[web記事]チャ・スンウォン×ユ・へジン×ペ・ジョンナム『スペイン下宿』のイメージを公開


チャスンウォン ユ・ヘジン ペ・ジョンナム スペイン下宿


tvN新バラエティー番組『スペイン下宿』の代表イメージが公開された。

『スペイン下宿』はよその土地で会った韓国人に大切な思い出やプレゼントになる一日をプレゼントする内容を含むバラエティー番組。

ユ・へジン、チャ・スンウォン、ペ・ジョンナムが800キロに上るサンティアゴの巡礼路を歩く旅行客を対象に、美味しい韓国料理と温かいベッドのある下宿を提供する予定である。

彼らはサンティアゴ巡礼道に位置するスペインの小さな村「ビジャフランカ・デル・ビエルソ」で「アルベルゲ (Albergue)」を運営する。

「アルベルゲ」は巡礼の旅行者に安価で宿泊と食事を提供する下宿。チャ・スンウォンは優れた料理の実力で食事を作り、ユ・ヘジンはアルベルゲの維持・補修・物品製作など全般的な管理を担当する。画像の中の黄色い矢印のような道しるべもユ・ヘジンの作品。ペ・ジョンナムは2人の助っ人役を務めるという。

制作スタッフが公開した代表イメージでは、アルベルゲの前でポーズを取っているユ・ヘジン、チャ・スンウォン、ペ・ジョンナムの姿が目を引く。

「部屋あります!ごはんもありますよ!」という言葉が食事と宿泊をともに提供する『スペイン下宿』を直観的に表す。続いて、シェフのユニフォームを着たようなチャ・スンウォンと、モップを持ったユ・ヘジンの姿があたかも『三食ごはん』でお目見えした夫婦ケミストリーを連想させ、ゴム手袋をはめて明るく笑うペ・ジョンナムが彼らの下宿運営記に対する期待を高める。

初放送は15日午後9時10分。

(スポーツ韓国の記事を翻訳しました)

*この記事はスポーツ韓国のニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

初放送まであと1週間ちょっと。今日は『スペイン下宿』のポスターが公開されました。

スペインの日射しのもと、下宿前で写真に納まる出演者たちの笑顔がとても印象的です。記事の写真は少し小さかったので、拡大バージョンも載せておきます。

チャスンウォン ユ・ヘジン ペ・ジョンナム スペイン下宿

チャスンウォン ユ・ヘジン ペ・ジョンナム スペイン下宿

チャスンウォン ユ・ヘジン ペ・ジョンナム スペイン下宿

チャスンウォン ユ・ヘジン ペ・ジョンナム スペイン下宿


下宿運営が番組の目的ということで、ポスターもどことなくアットホームな雰囲気が流れているように思います。番組は違いますが、今までの『三食ごはん』シリーズのポスターともまた少し雰囲気が異なるようです。

過去のポスターを集めてみましたので比べてみてください。『三食ごはん』では赤いゴム手袋がトレードマークになったスンウォン氏でしたが、今回の『スペイン下宿』では…?あの緑のジャージ、ですかね?(笑)


チャスンウォン ユ・ヘジン チャン・グンソク 三食ごはん漁村編
幻の『三食ごはん漁村編』ポスター(チャン・グンソク氏が入っています)

チャスンウォン ユ・ヘジン ソン・ホジュン 三食ごはん漁村編
『三食ごはん漁村編』

チャスンウォン 三食ごはん漁村編
『三食ごはん漁村編』

チャスンウォン ユ・ヘジン 三食ごはん漁村編
『三食ごはん漁村編2』

チャスンウォン 三食ごはん漁村編
『三食ごはん漁村編2』

チャスンウォン ユ・ヘジン ソン・ホジュン ナム・ジュヒョク 三食ごはんコチャン編
『三食ごはんコチャン編』

チャスンウォン 三食ごはんコチャン編
『三食ごはんコチャン編』


関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

Like a child dreaming a sweet dream  

素敵なポスターですね。

管理人様。
とってもいい感じのポスターですね。中世的な建物の雰囲気と全くそぐわないようでもあり、それでいてものすごく調和がとれている感じもして、翳りのない明るさを感じるポスターだなと思います。
こだわっているわけではないのですが(^_^;)、緑のジャージのスンウォン氏、だがしかし驚くほどさっぱりと身綺麗な感じがいたします。

先日亡くなられた橋本治氏の『美男へのレッスン』を読み返していて、こんな記述を見つけました。

「美男は、オシャレなんかしない。身だしなみが整っていれば、もう『それ以上のこと』が必要ではないのが、美男というものの特質なのだ。美男は『調和』しか問題にしない。美男にとって、『目立つ』ということは『調和を乱す』ということでしかないのだから、美男は、『目立つためのオシャレ』なんかを絶対にしない。それができない体質が、美男というものの本質なのだ。」

『三食ごはん』のときも『スペインの下宿』のこの出で立ちも、スンウォン氏にはこの記述が該当するように思われます。なるほどそうなのね、と結構腑に落ちたのです。身だしなみに限らず、以前慶北大学の心理学の先生が「おじさん考」の中でさっくり無視した「美男」というものは多分、男性社会の中では異質な存在だから、彼らの世界の捉え方や思考の仕組みは、独特でもあるのだろうなと。

何はともあれ、『スペインの下宿』、スペインの明るい日差しが印象的な、愉快な物語になりそうですね。楽しみです。管理人様、いつも楽しい記事をありがとうございますm(_ _)m。

2019/03/10 (Sun) 11:19
管理人

管理人  

To: Like a child dreaming a sweet dreamさん


Like a child dreaming a sweet dreamさん、コメントをありがとうございます。

歴史を感じる建物の前でそれぞれが作業に適した服装をしてこちらを向いて笑っているポスターは、確かにそぐわないようにも見えるものの、スペインの日差しに照らされた彼らの顔からは客人を迎える温かいオーラが出ているように思います。

スンウォン氏がなぜ緑のジャージなのか。ヘジン氏と色違いで揃えたジャージなのかもしれませんし、あえてビビッドな緑を画面に加えようとモデルの本能がそうさせたのかもしれません。緑のジャージ問題が番組本編で解き明かされることを願っています。

橋本治氏の文章を興味深く読みました。身だしなみさえクリアすれば美男はもうそれで美男、というのは説得力があります。

以前にスンウォン氏が、「クラシックでシンプルなファッションを好む」とインタビューで答えていたのを思い出しました。基本に忠実で実用的、デザインよりもフィット感、度を越してはならず、全体的な調和が重要、と答えたスンウォン氏のポリシーは橋本治氏の「美男」に当てはまるように思います。(お時間がありましたら、記事番号22[web記事]俳優チャ・スンウォン「最小限簡素に。 食べた分、運動するべし」の過去記事を是非♪)

バラエティー番組で、しかも下宿の台所を切り盛りする担当となれば、こざっぱりしたファッションを選んだのはスンウォン氏なりのTPOなのでしょう。なぜ緑の、しかもジャージかという疑問は残りますが…(笑)

マンジェ島、コチャンに続き、私たちにスペインの風を届けてくれそうな新番組が楽しみです。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2019/03/10 (Sun) 15:33

コメントを書く/Comment