[web記事]”6人の強者たち”…22日公開確定『毒戦』メインポスター公開


チャスンウォン 毒戦 チョ・ジヌン リュ・ジュンヨル キム・ソンリョン パク・ヘジュン キム・ジュヒョク ポスター


卓越したビジュアルバスターの誕生を予告した映画『毒戦』が、公開日を二日繰り上げた5月22日に確定してメイン予告編とメインポスターを公開し、これから映画を見る観客の期待を一層高めている。

チョ・ジヌン、リュ・ジュンヨル、キム・ソンリョン、パク・ヘジュンそしてチャ・スンウォン、故キム・ジュヒョクなど、忠武路(註:チュンムロ/韓国映画界のこと)の代表俳優たちのマルチキャスティングで話題を集めた映画『毒戦』が5月22日、釈迦生誕日に公開を確定し、見る人の目と耳を魅了するメイン予告編とメインポスターを公開した。

映画『毒戦』は、アジアを支配する幽霊麻薬組職の実体をめぐって繰り広げられる強者たちの戦争を描いた犯罪劇である。

CGVのフェイスブックを通じて初公開されたメイン予告編は、アジア最大の麻薬組織を捕まえるために全てをかけた刑事”ウォノ”(チョ・ジヌン)の強烈なセリフとともに、リズム感のあるビジュアル交差で一気に耳目を集中させる。

ここにカリスマあふれる存在感で”イ先生”に対する好奇心を刺激する”オ・ヨンオク”(キム・ソンリョン)の姿に続き、”実体のない敵を追跡せよ”というコピーが登場し、”ウォノ”が追っている組織の正体につながるストーリー展開への好奇心を刺激する。

さらに、麻薬組織に捨てられた組織員”ラク”(リュ・ジュンヨル)が”ウォノ”の捜査に協力する場面を通じて彼らの関係についての疑問を抱かせる。

以降、麻薬製造の天才的な技術を持った”聴覚障害者の兄妹”(キム・ドンヨン、イ・ジュヨン)、忠実な組織員”ドック”(パク・ヘジュン)、アジア最大の麻薬市場の大物”ハリム”(故キム・ジュヒョク)、組織の隠された人物のブライアン(チャ・スンウォン)まで、強力なキャラクターが次々と登場し、見る人の緊張感をさらにエスカレートさせる。

強烈なキャラクターたちの相次ぐ登場と、卓越したビジュアルが視線を釘付けにしたならば、感覚的なバックグラウンドミュージックは聴覚を一気に虜にしている。

『毒戦』のメイン予告編に使用された「イマジンドラゴンズ (Imagine Dragons)」の「ビリーバー (Believer)」は、『毒戦』の圧倒的なビジュアルをさらにスタイリッシュにして強烈な予告編を完成させた。

イマジンドラゴンズのアルバム発売を担当するユニバーサルミュージックグループの韓国支社担当者は、「イマジンドラゴンズ (Imagine Dragons)が映画のシノプシス(あらすじ)を読んで、予告編の音源使用に快く同意した。『ビリーバー (Believer)』と映画『毒戦 (Believer)』はタイトルが同じだということ以外にも吸引力のある展開、圧倒的なスケール、強靭な信念を含んでいる点が似ており、『毒戦』の華やかなエネルギーが大衆を引きつけるだろう」と伝えて、ビジュアルバスター『毒戦』に対する期待と好奇心を同時に引き上げている。

続いて、公開したメインポスターは強烈なキャラクターたちの姿を分割カットで盛り込んだ。麻薬組織とかかわった人物がモノクロで表現されているのに対して、組織を追跡する”ウォノ”だけがカラーで表現されたポスターの構成は、彼らの強烈な対決の構図に対する好奇心を刺激する。

また、それぞれ異なる眼差しと表情を示した上にも調和している彼らの姿は、強いキャラクターたちの出会いが起こすシナジー効果が期待させる。

ここで”敵になって敵を捕まえる”というコピーと『毒戦』のロゴは、映画が持つ強烈かつ熱いエネルギーとからみ合った関係、その中で起こる事件に対する好奇心を盛り上げている。

このように強者たちの戦争を描いた犯罪劇らしく、強烈なエネルギーに満ちた『毒戦』は、メイン予告編とメインポスターを公開し、予測不可能なストーリーから激しい対決を期待させるキャラクタープレー、卓越したスタイル、感覚的な演出まで、その他の犯罪劇とは差別化された”ビジュアルバスター”を予告し、5月の劇場街を完璧に引きつけるだろう。

強烈なエネルギーと爆発的なオーラを放つメイン予告編とメインポスターを公開した映画『毒戦』は、5月22日、釈迦生誕日に公開される予定である。

(スポーツ朝鮮の記事を翻訳しました)
※管理人が適宜改行を加えました。

*この記事はスポーツ朝鮮のニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

当初、『毒戦』の公開日は5月24日ということになっていましたが、2日早まって、5月22日に変更されました。ちょうど韓国は釈迦誕生日で祝日ですので、映画を公開するにはとても良いタイミングのように思います。

これまで黒バージョンや白バージョンのポスターが公開されていますが、今回公開されたポスターが「メインポスター」ということになるようです。どのポスターもミステリアスな雰囲気が漂っていて、甲乙つけがたい仕上がりになっています。

メインポスターにもスンウォン氏が登場しましたね!スンウォン氏の部分だけ抜き出してみました♡

チャスンウォン 毒戦 ポスター
三角から覗くスンウォン氏…いや、ブライアン。下まつ毛が素敵♡


メインの予告編も公開されました。スンウォン氏の新しいシーンが加わったかなー、とちょっと期待したのですが、何といってもブライアンは「謎の人物」なので、目新しいシーンはなしでした。。。

公開が2日早まったことで、広報活動もこれから一気に加速しそうですね。日本公開も少し早まって欲しいなぁ、と期待しつつ、『毒戦』を応援したいと思います。


『毒戦』メイン予告編


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment