「チャ・スンウォン!」今週のまとめ記事(2018年4月4週)


先週に引き続き、今週も映画『毒戦』の話題が次々と発信されて、5月の公開に向けてますます期待が高まっています。

今週発表されたポスター2種と、”Bカット”で、スンウォン氏はミステリアスなブライアン役の雰囲気を十分に漂わせて存在感を示しました。「映画」という一つの大きな作品が世に出る瞬間を見届けるという、湧き上がるような喜びを感じた一週間でした。

チャスンウォン 毒戦 JDX
<今週の一枚>
この冷たい眼差しがいいんだよなぁ…♡癖になりそう。



ブライアンの存在感


先に公開されていた、黒を基調とした『毒戦』のポスターは、登場人物が絵画のようなタッチで描かれた少々レトロな雰囲気のものでした。今週、白を基調としたポスターが2種類公開されました。

このポスターのスンウォン氏が素敵なことと言ったら!

スンウォン氏演じるブライアンは、組織のミステリアスな人物であること以外は、何も詳しい情報が出ていません。きっと映画の重要な部分で、インパクトのある何かをする人物なのでは…と想像しているので、公開まではこれ以上の情報は出ないのだろうな、と思っています。

役柄の説明が少ない中で、ポスターの写真や、Bカットのスチール写真などから伝わってくる「ブライアン」の印象はとても強烈です。妖しく、怖そうな、何を企んでいるのか全く分からない人物。そうそうたるキャストと並んでポスターに写るスンウォン氏を見ているうちに、ああ、やはりスンウォン氏は”映画俳優”なのだ、という思いが湧き上がってきます。

スンウォン氏の出演するドラマももちろん大好きですが、長い時間と制作費をかけて作り上げる映画は、スンウォン氏が演技の世界に入ってからひたすら取り組んできたことでもあり、スンウォン氏自身も、チャ・スンウォンという俳優の演技力を見せる一番の舞台だと考えているのではないかという気がしています。

今回は豪華キャスト、実力派の俳優が揃った映画ということもあり、俳優同士が演技で競演するのが何よりの楽しみだと思います。先日の制作報告会からも、今週発表されたポスターからも、この『毒戦』にかける俳優たちの思いがほとばしるようで、それはまたスンウォン氏の映画に対する思いを見るようでもあり、久しぶりにゾクゾクするような期待感を味わっています。

前評判がかなり良い『毒戦』が、来月の公開と同時に大きな動員記録を出しそうな予感もして、本当に楽しみです。


次作の映画も少しずつ


スンウォン氏は今年、『元気を出して、ミスター・リー(仮)』に出演することが決まっています。まだクランクイン前の段階のようですが、今週、女優のチョン・ヘビン氏がこの映画に助演として出演することが決まったというニュースが配信されました。

チョン・ヘビン氏は、この映画のイ・ギェビョク監督の前作『ラッキー』に出演したのが縁で、今回の映画にも出演することが決まったと報じられています。

『ラッキー』はユ・ヘジン氏主演のコメディー映画で、超大ヒット作となりましたので、同じ監督の映画にスンウォン氏も出演するということで、ヘジン氏から”超大ヒット”のバトンが引き継げるといいなぁ、と期待しています。

記事によれば、来年の公開を目指しているということなので、これから今年いっぱいくらいにかけて撮影が続くのかもしれませんね。主演映画という大きな舞台与えられたスンウォン氏が、思う存分演技で羽ばたける作品になってほしいと願っています。


今週はJDXのカタログ撮影現場のレポートも公開されて、ブライアンとはまた違った躍動感あふれるスンウォン氏も楽しめました。いよいよゴールデンウィークですね。どうぞ良い黄金色の週末をお過ごしください。


今週の記事のまとめです。
▶4月22日 『毒戦』映画紹介(20180421『接続ムービーワールド』より)
▶4月23日 [web記事]『毒戦』ポスターから違う…ビジュアル爆発
▶4月26日 [web記事]『毒戦』チョ・ジヌン、リュ・ジュンヨル、チャ・スンウォンなど強者たちの強烈なBカット
▶4月27日 チャ・スンウォン氏JDXカタログ撮影現場(2018S/S)

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment