[web記事]「花遊記」チャ・スンウォン×イ・スンギ×オ・ヨンソ、熱血撮影現場大公開


チャスンウォン イ・スンギ オ・ヨンソ 花遊記


「花遊記」(脚本ホン・ジョンウン、ホン・ミラン、演出パク・ホンギュン)の撮影現場が公開された。

25日、「花遊記」制作陣は情熱いっぱいの俳優チャ・スンウォン、イ・スンギ、オ・ヨンソの熱血撮影現場を公開した。

「花遊記」は古代の小説「西遊記」をモチーフに、退廃的悪童妖怪の孫悟空と、上品なジェントル妖怪牛魔王が暗い世の中で光を訪ねていく旅を描いた絶対ロマン退魔ドラマ。イ・スンギ、チャ・スンウォン、オ・ヨンソはそれぞれ退廃的悪童妖怪孫悟空、ジェントル妖怪牛魔王、すべての妖怪たちが狙っている血の主人、三蔵チン・ソンミ役を演じる。

これと関連して、イ・スンギ、チャ・スンウォン、オ・ヨンソが熱意を燃やす撮影現場ビハインドカットが放出された。主演俳優三銃士が完璧なシーンを撮るために、時々モニタリングをするかと思えば、いつも手から台本を離さず自分の役に熱中している。さらに俳優たちは、シーンに没頭しながらもある瞬間クールな笑いを噴き出しながら撮影現場の雰囲気を盛り上げているらしい。

まず、イ・スンギは、台本を分析してキャラクターに合った演技を披露しようと努力している。特に強烈なアクション演技を披露するシーンでは、撮影に入る前、動線や動作などのリハーサルを何度も繰り返すと伝えられている。撮影が終わる「カット」の声がかかるや否や、モニターに駆けつけてシーンをチェックする熱意を見せているという。

カリスマと図々しさを行き来しながら、ギャップのある魅力を披露しているチャ・スンウォンは、デビュー30周年を控えたベテランであることにもかかわらず、撮影直前まで台本を手放さず研究を重ねている姿で、後輩俳優たちの良い手本になっている。カメラの前で演技を披露した後、背を向けて俳優やスタッフに絶えず笑いを与えている。気の利いたはつらつとしたアドリブの熱戦にムードメーカーの役割も果たしているという。

三蔵チン・ソンミを演じるオ・ヨンソは、撮影現場でいつも台本を携えている俳優として定評があるという。几帳面に台本をチェックすることはもちろん、監督と意見を交わしながら演技に意欲を見せている。さらにオ・ヨンソは三主演俳優の中の紅一点らしく、撮影現場を華やかな笑顔で染め、和気あいあいとした雰囲気をリードしていると伝えられている。

「花遊記」第9話は来たる27日夜9時に放送される。
(ジョイニュースの記事を翻訳しました)

*この記事はジョイニュースのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

いろいろな「花遊記」のニュース記事が出て、追いついていくのがやっと、というくらい毎日多くの「花遊記」関連の話題が取り上げられています。

現場の雰囲気の良さが伝わってくる記事ですね。ドラマは佳境に入ってきて、どんな展開になるのか目を離せなくなってきましたが、撮影のほうも分量が多くて、俳優さんたちの苦労が伝わってくるようです。

現場では皆さん台本を片手に必死に役に没頭している中で、スンウォン氏が笑いの種を提供して、明るい雰囲気を作っているようです。大変な撮影日程の中にも、笑いでホッとする時間があるのは大事なことですね。気配り上手のスンウォン氏らしいエピソードだと思いました。

良い雰囲気の中で、間もなく折り返しを迎える「花遊記」の撮影が、順調に安全に進みますように。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment