[web記事]チャ・スンウォン、台湾ファンミーティング盛況...1200人と幸せな2時間”あっという間”


チャスンウォン 台湾 ファンミーティング


俳優チャ・スンウォンの品格あふれる台湾ファンミーティングが盛況のうちに終了した。

チャ・スンウォンは、今月14日夕方、台湾の台北国際コンベンションセンター(TICC)で1200人余りのファンと忘れられない時間を過ごした。

舞台の中央ではなく、客席側からいきなり登場して歓声を受けたチャ・スンウォンは、ファンの手をひとりひとり握って挨拶しながら観客の前に出た。ひとりひとりに送る甘い目つきと思いやり深いマナーが、イベント序盤から台湾ファンを沸かせた。

チャスンウォン 台湾 ファンミーティング


「4年ぶりに台湾ファンを訪ねたが、こんなにたくさん来ていただいて歓迎していただき、感謝する」と挨拶したチャ・スンウォンは、ファンの質問に率直ながらも愉快な回答で和気あいあいとした雰囲気を作り出した。

チャ・スンウォンは現在、トレードマークのような口ひげを剃った状態である。これについて彼は「撮影中の映画のためにひげを剃った。最初は私もぎこちなかったが、5~6カ月も経っているので慣れて大丈夫であるようだ」と答え、客席は「かっこいい」「スンウォンオッパ最高」と肯定的に応えた。

「○×クイズ - All about チャ・スンウォン」のコーナーでは、ファンが相次いで正解して、現場の雰囲気を盛り上げた。ポータルサイトに間違って登録された情報など、些細なことまで隅から隅まで知り尽くしているファンが多く、チャ・スンウォンを驚かせた。”3分でチャ・スンウォンを描く”コーナーでは、さまざまな実力者(?)が登場してみんなを楽しませた。チャ・スンウォンは未完の絵を見た後「これは何だ!」という冗談を連発して客席を笑いの海にした。しかし、彼はファンの絵を完成させてサインをするなど格別の愛情を示した。

チャスンウォン 台湾 ファンミーティング


チャ・スンウォンは映画『毒戦』やドラマ『花遊記』、バラエティー『三食ごはん』など、最近愛された作品と、来年公開予定の映画『元気を出して、ミスター・リー』に関する裏話も伝えた。

『三食ごはん』で愛された理由については「有名シェフのような料理はできないが、私の持つ小さな才能がこの番組に出会い、多くの方々に面白味とヒーリングを与えたのではないかと思う」と謙遜し、「その人気の理由を私は正確に推しはかることができない。しかし、簡素な食卓であっても、親密な人と一緒にする時の喜びは倍増する。それが私たちが考えた小さな幸せの基準と関係があるのではないか」と推測した。

『元気を出して、ミスター・リー』については、「知能は人よりやや低いが、運動は好きな特殊な設定がある男が主人公です。作品のために以前より運動を頑張った」と腕の筋肉を見せて、ファンを注目させた。

チャスンウォン 台湾 ファンミーティング


台湾はチャ・スンウォンが海外でのファンミーティングを初めて行った場所なので、彼の感慨もひとしおだった。チャ・スンウォンは「他の場所で会ったファンが”台湾から来た”と言えば、さらに特別な気持ちがするのが事実である」と話した。

有終の美を飾ったのは、ファンへのチャ・スンウォンの率直な心だった。自撮り写真を撮りながら、思い出を大切に保存したチャ・スンウォンは「次はもっと素敵な人になって来たい。今日は本当に幸せいっぱいの時間だった」として、「意地悪にいたずらをたくさんしましたが、大目に見ていただいて、また会いましょう。愛しています」と感謝した。

これに先立ち、ファンミーティング前には、より多くの人と写真を撮るために自らアイディアを出したり、ハイタッチの方法などを提示して主催側を感心させた。

チャ・スンウォンはファンミーティングの後、特別イベントとして進められた”Tea time with チャ・スンウォン”で抽選で選ばれた5人とさらに率直な話を交わし、注目を集めた。

今回のファンミーティングのチケットは、先月に前売りオープンされるや否や高い関心を集め、台湾での変わらぬ彼の人気を実感させた。イベント前日の夜、桃園空港に到着したチャ・スンウォンと、プレゼントや花束を渡す数十人のファン、数多くの現地メディアが一ヶ所に混ざり合って移動が難しかったほどである。現地メディアは、主催側が準備したインタビューの席でも様々な質問をするなど、熱い取材競争を繰り広げた。

所属事務所のYGエンターテインメントの関係者は「チャ・スンウォンの台湾人気を実感したファンミーティングだった」として「俳優チャ・スンウォンだけでなく、ファンの皆さんの高級な品格があふれる現場だった」と伝えた。

(スポーツ朝鮮の記事を翻訳しました)

*この記事はスポーツ朝鮮のニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

昨日はまず大量の写真を楽しみましたが、今日になって韓国内のメディアで一斉にファンミーティングの様子が報じられました。

スンウォン氏のトークに加えて、クイズやお絵かきイベントなど、楽しいファンミーティングになったようですね。スンウォン氏がとてもカジュアルな格好でファンミーティングに臨んだのには、初めてのファンミーティング開催の地に戻ってきた、という台湾のファンに対する親しみと感謝の意味がこもっていたのでは…と思いました。

日本でのファンミーティングよりも少し長い2時間という時間は、あっという間に過ぎてしまったようです。スンウォン氏にとって思い入れのある地での久しぶりのファンミーティングということで、ファンはもちろん、スンウォン氏自身にも良い充電になったのではないかと、ニュース記事を嬉しく読みました。

ファン、といっても一人一人の個性や応援方法は違います。もちろんお国柄、というような個性もあることでしょう。日本のファンはスンウォン氏にとってはどんなファンとして受け止められているのか、ということを考えさせられた今回の台湾ファンミーティングでもありました。

ファンミーティングはファンにとってもスンウォン氏にとっても、同じ空間で直接会えるという、この上なく楽しく密度の濃い時間を過ごせます。次の日本ファンミーティングは満席の客席から声援を送りたい、という思いとともに、ありきたりではなく、何か日本のファンらしい方法で、スンウォン氏を長く応援していく道もあるのではないか、という思いも湧き上がってきました。

次回のファンミーティングが待ちきれない思いと、ファンミーティングだけがファン活動じゃない、という相反する思いは、私の心の中で常に同居しているのです。何なのでしょうね、このちょっとモヤっとした思いは。

大盛況のファンミーティングの話に水を差してしまいました。「愛しています」なんて言われちゃって、台湾のファンの方たちがうらやましいなぁー!いいなぁ~!というジェラシーも燃やしつつ、スンウォン氏が本当にリラックスして楽しそうにしている様子を見て、私も久しぶりに幸せな気持ちになりました。

次は日本です。(たぶん)スンウォン氏のとびきりの笑顔が見られるよう、日々スンウォン氏の話題を発信しながら、首を長くしてスンウォン氏の来日を待ちたいと思います。

最後になってしまいましたが、久しぶりに見たスンウォン氏のあまりのマッチョぶりに驚きました。映画の役作りのために、いつも以上にトレーニングに励んだ結果だったようですね。美しい腕の筋肉に目が行ってしまい、ファンミーティングの写真から目が離せません(笑)

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

Like a child dreaming a sweet dream  

管理人様。
台湾のファンミーティング、とても和やかな感じでいいですね。
多分二階席を見上げているのであろうスンウォン氏の、穏やかな満ち足りた感じの笑顔がいいなと思いました。
「運動を頑張った」スンウォン氏の胸板とか二の腕とか、確かに逞しくなっていて、穏やかで柔和な顔つきとアンバランスなような、でもこれが本来の強い人間のバランスなんだろうなと思ってみたりします。
相変わらずのスンウォン氏の骨っぽい言葉に、やっぱりこの人素敵だなと思いました。日本でのファンミーティングを切望します。わたしもスンウォン氏とお茶したい!です。

2018/10/17 (Wed) 00:11
管理人

管理人  


Like a child dreaming a sweet dreamさん、コメントをありがとうございます。

和やかでアットホームな雰囲気のファンミーティング、という印象を受けました。何よりもスンウォン氏の穏やかな笑顔が心に残りました。

手を振るスンウォン氏の腕が、いや、上半身全体が一回りくらい大きくなっているのには驚きました。普段から鍛えているスンウォン氏がさらに鍛えたので、アスリートみたいな身体になっていますね。役作りとはいえ、あれだけ筋肉量が上がれば、以前のスーツも入らないのでは…と余計な心配をしてしまいました。

前髪を下ろし、柔和な顔つきのスンウォン氏はまだ映画の役柄が残っているようにも見えました。「チョルス」もまたギャップのある人物のように思えます。作品をまた一つ作り上げ、ひと仕事終えたスンウォン氏の表情からは、達成感の他に内面の進化まで読み取れるようでした。ゆっくりお茶をしながら、その辺を聞いてみたい!です。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2018/10/17 (Wed) 00:23

コメントを書く/Comment