[web記事]「花遊記」チャ・スンウォン、コミックからメローまでに完全消化する「演技職人」 - チャ・スンウォン!(非公式ファンサイト)

チャ・スンウォン !

チャスンウォン 非公式ファンサイト チャ・スンウォン ブログ

[web記事]「花遊記」チャ・スンウォン、コミックからメローまでに完全消化する「演技職人」


チャスンウォン 花遊記 牛魔王


こうなったら、「牛魔王」チャ・スンウォンを「ケミストリー王」と呼ばなければならないのではないか?


俳優チャ・スンウォンは、現在放送中のtvN土日ドラマ「花遊記」(脚本ホン・ジョンウン、ホン・ミラン、演出パク・ホンギュン)でコメディーと正劇を行き来しながら様々な魅力を披露している。先立って、昔の恋人の羅刹女役の俳優キム・ジスを眺める切ない目つきをそっと見せていたチャ・スンウォンは、先週末放送された第13話で感性的な涙の演技を思い通りに爆発させた。

愛する人の1万年周期の苦痛を一度に担うことにして、星の矢を全身で受けた牛魔王(チャ・スンウォン)の純愛は、手に汗を握って見なければならない瞬間だった。キム・ジスに向けたチャ・スンウォンの切なさが溢れかえって、テレビ劇場を涙ぐませた。キム・ジスとメローまで完璧に消化した彼を「ケミストリー王」と言っても過言ではない。特に二人が互いを見つめて立っている時は、切ない悲恋の男女の主人公みたいだった。

チャ・スンウォンは、マ秘書役のイ・エルと「牛犬ケミストリー」も披露している。長い期間一緒にやってきた設定という二妖怪の演技は言葉が要らないくらいである。

牛魔王は三蔵チン・ソンミ(オ・ヨンソ)を刺そうとしたマ秘書の刀物に、代わりに刺されても自分の味方を信じて守ろうとする大人の姿を見せている。マ秘書は、愛する人の苦痛を減らすために危険な選択をした後、目が見えなくなった牛魔王のために、ヒマラヤの万年雪の貴重な木の実を取ってくるなど、まさに忠臣そのものである。

須菩提祖師(ソン・ジル)の賞賛にマ秘書は「魔王様が立派だからです。そんな愛は誰にでもできるものではありません」と言って敬意を表した。二妖怪の信義と友情も、チャ・スンウォンとイ・エルの完璧な演技の呼吸で輝いている。

新造語を誕生させた「うなり合う仲」のチャ・スンウォンとイ・スンギという幻想の組み合わせも、このドラマの見どころである。二人は毎日のように何だかんだと言い争う。ライバルであるようだが、最近、お互いを配慮する心が少しずつ明らかになって笑いをもたらしている。

牛魔王は無理な孫悟空の頼みを毎回、勝てないふりで聞き、孫悟空も誰も見ていないときに牛魔王の世話をするなど、チャ・スンウォンとイ・スンギは、風変わりなブロマンスで視聴者たちに楽しみを与えている。

チャ・スンウォンは妖力を使う演技に恥ずかしがるイ・スンギに、自分で再現するなど、現場を和やかに導いていく姿がメイキング映像を通じて数回にわたって公開され、ファンの関心を集めた。

チャ・スンウォンは、どの作品でも相手の俳優と完璧な演技と肯定的なシナジーを発揮している。ワンマンショーも得意だが、相手と合った時、魅力が倍増する役者だと言える。

「花遊記」ではイ・スンギとイ・エル、キム・ジス、オ・ヨンソだけでなく、ゾンビでありアサニョ役のイ・セヨンと猪八戒役のイ・ホンギ、沙悟浄役のチャン・グァンなど他のすべての出演陣とそれぞれ別に対面する際、見事に演技をコントロールしながら、存在感をきちんと認識させている。また、「わきが攻撃」で突破(?)した警備員役の脇役俳優とも「ケミストリー王」の姿を示し、大きな笑いを与えた。

「花遊記」は古代の小説「西遊記」をモチーフにした絶対ロマン退魔ドラマである。毎週土・日曜日の午後9時、tvNを通じて放送される。

(ソウル経済の記事を翻訳しました)

*この記事はソウル経済のニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

「花遊記」を見ていて楽しいのは、嫌いなキャラクターがいない、ということです。それぞれの人物(と妖怪)が、自分の能力に合った職業を持って活躍していて、それぞれの役がどこかで繋がっている、という「チーム感」が心地よいドラマです。

スンウォン氏演じる牛魔王も、神仙になるためのポイントを貯めるために、必然的にいろいろな登場人物と手を組んだり関わったりする役柄です。

確かに、他のキャストと個々のシーンを演じる時に、牛魔王は対する相手に応じて、威圧したり、呆れたり、弱みを見せたりと、まさに「見事に演技をコントロール」しています。牛魔王の対人関係から、私たち視聴者は「牛魔王」という妖怪の性格や過去、心の動きまで、いろいろなことを読み取ることができます。

これはスンウォン氏が「牛魔王」という役を断片的なものではなく、細かく役を分析して、スンウォン氏なりの牛魔王像をしっかりと作り上げているからこそ、演技を通して視聴者に伝わってくるものだと思います。

作品を通して作られる「ケミストリー」というのは、本当に微妙で、決して狙って作り出せるものではないと思います。スンウォン氏とが相手役との演技が合った時、「魅力が倍増する役者だと言える」と評されたのはとても嬉しいことですね。

自らの演技力と、相手の演技力を合わせることで、倍以上のものを引き出すのも、根本は俳優の力にあるように思います。そこから生まれる演技の不思議なケミストリーは、誰も予想することができない魅惑の次元へと視聴者を連れて行ってくれます。

登場人物それぞれの個性が生かされた「花遊記」が、今後どんなケミストリーを見せてくれるのか、牛と恋人、牛と猿、牛と人間、牛と犬、牛と豚、牛と河童…楽しみはまだまだ広がります。


関連記事

8 Comments

ポン さんのコメント...
管理人様
いつも情報ありがとうございます。毎日ここを訪問し、チャスンウォン氏を益々好きになっております。
演技職人‼まさしくって感じです。
素晴らしいケミストリーを起こせるのも、普段から撮影現場ではムードメーカーで皆さんとコミュニケーションを取っているからだと思います。
切ない表情が大好きです。今後の展開が楽しみです。目が見えるようになってハッピーエンドで終わって欲しいなー✨
2018/02/12 17:27
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/12 18:20
管理人 さんのコメント...

ポンさん、コメントをありがとうございます。

スンウォン氏は外見のクールさから、現場では静かに台本をめくっている感じのタイプの俳優さんに見えるのですが、実際はメイキング動画などを見ても分かるように、いつも笑いの中心にいて、まさにムードメーカーといった感じですね。コミュニケーションの力も良い作品を作る重要なポイントなのだと思います。

牛魔王の切ない表情と目つきを見るたびに、胸が苦しくなるようで、ああ上手いなぁ…♡とスンウォン氏の演技を堪能しています。牛魔王の目も恋もうまく行って、幸せでデレデレの牛魔王を見てみたいです。

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。
2018/02/12 23:15
管理人 さんのコメント...

「スンウォン氏の切ない表情は見ているこちらが辛くなりますね。」とコメントをくださった方、ありがとうございます。

「花遊記」の牛魔王はコミカルで笑えるシーンも多いのですが、一転して、昔の恋を思い出す牛魔王は、魂がどこか遠くに行ってしまったような切ない表情で、一気に私たちを引き込みます。さすが「チャ・スンウォン」だけあるわー、と日々見つめ続けて見慣れているはずのスンウォン氏の演技力を新鮮な気持ちで再確認しています。

日本語字幕の「花遊記」を見るまでは、ニュース記事などの情報で少しでもドラマについて行けるよう、ブログでいろいろな記事を発信したいと思っています。放送後は一気にあらすじやらレビュー記事が報道各社から出るので、私も大忙しです。今週は連休でしたので、いつもよりもちょっと頑張ってみました。来たるべき日本語版に備えて、少しずつ予習を進めていきましょう。

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。
2018/02/12 23:18
くむちょん さんのコメント...
あ、首にタヌキ巻いてる…さすが、牛!

管理人様、おはようございます。
ドラマの感想は本編を視聴できないので言えないなぁ…などと思っていますが、管理人様の毎回の細かな翻訳入りの情報のおかげでこれから先、牛魔王を始めとする皆さんが切なく苦しい話しに突入するのかなぁと思うと、がんばれ!って気持ちになります。

首タヌキのコートはまさに、長身でなおかつスンウォン氏だからこそ着こなせるんだろう!前髪を下ろした姿も一気に若返って『年男』なのかほんとに?!みたいな驚きもありました♡

昨年のファンミ、最後のハイファイブの時『ロビーでハイファイブ』と聞いてロビーばかり気にしてドアを出て『スンウォン氏、どこ?』て思っていたら右から「ハーイ!」と重低音で声をかけられ、振り向けばスンウォン氏!♡!♡
そこにいらしたのね!!
とびっくりしつつお顔を拝見したら少しだけ疲れたような笑顔でした。
イキナリ目の前スンウォン氏!
びっくりしつつハイファイブさせて頂き、あのふわっとした手のひらとスンウォン氏の指輪の感触にふわふわしたぽ〜っとした気分になりました。
で、ふと思ったんです。
スンウォン氏、188cm。私、150cm。

あ……スンウォン氏、私のために屈んでくれてた。だって右手の高さが私と同じだったし目線もほぼ同じだった……♥♥

優しさ!でした!あったかさ!でした!

そんなスンウォン氏が牛になって羅刹女を愛する姿が愛おしいな…などと感じています。
そして、今は映像の向こうにいるスンウォン氏に、会っていた。今はいないけど、間違いなく私はこの人に会って目をみて右手に触れた!テレビに映るあの手に私の手は、触れた!♥♥

そう思いながら首タヌキのスンウォン氏を見ていたら……照れちゃいました〜♡

管理人様、いつも翻訳入りの細かな解説、ありがとうございます!
本編を視聴できるのはまだまださきになりそうですが、管理人様のおかげで私も楽しめています!
お身体にはどうぞお気をつけてください。

2018/02/13 07:43
sweetpixy さんのコメント...
管理人様。

おはようございます。

あっという間に3連休が終わって、またまた仕事です(悲)

もう、スンウォン氏ったら罪作りですよね。
私たちのハートをがっちり掴んで離さないんだから。
演技職人であり、私たちのハートを盗んだお洒落な恋泥棒です♡

スンウォン氏のこと、知れば知るほど好きになっていきます。
今年もファンミーティング開催してほしいと切実に願っています。
あまりにもスンウォン氏が素敵すぎて、時々スンウォン氏って実在の人物?って
思ってしまう時があるので、実在している本物のスンウォン氏に会いたいから、
ファンミーティングを開催してほしいです。
実際は去年、ハイタッチまでしているから、実在の人物ってわかっていますが(笑)

今週末は、いちご狩りに行く予定です。
ビタミンCを摂取してお肌磨きです。

Have a nice day!
2018/02/13 08:32
管理人 さんのコメント...

くむちょんさん、コメントをありがとうございます。

タヌキを巻いてる牛!笑いました。

ドラマ本編をとりあえずは見続けていますが、細かいところはお手上げなので、日本語字幕で見た時にいろいろと気がつくことがたくさんありそうだと楽しみです。

言葉は分からなくても、スンウォン氏のファッションは十分に楽しめます。体調が悪いシーンの牛魔王は前髪を下ろしていることが多く、それがまた若々しく見えてしまい、「ツヤツヤしてて具合悪そうに見えない…♡」と内心ニヤニヤしながら見ています。妖怪だから年齢はあってないようなものですが、役に合わせて肌まで若返らせているのかもしれないスンウォン氏は、本当に妖怪みたいです(笑)

ファンミのハイタッチの思い出をシェアしていただいてありがとうございます。ドアを出て右を向かなかったことで、0.5秒くらい持ち時間が減ってしまったかもしれませんが、スンウォン氏に「屈んでもらって」「目線もほぼ同じにしてもらった」のは0.5秒の何倍も、いや、何十倍も嬉しいボーナスプレゼントでしたねー!いいなぁ…。

スンウォン氏のポヨヨンと柔らかい手の感触を思い出してはまたニヤニヤしています。そうか、私もテレビに映っているあの手に触れたんですよね!!うぉぉぉぉ~(鼻血)

ファンミを思い出しながら「花遊記」を見ると何だか盛り上がりそうですね。いつも私の心に火をつけてくださってありがとうございます。今週末の「花遊記」がますます楽しみになってきました。日本語字幕版が視聴できる頃になったら、見どころ&妄想ポイント合戦をしましょう♪

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。
2018/02/13 22:50
管理人 さんのコメント...

sweetpixyさん、コメントをありがとうございます。

連休はあっという間。振り出しに戻るような気分で火曜日を迎えました。

スンウォン氏にはハートを盗まれた、というよりは魂を持っていかれてしまったような気分です。「花遊記」の牛魔王を演じるスンウォン氏を見ていると、今までとはまた少し違う一面を見るようで、新鮮であり、スンウォンワールドのさらに深いところに入っていくような気持ちになります。

去年は実在のスンウォン氏に会ったはずだったのですが、あまりにかっこいい牛魔王を見ているうちに、最近はまた「テレビの中のスーパースター(ひょっとすると架空の人かもしれない…)」になりつつります。そろそろファンミーティングでまたスンウォン氏に会って、「実在の人物である」ということを確かめなくてはいけないようです。「花遊記」が日本公開になるタイミングで来てくれませんかねぇ…♡

春の味を楽しんできてください♪いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。
2018/02/13 22:52

コメントを書く
(댓글/Comment)

コメントには管理人から返信を差し上げます。(댓글에는 관리인이 답장을 드립니다/Blog manager will reply you. Please come back again.)



管理者にだけ表示を許可する (비공개 댓글/Private comment)