[web記事]『毒戦』に欠かせない興行功臣、特別出演チャ・スンウォンの狂気の存在感


チャスンウォン 毒戦 ブライアン


『毒戦』の興行功臣にチャ・スンウォンが欠かせない。

愚直に独自の演技観を展開している俳優のチャ・スンウォンの真価が今一度明らかになった。6月3日、累積観客300万人を突破した映画『毒戦』(監督イ・ヘヨン)を通じてである。

チャ・スンウォンは『毒戦』で幽霊麻薬密売組織の隠された人物であるブライアン理事として役目を200%以上やり遂げた。この集団の首長であるイ先生を探す刑事ウォノ(チョ・ジヌン)の旅が盛り込まれた映画の”切り札”と言ってもよいほどである。

映画のジャンル的な面白さのためのキャラクタービルドが完璧に具現された感じは、チャ・スンウォンの演技のおかげである。劇中盤、ブライアンの登場はウォノとラク(リュ・ジュンヨル)が気にするとともに、観客の好奇心まで増幅させる。劇の展開を単調にさせない重要な任務を果たした。

”ウォノが探し続けているイ先生は誰なのか?”ということを退屈させないように解いていくのがこの映画の一次的であり、同時に重要な目標である。全体の流れから、決して単純になってはならない部分である。

その組まれた枠組みの中で、チャ・スンウォンの演技は千変万化した。ジン・ハリム(キム・ジュヒョク)やパク・ソンチャン(パク・ヘジュン)とは別の悪意の性質を持ったブライアンのキャラクターは、チャ・スンウォンという俳優に出会い、映像で表現されなければならない部分が完全に生き返った。その快感と面白さは観客に過不足なく伝えられる。

特に、チャ・スンウォンが引き受けたブライアンは、それほど素敵に見える人物ではなかった。初めて登場した時、ぎこちなく見える”少女の髪型”が観客の頭をかしげさせたが、杞憂だった。善と悪がはっきり見えるチャ・スンウォンの相反した演技に、ヘアスタイルは問題にならなかった。ユニークかつ強烈にキャラクターを消化したチャ・スンウォンの功が大きい。

チャ・スンウォンは最後の登場までも観客の関心を集める。慈愛と残酷さ・すさまじさが同時に漂う、両極端のブライアンの二重の姿が完全に表出されたという評価が優勢である。特別出演だったが、その使い方による魅力はまさに”狂気の存在感”そのものである。

チャ・スンウォンは「観客がブライアンに関心を持ってくださって感謝する。『毒戦』を好んでくださって本当に気持ちがよい」と話した。

(ニュースエンの記事を翻訳しました)

*この記事はニュースエンのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

特別出演のスンウォン氏の演技も、300万人達成の快挙を成し遂げる大きな力になったに違いありません。”切り札”や”狂気の存在感”という、とても強い表現で形容されているスンウォン氏の演技は、それだけ強烈で印象に残るものだったのでしょう。

『毒戦』を構成する俳優の一人として、スンウォン氏がこのように熱く激しい好評価を受けるというのは本当に嬉しいですね。まだ見ぬ『毒戦』ではありますが、スンウォン氏がどんな悪役ブライアンを演じたのかが、いろいろな記事から少しずつ見えてくるようです。

今日の記事では新しいスチール写真が公開されました。「マセラティの男」スンウォン氏は、映画の中でもやはりマセラティに乗って、おかっぱで慈悲深くて残酷なブライアンの雰囲気を全身から立ちのぼらせています。

チャスンウォン 毒戦
マセラティに乗るブライアン♡



『毒戦』の旅はまだまだ続きます。前人未到の記録に向かって、ブライアンもウォノもラクも…。そしていつか日本にも。旅はまだ始まったばかりです。

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

くむちょん  

管理人様、おはようございます。

いつも思うのですが、数千万円もするマセラティがスンウォン氏が横に立つとペットに見えてしまうのは私だけでしょうか?
『飼い犬』ならぬ『飼い車』(⌒-⌒; )
今回のこの写真も、ご主人様をじっと待つ従順な動物、な雰囲気が。
最高級の毛並みと重厚なスタイル。上位のものが持つ威厳と格式と気軽に触れるなとオーラを爆発させるプライドの高さ。
そんなマセラティが、ブライアンに静かに従いつつも、ご主人様に何かしたら、一目散に敵に挑みかかり圧倒的に、瞬時に、呼吸を乱すことなく、『倒すぞ』と。
敵をなぎ倒したマセラティの動きが止まればブライアンがあのドヤ顔で『ん?』と。
…俺のマセラティを、怒らせるなよ?ん?
と。

あぁ……今日も暴走でした。
けれど本当に超高級車の隣に、さら〜っと立っているだけで素敵なスンウォン氏♥♥

やっぱ大好きだー!!

管理人様、もうすぐスンウォン氏のお誕生日ですね♥
当日こちらで何が出るのか、楽しみにお待ちしております!
そう言えば先日『スンウォン氏と行くファンミーティングバスツアー♡』の夢を見ました♥
隣に座ってくださったスンウォン氏のおひげの毛穴まで見てきました♥素敵な夢でした♡

2018/06/05 (Tue) 07:51
管理人

管理人  


くむちょんさん、コメントをありがとうございます。

スンウォン氏なら「ペットのマセラティです」とさらっと言い放って、トーク番組の司会者を困らせながらも盛り上げてしまいそうな気がします。

ミステリアスなブライアンが乗るのにこれ以上ないくらいふさわしい車が登場しましたね。さすがは広報大使だけあって、マセラティも『毒戦』出演のスンウォン氏に全面協力、といったところでしょうか。企業の心意気を嬉しく感じます。

くむちょんさんの暴走ワールド、今日も楽しく読みました。「あ、ブライアンだー!♡」なんて言いながら駆け寄って飛びつこうとしたら、間違いなくペットのマセラティに体当たりされて跳ね飛ばされそうです。鉄壁のマセラティはペットというよりは用心棒ですね。ああ、助手席に乗ってみたい…。

展覧会にかかりっきりでスンウォン氏の誕生日を忘れていた…わけではないのですが、今年は(いや、今年も)何も出ませんので悪しからず…。『スンウォン氏と行くファンミーティングバスツアー♡』が気になって、誕生日どころじゃなくなりそうです(笑)

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2018/06/05 (Tue) 23:45

コメントを書く/Comment