[web記事]『三食ごはん』海外版?『スペイン下宿』が見せてくれる「知っている味」


スペイン下宿 ナ・ヨンソクPD


「食べ物の中で一番怖いのは知っている味ではありませんか」

『三食ごはん』制作陣と出演者が団結して、しっかりとした「知っている味」を演出する。今月15日から始まるtvN金曜バラエティー『スペイン下宿』を通して。

12日午後、ソウル上岩洞(サンアムドン)のスタンフォードホテルで開かれた『スペイン下宿』(演出ナ・ヨンソク、チャン・ウンジョン)の記者懇談会で、作家キム・テジュは「知っている味をとても多く味わえるプログラム」と紹介した。この席には2人のプロデューサーも一緒に出席した。

『スペイン下宿』はタイトルの通り、スペインのビジャフランカ・デル・ビエルソ村に下宿を整えたスターたちの姿を盛り込む。

これを受け、俳優のチャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ペ・ジョンナムがサンティアゴ巡礼に訪れた旅行客を対象に、韓国料理と寝床を提供し、よその土地で会った韓国人たちに大切な思い出をプレゼントして帰ってきた。

これに対し、ナPDは「もともと『三食ごはん』の新シーズンを作ろうとしたが、出演者たちと会った席で”特別なことをしてみよう”という話が出た。”外国で三食ごはんをやってみようか”ということで下宿を運営することになり、スケールが大きくなった」と説明した。

「スペインに行った理由は、サンティアゴ巡礼道に関心があったからでした。最近韓国は大変厳しい状態ではないでしょうか。悩みのある若い人たちがたくさん行く所だといいます。また、800km近くある道に韓国料理店や韓国語が通じる宿泊施設が全くないという話に、私たちが彼ら(韓国人旅行客)にプレゼントのような一晩を提供できれば有意義かもしれないと思って、スペインに行くことになったのです。(ナ・ヨンソクPD)

こうした中、『スペイン下宿』は過去に『三食ごはん』シリーズで格別なユーモア感覚と息の合った様子を見せたチャ・スンウォン、ユ・ヘジンが再会するという点で期待と懸念を同時に受けた。面白さが保障されている一方、新しくはないという理由からである。制作陣も同じ悩みを抱えていたという。

スペイン下宿 ナ・ヨンソクPD


「懸念が現実になった」と笑ったナPDは「ユ・ヘジン、チャ・スンウォンが宇宙ステーションへ行っても同じことをしていると思う」としつつも「おそらく視聴者はユ・ヘジンとチャ・スンウォンのケミストリーというか、お互いの領域を犯さないながらも笑い見せる関係を見たいと思った。『三食ごはん』をまたやったとしても大いに楽しんでくださったと思うが、少し違った環境でお見せしたいというのが制作陣・出演者たちの共通した意志」と説明した。

「いつも韓国料理を食べている人ではなく、1カ月以上歩んできた人が疲れたとき、『スペイン下宿』で韓国料理に出会うことになります。実際にたくさんの人が幸せになりました。その上、私たちの下宿を過ぎると、全体の巡礼道で一番険しいところへ行くことになるので、私たちは彼ら(旅行客)にさらに大きな力を与えたのではないかと思います」(チャン・ウンジョンPD)

こうした中で、一部ではJTBCの『ヒョリの民宿』シリーズとの類似性を懸念する声もある。これに対しナPDは『スペイン下宿』だけの差別点として、1日にどんなお客さんが来るのか、さらには何人が訪問するのかさえ見積ることができなかったシステムを指摘した。

また、「わが国で巡礼道を訪れる人は宗教的な意味ではなく、プライベートな悩みを持っている場合が多かった。正直に言えば、企画する際に、こうした方々の話も少しは引き出せるのではないかと思った」と語った。しかし、ナPDの予想は見事に外れた。ユ・ヘジンの一言のためである。

「いざ行って撮影をする時に、お客さんを受け付けるユ・ヘジンさんが(宿泊客に)そんな質問を一言も言わないのですよ。「なぜ来たのですか」「どんな悩みがあるのですか」の代わりに、「どこか具合が悪いところはないか」「食べたいものは何か」、食事を終えれば「おいしく食べたか」出かけるお客さんには「元気に歩いてください」という程度の話ばかりするわけです。

結局私が「何をしているか聞いてみなければならないのではないか」と言ったら「ここに来る方々は誰もが何か苦しくて悩んで来たはずなのに、あえて私たちまで聞いてみるのは何の意味があるだろうか。私たちはおいしいご飯を炊いて暖かい寝床を与えればよい」という説明だった。そのため。『スペイン下宿』では、一般の旅行客の事情は全く出てきません。聞かなかったからです。ハハ。」(ナPD)

そうかと思えば、ペ・ジョンナムの出演も新しい。純粋さと情熱を同時に備えたお陰で「芸能界の売れっ子」に浮上したペ・ジョンナムは『スペイン下宿』で、いわゆる「ナ・ヨンソク師団」と初めて共演した。

これに対し、キム作家は「ジョンナムは体力がとても弱い。午後3~4時になると倒れる」と暴露しながらも「本人が体力がなければ、休んでいる姿がとても自然だった。実際、下宿の運営は厳しい。朝6時~7時に出勤して、宿泊客たちが寝る10時ぐらいに退社したからである。これほど長い撮影を制作陣も出演者もしたことがなかった」と肩を持った。

続いて下宿の仕事がない時は、ペ・ジョンナムが町内を歩き回ったとして「後には町の住民たちと親しくなり、ジョンナムが出て行くだけでみんな挨拶をした。親和性は世界のどこに行っても最高の友人」と親指を立てた。ナPDもペ・ジョンナムについて「本能に忠実だ」として「自分のご飯をより重要に考えて、自分が疲れると仕事をしない。しかしそれが憎らしくはなかった。素直で飾り気のない友人」と愛情を示した。

それなら『スペイン下宿』に対する出演者たちの反応はどうだったのだろうか。ナPDは「予想外だった」と切り出した。「制作陣は”再び『三食ごはん』に戻ろう”という反応を望んだが、”またやりたい”という言葉が返ってきた」ということである。

特に、チャ・スンウォンとユ・ヘジンが『スペイン下宿』を通して満足感を覚えたようだとして、「『三食ごはん』シリーズがチャ・スンウォン、ユ・ヘジンと制作陣など親しい人が作り上げる素朴な一日だったとするなら、『スペイン下宿』は私たちが知らないお客さんが来るからみんな緊張した。それが苦しくなると思ったのにむしろ満足していた」と話した。

続いて「それでも制作陣は『スペイン下宿』は今回で終え、再び島へ行くのが良いという考え」として『スペイン下宿』シーズン2の可能性を遮断して笑いを誘った。

(VIEWERSの記事を翻訳しました)
※管理人が適宜改行を加えました。

*この記事はVIEWERSのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

12日の制作発表会は、てっきりスンウォン氏たち出演者も出席するものと思い込んでいたため、ナ・ヨンソクPDとシン・ウンジョンPD、そして作家のキム・テジュ氏の3人のみの出席と分かり、正直ガッカリした気持ちを感じました。

それでも主にナ・ヨンソクPDが新番組の誕生秘話やコンセプトについて丁寧に答えたようです。

当初は『三食ごはん』の新シリーズを考えていたようですが、出演者との打ち合わせの中で、『スペイン下宿』のアイディアが生まれたようです。

『三食ごはん』との違いについて、各メディアは期待と不安を同時に伝えているようですが、新番組の『スペイン下宿』もスンウォン氏とヘジン氏という組み合わせがあるからこその魅力があるように思います。

会見の様子を読んでいて心に残ったのは、様々な悩みを抱えて巡礼道を歩いているであろう「客人」について、ヘジン氏があえてあれこれ質問せず、美味しい食事と暖かい寝床を提供することに専念したいという考えを持っていたということです。

余計な詮索をせず、疲れた客人に寄り添うように、心を込めておもてなしをする、という考え方が、とてもヘジン氏らしいように思えます。そんな考え方にスンウォン氏も賛同して、空腹を満たす温かい食事作りに励んだのではないでしょうか。

『三食ごはん』から続くスンウォン氏とヘジン氏の温かい友情、そして多くを語らずとも互いのできることをやりながら、一つの目標に向かって進むという基本的なことは変わらないと思います。変わらないからこそ楽しめる、なじんだ味のような番組になるのではないかと期待が高まります。

『スペイン下宿』、今週15日(金)夜9時10分からtvNで初放送です!

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

みなみ蟲  

はじめまして!

管理人さま、
はじめまして。みなみ蟲と申します。
去年突然ヘジンさんにはまって三食ごはんを観てからこちらのブログもこっそり読ませていただいていました。
今回は、さらにヘジンさんに惚れ直してしまうような(笑)、素敵な記事の翻訳ありがとうございました。スンウォンさんとのコンビ復活、とても楽しみです。
一言お礼が言いたくて書き込みしてしまいました。これからも楽しみにしています。

2019/03/13 (Wed) 12:41
管理人

管理人  

To: みなみ蟲さん


みなみ蟲さん、コメントをありがとうございます。

はじめまして。ユ・ヘジン氏のファンの方にもご訪問いただいていると分かり、とても嬉しくなりました。

昨日の制作発表は出演者の姿はありませんでしたが(残念!)「何も聞かずに食事と宿泊を提供した」というヘジン氏の温かく男らしい心遣いのエピソードを読んで目頭が熱くなりました。

『三食ごはん』から今度はスペインに移動しての新番組、きっとまたヘジン氏&スンウォン氏の”夫婦コンビ”が楽しいひとときを届けてくれることでしょう。

一緒に『スペインの下宿』を楽しみましょう!ヘジン氏への愛をまた綴ってください♪

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2019/03/13 (Wed) 21:58

コメントを書く/Comment