チャ・スンウォン氏特別出演『毒戦』グローバル予告編公開 - チャ・スンウォン!(非公式ファンサイト)

チャ・スンウォン !

チャスンウォン 非公式ファンサイト チャ・スンウォン ブログ

チャ・スンウォン氏特別出演『毒戦』グローバル予告編公開


チャスンウォン 毒戦


チャ・スンウォン氏が特別出演する、映画『毒戦』のグローバル予告編が公開されました。5月24日(修正)5月22日の公開に向けて、本格的に宣伝が始まります。


まずは予告編公開のニュース記事から…。

[web記事]『毒戦』グローバル予告編公開…「敵になって敵を捕まえる」
2018.4.18 TVデイリー

毒戦 チャスンウォン チョ・ジヌン リュ・ジュンヨル


映画『毒戦』が予告を通じて、強烈なオーラを描いた。

『毒戦』(監督イ・ヘヨン、制作ヨンフィルム)サイドは18日、グローバル予告編を公開した。

『毒戦』は、アジアを支配する幽霊麻薬組職の実体をめぐって繰り広げられる強者たちの戦争を描いた犯罪映画。俳優チョ・ジヌン、リュ・ジュンヨル、キム・ソンリョン、パク・ヘジュンそしてチャ・スンウォン、故キム・ジュヒョクなど、カリスマあふれる強烈な俳優たちの華やかなキャスティングで話題を集めた。

今回公開されたグローバル予告編は、「イ先生は悪魔だ」という麻薬組織の後見人オ・ヨンオク(キム・ソンリョン)の声で始まり、注目をひきつける。さらに、実体のない麻薬組織を捉えるために全てをかけた狂った刑事ウォンホ(チョ・ジヌン)が「イ先生を、捕まえる」という言葉と共に登場して、組織の正体と続くストーリー展開に対する好奇心を刺激する。ここで「敵になって敵を捕まえる」というコピーが強烈に現れ、ウォンホが捨てられた麻薬組織員ラック(リュ・ジュンヨル)と手を組んで組織にますます接近する様子を介して、緊張感を高める。

一気に目を引くアジア最大の麻薬市場の大物ジン・ハリム(故キム・ジュヒョク)の姿は破格の演技変身を期待させ、麻薬組織の役員ドック(パク・ヘジュン)は、強烈なキャラクターを通じて、歴代級の悪役変身を予告する。

ここで組織の隠された人物のブライアン(チャ・スンウォン)が登場、特有の存在感を示し、これから起こることがさらに気になる。このように多彩なキャラクターたちの強烈な競合から印象的なアクションまでの華やかな見どころをスピーディーに描くことで、みなぎる緊張感を作り出している。来月24日(修正)22日公開。

(TVデイリーの記事を翻訳しました)

*この記事はTVデイリーのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。


グローバル予告編ということで、本来は英語のナレーションが入っていたのかもしれません。1分40秒の予告編は、ところどころに登場人物のセリフが入っているのみで、セリフ部分に韓国語の字幕が入っています。

-----------------------------------
<字幕部分翻訳>
キム・ソンリョン: イ先生は直接前面に出たことがないのです。
あらゆる事を後ろから指示しました。
イ先生は、
悪魔です。

チョ・ジヌン:イ先生を、
捕まえる。

敵になって
敵を捕まえる。

キム・ジュヒョク:事業をする時は、
一番重要なのが人を選ぶこと。
金ヅル、命がそこに全てかかっている。

チャ・スンウォン:ちょっと
-----------------------------------


予告編はあっという間なのですが、スンウォン氏とスンウォン氏の手と思われるシーンが何度か出てきます。こういう時は静止画に限ります。じっくりとスンウォン氏演じる「ブライアン」をお楽しみください。

チャスンウォン 毒戦

チャスンウォン 毒戦

チャスンウォン 毒戦

チャスンウォン 毒戦

チャスンウォン 毒戦

チャスンウォン 毒戦

チャスンウォン 毒戦

チャスンウォン 毒戦

チャスンウォン 毒戦


『毒戦』グローバル予告編


関連記事

コメントを書く
(댓글/Comment)

コメントには管理人から返信を差し上げます。(댓글에는 관리인이 답장을 드립니다/Blog manager will reply you. Please come back again.)



管理者にだけ表示を許可する (비공개 댓글/Private comment)