「チャ・スンウォン!」今週のまとめ記事(2019年1月5週/2月1週)


2月に入りました。スンウォン氏の新バラエティー番組『ヨーロッパの下宿屋(仮題)』は、2月に撮影に出発するという情報がありましたので、いよいよ今月から下宿屋の女将(?)が始動ですね。

今週は静かな一週間でしたが、これから少しずつ新番組の情報が入ってくるでしょうから、もう少しの辛抱だと思って楽しみに待ちたいと思います。

チャスンウォン ブログ
<今週の一枚>
来週は旧正月です♪


旧正月


ニュースのない静かな日々に慣れてしまいましたので、今週も「いつもの静かな感じ」が漂う一週間でした。うっかりしていたのですが、韓国は来週4日から6日までが旧正月(ソルラル)でお休みなのですね。

土日から連続すると6日間の大型連休ですので、さすがにこの時期に撮影のために出発するというのはないかなぁ、と予想しています。

ヨーロッパ行きを控えているので、旧正月はご家族と水入らず…でしょうか。スンウォン氏はこれからが忙しくなりそうなので、風邪などひかず十分に充電して、新バラエティー番組の撮影に臨んでほしいと思っています。

ニュースが少なく、更新が滞りがちなブログですが、『三食ごはん』のレシピ記事や関連記事に毎日多くのアクセスがあります。

スンウォン氏が2015年から3シーズンにわたって出演した『三食ごはん漁村編』と『三食ごはんコチャン編』の人気は絶大でした。俳優としてのスンウォン氏ではなく、素のスンウォン氏を見ることができる貴重な番組でもありますし、主婦も真っ青のお料理の腕前も大きな見どころでした。

新番組もスンウォン氏の新たな魅力を見つけることができる番組になることでしょう。新たなスンウォン氏の旅立ちを待ちながら、全力で追いかけていきたいと思います。


読者、投稿者あってのブログです


今週もまた、あれこれとネタ探しに悩みながらも、ようやく重い腰を上げてスンウォン氏の作品紹介の記事を一つ発信しました。

ざっくりとあらすじを書くのにも苦労して、先が思いやられるのですが、昨年みなさんにご協力いただいた読者投票「☞あなたの一番好きなスンウォン氏の作品は?」に寄せられたコメントによって、記事がとても充実したものになりました。

ファンの中には、スンウォン氏の作品を全て見終わった方もいらっしゃるでしょうし、私のようにまだまだ見ていない作品がある方もたくさんいらっしゃることでしょう。それぞれ、視聴の進み具合は違いますが、作品を見る上での見どころを知ったり、見終わった方同士で好きなシーンを語り合ったりと楽しみ方は何通りもあると思います。

何度も作品を見て楽しむために、あなた自身が感じた「面白かったところ、心に残ったシーン、好きなセリフ」などを是非コメントとしてお寄せください。

共有することで生まれる楽しみを大切にしたいと思いますし、「まだ見ていない方たち」に贈る、見どころシーンや推薦のコメントも歓迎します。ファン同士で次々とバトンをつないでいくように、知識や思いや情報を共有しながらスンウォン氏の出演作品を味わい尽くしていきたいと思っています。



1月3週の「まとめ記事」でお知らせしましたように、現在稼働中の掲示板は今月末を持ってサービス終了となってしまうため、別の掲示板に移行する予定です。

シンプルな掲示板を見つけましたので、使い方を学んでいる最中です。準備ができ次第、新しい掲示板に移行しようと思っていますので、今しばらくお待ちください。場所を移して掲示板を存続できそうで、まずはホッとしています。

今週もご訪問ありがとうございました。どうぞ良い週末をお過ごしください。


今週の記事のまとめです。

▶1月30日 チャ・スンウォン氏作品紹介『最高の愛』
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.

ku-man  

3食ごはん

まだ漁村編の全ては見終わってはいませんが先にコチャン編を見終わりました。スンウォン氏作品ではまだ見ていない作品がありますが3食ごはんは素のスンウォン氏やへジン氏との掛け合いも好きで大変気に入っております。気に入った作品は何度も見直す私ですがスンウォン氏を見ていると必ずお料理と片付けをしなくては!と言う衝動に駆られる程、影響力があるように感じられ、時折みせるへジン氏のやんわりした雰囲気が丁度良い関係に思えました。そんな風に見ていたらへジン氏作品にも目を向けてみたくなりました。この掲示板も終了との事でとても残念ですが最後まで拝見させて頂きますね。いつもご丁寧な返信に感謝致します。

2019/02/05 (Tue) 16:29
管理人

管理人  

To: ku-manさん


ku-manさん、コメントをありがとうございます。

漁村編は魚がなかなか釣れなくて、食材確保に苦労したというのが強く印象に残っています。ヘジン氏が寒い中でじっと糸を垂れていた姿が泣けました。スンウォン氏も少ない食材で工夫して食事を作ろうと苦労していましたね。

二人のさりげない気遣いや思いやりに心が温まり、主婦以上の能力を発揮するスンウォン氏に随分励まされました。

ヘジン氏は三食シリーズの後に、立て続けにヒット作に恵まれ、映画界で活躍を続けているようです。スンウォン氏も今年は主演映画が公開されますし、三食ファミリーの活躍のニュースを聞くのは本当に嬉しいですね。

ブログとは別に「掲示板」がありまして、その名の通り、みなさんがスンウォン氏の作品や活動について好きなことを投稿できる場所になっています。

今回、掲示板を運営する会社がサービス終了を発表したため、別の掲示板サービスを利用して、掲示板を存続させる予定です。ブログはもちろんこのまま続きますし、ブログのコメント欄も変わらずありますので、またのコメントをお待ちしています♪

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2019/02/05 (Tue) 23:22

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/02/06 (Wed) 12:24
管理人

管理人  

To: 「スンウォン氏とへジン氏の年の差が気になったのですが同じ年代だったのですね」とコメントをくださった方


「スンウォン氏とへジン氏の年の差が気になったのですが同じ年代だったのですね」とコメントをくださった方、ありがとうございます。

スンウォン氏が1970年6月生まれ、ヘジン氏が1970年1月生まれですので同い年、ヘジン氏の方がちょっと先輩ですね。日本だと学年は1つ違うことになりますが、韓国ではどうなのでしょう?韓国は年齢の数え方が少し異なるようですので、お二人とも今年で50歳ということになるようです。(日本式だと49歳ですが)

スンウォン氏とヘジン氏が主演として共演した映画『里長と郡守』は残念ながら日本では公開されていませんが、それよりも前にいくつかの映画で共演しているようです。長年の友情がバラエティー番組として形になり、ファンの私たちも楽しませてもらえるのは本当に素敵なことですね。

「スンウォン氏一押し作品」のリクエストをありがとうございます。あれもこれもと思い浮かびますが、三大ドラマの『シティーホール』『アテナ』『最高の愛』もさることながら、映画『雲を抜けた月のように』の鬼気迫る役が印象に残っています。バイオレンスシーンに抵抗が無ければ、『ハイヒールの男』もお薦めです。どちらも”普通ではない役”ですが、哀しみを感じさせる絶妙の役作りと演技に惹かれました。

ブログでは以前に読者投票で好きな作品のアンケート調査を行いました。画面の一番上に「記事一覧」というリンクがありますので、そこから1572番の記事「読者投票『あなたの一番好きなスンウォン氏の作品は?』結果発表」を探していただくと、アンケートの調査結果を見ることができます。ファンのみなさんのおすすめコメントがきっとお役に立つことと思います。

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2019/02/07 (Thu) 00:05

ku-man  

管理人様へ

おはようございます。
いつも迅速且つ丁寧な返信をありがとうございます。
へジン氏とスンウォン氏は映画作品で共演されていたのですね!
まだまだスンウォン氏に対して勉強不足で恥ずかしいですがこうやって教えて頂き嬉しい限りですよ。
また新、掲示板のお引越しも承知致しました。また一押し作品で【雲を抜けた月のように】も早速探してみる事にしますね。【ハイヒールの男】は気になっていた作品の1つでしたので一押し作品に含まれていたので益々鑑賞が楽しみです。もともと海外ドラマ・映画が小さい時から好きで今ではどんなジャンルも楽しく見る事ができるので大丈夫です。
また掲示板にある読者一押しスンウォン氏作品投票も拝見させて頂きますね。ありがとうございました。

2019/02/07 (Thu) 07:00
管理人

管理人  

To: ku-manさん


ku-manさん、コメントをありがとうございます。

スンウォン氏の芸歴は長いので、私がファンになるずっと前から、いろいろな作品に出演してきました。過去の活躍をその時に一緒に楽しめなかったことは残念ですが、残されている記事や作品を通して、時を超えて楽しんでいるように思います。

私もまだ見ていない作品がありますので、大きな顔はできませんが、ファンの方たちから寄せられる作品の感想、見どころの情報がとても役に立っています。ファン同士でお薦めの作品を紹介したりして、スンウォン氏の作品がたくさんの方に鑑賞されることを願っています。

スンウォン氏のニュースが少ない今こそ、過去の作品をじっくりと鑑賞するチャンスかもしれません。

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2019/02/07 (Thu) 23:57

コメントを書く/Comment