[web記事]「花遊記」チャ・スンウォンの天界への進出を応援しなければならない理由 - チャ・スンウォン!(非公式ファンサイト)

チャ・スンウォン !

チャスンウォン 非公式ファンサイト チャ・スンウォン ブログ

[web記事]「花遊記」チャ・スンウォンの天界への進出を応援しなければならない理由


チャスンウォン 花遊記 牛魔王


俳優チャ・スンウォンの天界への進出を応援しなければならない理由がもう一つできた。


チャ・スンウォンは2月4日に放送されたtvN土日ドラマ「花遊記」(脚本ホン・ジョンウン、ホン・ミラン、演出パク・ホンギュン)第12話で、悪い人間に天罰を下して視聴者たちに痛快をもたらした。

牛魔王(チャ・スンウォン)はこの日、天界の会議に行った須菩提祖師(ソン・ジル)の神仙業務を代行した。牛魔王は「天は無関心ではないということを教えるのには天罰しかないだろう。最近は天罰があまりにも間遠になった。私が神仙になったら手当たり次第に下すのに」と話した。

牛魔王はエレベーターの前でゴルフバッグを持って現れた男に「貴様ジョ・セパルは2万3600人から1兆3000億ウォンをむやみに着服した。お前によって97人が自殺をし、2600人の孤児ができ、7856世帯が壊れた。お前は人間の罰を避けてホクホクと幸せだな。それで今日、お前は天から下る天罰を受けるだろう」と脅した。

さらに、「お前は今日、あの下に墜落して四肢が壊れたままでも死なず、9日間生存して救助されるのだ。息をするだけでも節々が切れる苦痛を受け、お前の命ぐらいなら生き延びるだろう」と猛烈に怒鳴り、男は罪を悔いて助けてほしいと言った。しかし、牛魔王は「お前みたいな奴を生かしておくから天は無関心だという話を聞くのだ。行け!」と結局、罰を下した。

神仙業務に同行した後、車に乗ったマ秘書は「魔王様、天罰を下すことは痛快な業務ですね」と述べ、牛魔王は「あんな人間がしょっちゅう出てきてはいけない。とにかく神仙になったらこのように正式に人間の生死に関与することができる」とし、期待感に満ちた言葉をかけた。

以前に牛魔王が人間界で1000年目の修行をして神仙になろうとする理由が、自分のせいで辛い生活を繰り返している昔の恋人の羅刹女(らせつにょ/キム・ジス)を救うためであることが明らかになっている。

渦中の牛魔王は、窓の外で泣いている羅刹女の九回目の転生であるソ・ユンフィを発見して、切ない気持ちを表した。依然として愛しているが、近づくことができないということを思い出したチャ・スンウォンは、悲しみの涙を落とし、哀れに微細に揺れる眉まで切ない雰囲気を爆発させた。

一方、牛魔王はゾンビ少女プジャの身体を借りた神女のアサニョ(イ・セヨン)から「魔王様は人間になったあの方(ソ・ユンフィ)の運命に関与できないと言いましたね。私が魔王様のためにあの方をお手伝いしましょうか?私は人間でも妖怪でも悪鬼でもない存在でしょう。そんな私なら、割り込んでも天界は分からないでしょう」という提案を受けた。

天界を騙すことが容易ではないということを知っている牛魔王だが、「プジャだと思って無視したが、大きな力を持った神女が私を助けるなら、話は違う」として、アサニョの提案を聞いた心情を吐露したため、今後どんな展開が続くか関心が集まっている。

(ニュースエンの記事を翻訳しました)

*この記事はニュースエンのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

第12話の中で、牛魔王とマ秘書がエレベーターホールで待ち構え、やってきた男性に牛魔王が詰め寄るシーンがありました。牛魔王は何やら恐ろしい顔をして言葉を発し、目は赤く光り、男性はぽっかりと開いたエレベーターの扉の奥の暗がりに落ちていく…という衝撃のシーンでした。

会議に出席するためにお留守の須菩提祖師に変わって、一日神仙(?)代行中の牛魔王だとは全く気がつきませんでした。牛魔王が突然悪い人になっちゃったのかとドキドキしてしまいました。天罰を受けた人が、見るからに悪そうな感じの人だったことで、気がつかないといけませんね。

天罰を下すのも神仙のお仕事なのですね。マ秘書が「痛快な業務」と形容したように、自分のセリフに酔い気味のウフィ会長にはもってこいの、お似合いの業務のように思いました。少しずつ神仙になる練習をしている牛魔王の、天罰の仕事ぶりを覗くことができました。

痛快な業務の帰り、牛魔王は車の中から羅刹女の生まれ変わりを見つけてしまいます。ふと窓の外を見た牛魔王の焦点が、ベンチに座って泣く女性にピタリと合った時、一気に顔色と表情が変わる演技にゾクゾクしました。また、見つけてしまいましたね、牛魔王…。

車を降りようとする牛魔王を、必死に止めたのはマ秘書でした。「絶対に関わってはなりません。魔王が関わっても悲惨な死を防ぐことができず、次の生に大きな不幸を迎えます」というマ秘書の言葉に、ただ涙をためて見つめることしかできない牛魔王なのでした。牛魔王も神仙ではない自分が、今は助けることができないことを十分に分かっているのですね(涙)

ちょっと元気がないけれど、ほんわかした雰囲気だったプジャは、身体を乗っ取られてしまい、アサニョとして再登場しました。プジャとは違い、アサニョはなかなかしたたかな神女のようです。牛魔王の弱みを早くも見つけ、手伝おうかと話を持ち掛けたようです。神女とはいえ、弱みを握られたように見える牛魔王が、現世でまた出会った羅刹女とどのように関わっていくかが気になります。

牛魔王は羅刹女の苦難の鎖を断ち切ることができるのでしょうか…。
関連記事

4 Comments

みらい さんのコメント...
 怒濤の記事アップに追いつけていません。
 プジャからがらっと変わってアサニョさん、あのはかなさはどこへ、と思う変わり方です。うまい女優さんです。
 本筋(孫悟空と三蔵?もはや牛魔王と羅刹女の話とどちらが本筋か)とは違うところでも見所があって、早く日本の地上波テレビで多くの方に見ていただきたい。
 管理人様、お身体ご自愛ください。
2018/02/06 22:04
管理人 さんのコメント...

みらいさん、コメントをありがとうございます。

怒涛の記事アップで、私自身も何が何やら…といった状態でついていけていません(笑)

プジャの最後のシーンは衝撃的でしたが、色気と妖気が漂うアサニョとして戻ってきました。本当にうまい女優さんですね。牛魔王と羅刹女も最接近して、何かありそうな予感がします。スンウォン氏のインスタグラムにアップされた、鎧を着た牛魔王がそのうち出てくるのでしょうか…。

日本での放送はどうなるのでしょうね。ドラマとしては一風変わっているものの、細かいところまで作り込んであってとても面白いと思うので、できれば地上波、百歩譲ってCS、BS系で是非多くの方に見てほしいと思います。

今日はブログ更新をサボって、久しぶりにゆっくりしました。といっても結局記事のためにいろいろ情報収集をして…と普段とあまり変わらない時間を過ごしました。牛魔王に会わずにはいられません。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。
2018/02/07 00:45
sweetpixy さんのコメント...
管理人様。

おはようございます。

みらいさんの言われるとおり、怒涛の記事アップですね。
お身体、大丈夫でしょうか?
睡眠時間、削られていませんか?

私はすごく悲しいかな、「花遊記」見れていません。
早く地上波で見たくてウズウズしています。
首を長ーーーーーーーーーーくして待つのみですね(涙)

ついに姪まではインフルエンザB型にかかってしまいました。
気をつけないと!

管理人様もインフルエンザには気をつけて、お身体ご自愛くださいませ。

Have a nice day!
2018/02/07 08:38
管理人 さんのコメント...

sweetpixyさん、コメントをありがとうございます。

週に2回、ドラマの放送があるだけでブログがこんなに忙しくなるのですから、出演している俳優さんたちはさぞかし大変なんだろうなぁ…と、”忙しい繋がり”の親近感を覚えています。放送のペースにもようやく慣れてきて、出せる記事の数や量も分かってきましたので、少し楽になりました。

「花遊記」をリアルタイムでご覧になっていない方もたくさんいらっしゃると思います。ブログの記事が「花遊記」一色になってしまい、おまけにネタバレしまくっていて、申し訳ないような思いも持っています。私も毎週欠かさず見ているとはいえ、言葉が分からないので、日本語字幕を首を長ーくして待っている一人です。スンウォン氏の活躍を眺めつつ、予習をするつもりで記事を楽しんでいただけると嬉しいです。

インフルエンザは依然として流行っているようですね。A型、B型とあるので、ハシゴしないように気を付けています。まずは手洗いうがいから!

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。
2018/02/08 00:04

コメントを書く
(댓글/Comment)

コメントには管理人から返信を差し上げます。(댓글에는 관리인이 답장을 드립니다/Blog manager will reply you. Please come back again.)



管理者にだけ表示を許可する (비공개 댓글/Private comment)