素敵。
「心をリラックスさせ、そしてより快適にそしてより美しくそしてよりハンサムに生きる」ってなことを記事に書かれていますが、ずっと「美しい」を体現するのって大変だろうなと思う一方で、いやいやずっと体現していてください、と思うのがファンの気持ちというか欲というか。

管理人様の「やればできるじゃん!」に共感しました。6月のMnetの『スペイン下宿』は残念ながら見られませんが、管理人様の記事で断片的ながら番組の雰囲気を楽しませていただいています。先日の誤字の件、お手数をおかけしましたm(_ _)m。
いつもありがとうございますm(_ _)mm(_ _)m。

2019/04/14 (Sun) 13:52
管理人

管理人  

To: Like a child dreaming a sweet dreamさん


Like a child dreaming a sweet dreamさん、コメントをありがとうございます。

「やればできるじゃん!」に共感していただいて嬉しくなりました。

久しぶりにかっこよさ全開のスンウォン氏を見て胸がすくような爽快感を覚えました。大丈夫。自然体とかちょっとコミカルだとか、そういうキャラもスンウォン氏ですし、「かっこいいスイッチ」をONにしてカメラの前でポージングできるのもスンウォン氏、全部ひっくるめてチャ・スンウォンなのですから。

20年以上も俳優として活動してきたスンウォン氏は、いろいろな作品を経て、また年齢の変化を経て、俳優としての心もちにも変化があったようです。

自分のことを客観的に分析して、変化した点を理解し受け入れているところがスンウォン氏らしいように思いました。そしてそのことをオープンに話せるというのがすごいと思います。

いろいろな葛藤があっても、考えて認めて解決して進む。俳優とファンという関係ではあるものの、スンウォン氏の考え方や経験談を知ることで私の人生も少なからず良い影響を受けているように思います。知れば知るほど面白く、魅力ある人ですね。

目下、スンウォン氏は『スペイン下宿』の台所を切り盛りするチャシェフとして活躍しています。これからは映画の話題が続きそうですね。私も6月のMnet組ではないので、気長に待つことにしますが、少しだけでも背伸びをして、ニュース記事などから楽しい雰囲気を味わいたいと思っています。

いつもご訪問ありがとうございます。スンウォン氏を語る素敵な文章を読んで元気づけられました。またいらしてくださいね。

2019/04/14 (Sun) 22:08

コメントを書く/Comment