大邱(テグ)、映画・ドラマの背景として人気…”撮影聖地と呼ばれる”


元気を出して、ミスターリー


『元気を出して、ミスター・リー』市民野球場で撮影準備 東城路(トンソンノ)・東大邱(トンデグ)駅盛り込む…市、場所を積極的支援

6日午後、大邱(テグ)市北区、大邱市民野球場では映画撮影スタッフ10人余りが撮影準備に余念がない。

イ・ギェビョク監督、チャ・スンウォンさんが主演する映画『元気を出して、ミスター・リー』の撮影現場である。近くの住民も撮影会場周辺に三々五々集まって珍しそうに撮影の様子を見守った。

撮影チームはこの日だけでなく、去る7月17日に東大邱(トンデグ)駅で初めての撮影があった後、大邱(テグ)で9回目の撮影である。秋夕(チュソク)の連休前まで、大邱(テグ)で3回程度の撮影がさらに行われる予定だと映画の撮影チームは明らかにした。

撮影チームは、これまで東城路(トンソンノ)、大邱市民野球場、東大邱駅など、各地で撮影を進行した。

市民はソーシャルネットワークサービス(SNS)などを通じて、チャ・スンウォンさんを見たという書き込みを掲載し、大邱(テグ)で映画撮影があるという噂が出回った。

映画の撮影チーム関係者は「この映画は、大邱が背景である。大邱市と大邱市民が映画の撮影に多くの助けになった」と満足していた。

大邱は映画やドラマのロケ地として人気がある。

去る7月26日、人気裏に終映したドラマ『キム秘書がなぜそうか』にも、大邱(テグ)山の展望台、西門市場(ソムンシジャン)など、大邱の有名な観光地が出てきたりした。

昨年12月から3月までドラマ『四子』の撮影が中区南山洞(ナムサンドン)と西門夜市(ソムンヤシジャン)、大邱樹木園などで行われた。

制作陣は昨年11月の1ヵ月間、大邱(テグ)の主要観光地を現地調査した後、大邱を”丸ごと”ドラマに盛り込むことに決定したという。

これに先立ち、昨年9~10月に放送された8部作ドラマ『ランジェリー少女時代』が青蘿の丘(チョンナオンドク)、不老洞(プルロドン)古墳群、南山小学校、慶尚監営(キョンサンカミョン)公園、達城(タルソン)公園などで撮影された。

2015年には『オー・マイ・ビーナス』に峨洋(アヤン)汽車道とキムグァンソク通りが登場した。

この年2~8月に放送された『青い鳥の家』は都市鉄道3号線のモノレール、近代路地ツアー、国債報償運動記念公園、寿城池(スソンモッ)遊園地、ホルモン横丁で撮影した。

大邱市側は「ドラマに大邱の主要観光地が登場する場合、相当な相乗効果がみられる。映画撮影がよく行われるように撮影地渉外など積極的に支援している」と明らかにした。

(大邱日報の記事を翻訳しました)

*この記事は大邱日報のニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

大邱(テグ)の地元紙のニュースに、スンウォン氏の主演映画『元気を出して、ミスター・リー(仮題)』の撮影の話題が取り上げられました。

映画は大邱が背景になっているということで、7月末から大邱での撮影が始まったようです。スンウォン氏の撮影を目撃した方たちが、インスタグラムなどに写真をアップしたため、大邱での撮影は日本にいるファンの間でもすっかり有名ですね。

大邱ではもう9回目の撮影ということで、スンウォン氏は今年の夏は大邱で過ごすことが多かったようです。

今週はスンウォン氏が自身のインスタグラムに、大邱で撮影中というコメント共に写真をアップしました。大邱市民は大フィーバーでしょうね。SNSの情報もあってか、現場にはたくさんの人が集まったようです。スンウォン氏のコメントにも「人がすごい」とありました。

映画の撮影については公式にはまだ写真が出ておらず、スンウォン氏のあのパンチパーマに白Tシャツ姿は”見なかったこと”にしなければならないようです。そうはいってもSNSにロケ撮影の様子がたくさんアップされていますので、少しだけご紹介します。

動画でスンウォン氏の右側を歩いている、白い長袖シャツの方はイ・ギェビョク監督です。

今年の秋夕(チュソク)は9月23日から25日までですので、それまであと3回くらいの撮影があるようです。スンウォン氏の大邱通いはしばらく続きそうですね。



チャスンウォン
インスタグラム(@w.d.jeong27)より
一部ぼかしを加えました。

チャスンウォン
インスタグラム(@ye_11.11)より
一部ぼかしを加えました。

チャスンウォン
インスタグラム(@lovelyenn)より
一部ぼかしを加えました。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment