チャ・スンウォン氏主演映画『元気を出して、ミスター・リー』いよいよ撮影開始へ - チャ・スンウォン!(非公式ファンサイト)

チャ・スンウォン !

チャスンウォン 非公式ファンサイト チャ・スンウォン ブログ

チャ・スンウォン氏主演映画『元気を出して、ミスター・リー』いよいよ撮影開始へ


チャスンウォン インスタグラム
チャ・スンウォンを探せ!
インスタグラム(@syd_lim)より


スンウォン氏が主演を務める映画『元気を出して、ミスター・リー(原題)』が7月からの撮影に向けていよいよ動き出したようです。


冒頭の写真は、インスタグラムに掲載された『元気を出して、ミスター・リー(原題)』の台本リーディングの様子です。写真をよく見てみると、右端に黒いシャツを着た見覚えのあるスンウォン氏の顔が!

中心のやや右には腕組みをした俳優ソン・ジル氏が見えます。ソン・ジル氏はドラマ『花遊記』で須菩提祖師を務めた俳優さんで、スンウォン氏とはいろいろな作品で共演しています。

『毒戦』で共演したパク・ヘジュン氏もこの映画に出演することが決まっていますが、写真の中にはいないようです。

6月21日には、撮影の無事や安全を祈願して行われる告祀(コサ)と呼ばれる、韓国の伝統的な儀式が行われたようです。SNSに上がっている写真を総合して考えてみると、告祀(コサ)と台本リーディングはともに6月21日に行われたようです。

元気を出して、ミスター・リー
インスタグラム(@yuleum_2002)より
後ろの横断幕翻訳:映画『元気を出して、ミスター・リー』の無事撮影をお祈りいたします
制作ヨンフィルム、共同制作DexterStudios、提供/配給NEW


元気を出して、ミスター・リー
インスタグラム(@yongfilm.inc)より

元気を出して、ミスター・リー
インスタグラム(@yongfilm.inc)より


告祀(コサ)の写真をよーく見てみると、祭壇に積んである柑橘類の下に映っている、黒いTシャツを着た男性がスンウォン氏ではないかと思うのですが、いかがでしょうか?主演俳優ですからきっとどこかには座っていたはずですよね。

7月から撮影開始という情報が出ていますので、もう少ししたら映画に関するニュース記事が出てくるのではないかと思います。

先週の記事ですが、『元気を出して、ミスター・リー(原題)』についての記事をご紹介します。


[web記事]チャ・スンウォン印「ヒューマンコミック」期待してください

2018.6.11 スポーツ東亜

チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン


『元気を出して、ミスター・リー』7月に撮影開始
2年ぶりのスクリーン主演作期待満開


ウォーミングアップはもう終わった。新たに前だけを見て走っていくところである。

俳優チャ・スンウォンが、スクリーンのウォーミングアップを終え、再び観客との出会いを予告した。チャ・スンウォンは7月、新作映画『元気を出して、ミスター・リー』の撮影を開始する。最近の興行作『毒戦(ドクジョン)』に”特別出演”として名を連ねて好評を博した後、完全なスクリーン主演で再び観客に会うことになる。

『元気を出して、ミスター・リー』は、2016年、697万人あまりの観客を集めた『ラッキー』のイ・ギェビョク監督の新作。チャ・スンウォンは知能が低くなった父で、病気の娘との話を展開し、濃い父性愛を描くヒューマンコメディージャンルの主演としてカメラの前に立つ。

チャ・スンウォンは2016年、映画『古山子、大東輿地図(こさんじゃ だいとうよちず/邦題:古山子 王朝に背いた男)』で1年余りの長い作業とその結果を示した。しかし、期待に及ばない不振で物足りなさを飲み込んだ。今年、ケーブルチャンネルtvNのドラマ『花遊記』で久しぶりにお茶の間に戻ったが、ドラマ以外の痛みと議論でその活躍ぶりを眺める一定の視線を集めることができなかった。

そして最近『毒戦』でその存在感を遺憾なく発揮している。主演級俳優の名前の価値よりは少ない割合だったが、強烈な個性で観客の視線を集め、”特別出演”の活躍以上の力を発揮した。

したがって、『元気を出して、ミスター・リー』は、チャ・スンウォンにはもう一つの分岐点になるような作品になるものとみられる。最近2~3年の間に経験した浮き沈みの状況を整理する舞台だからである。特に、自身の特長の一つであるヒューマンコミックの雰囲気でもう一度勝負の賭けに出る。チョン・ヘビン、パク・ヘジュンなどと共にするその勝負の結実が来年現れる見込みである。

(スポーツ東亜の記事を翻訳しました)


*この記事はスポーツ東亜のニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

関連記事

コメントを書く
(댓글/Comment)

コメントには管理人から返信を差し上げます。(댓글에는 관리인이 답장을 드립니다/Blog manager will reply you. Please come back again.)



管理者にだけ表示を許可する (비공개 댓글/Private comment)