チャ・スンウォン氏インスタグラム(2018.1.11)Part 2 - チャ・スンウォン!(非公式ファンサイト)

チャ・スンウォン !

チャスンウォン 非公式ファンサイト チャ・スンウォン ブログ

チャ・スンウォン氏インスタグラム(2018.1.11)Part 2


チャスンウォン
#牛魔王 #羅刹女 #まもなく #花遊記 #血まみれ
(チャ・スンウォン氏インスタグラムより)


関連記事

4 Comments

Like a child dreaming a sweet dream さんのコメント...
管理人様。
「血まみれ」って‥。
恋人を守るために、牛魔王はどれほど激しく戦うことなるのでしょう。そして、それでも恋人を守りきれなかった牛魔王は、どれほど激しく悲しみ嘆き、感情を震わせることになるのでしょう。イ・モンハクみたいな、ユン・ジウクみたいなむき出しの絶望やら虚無やら激情やら‥。
そんなスンウォン氏を早く見て見たい。「まもなく」なのですね。

なんだか物凄く悲劇的でロマンチックな写真ですね。妄想が暴走してしまいます。素敵な写真をありがとうございました。
2018/01/12 14:59
管理人 さんのコメント...

Like a child dreaming a sweet dreamさん、コメントをありがとうございます。

「血まみれ」って何だか不安な表現ですよね。鎧を身に付け、戦士のような出で立ちの牛魔王の姿に驚きました。

初恋の人を守り切れなかったという悲しい事実は、すでに私たちの知るところですが、悲壮感漂う表情から、牛魔王の心が血まみれなのでは…と胸が締め付けられるような写真です。

ものすごくリアルなオンラインゲームの主人公のようにも見えて、妄想界と現実界の境界が限りなく近くなったような気持ちになります。夢が現実になったような気分、とでもいうのでしょうか。悲しさがあふれるけれど、かっこいいです。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。
2018/01/12 16:35
Like a child dreaming a sweet dream さんのコメント...
管理人様。
「リアルなオンラインゲームのような」というのも、なんだかわかるような気がします。そうですね、こんな戦士がいそうかも、です。

私はこの写真を見て、コッポラの「ドラキュラ」の冒頭を思い出しました。お城から谷川に向かって、真っ逆さまに身を投げた王妃の遺体を前に、神への怒りに駆られて伯爵が教会の十字架を剣で突き刺すシーンです。剣が刺さった十字架から溢れ出す血を盃に受け、飲み干して、悪になることを誓うドラキュラ伯爵。流れる血は床を染め、横たわる王妃の亡骸を濡らしていく。ゲイリー・オールドマンのドラキュラも、甲冑姿がカッコよかったです。

ドラキュラ伯爵は王妃の死後悪と絶望を生き、それとは対照的に牛魔王は恋人が死んで後、神を信じ(牛魔王を神仙にしてくれるのは、多分神か仏ですよね)希望を持ちながら千年生きてきたのですね。
ドラキュラ伯爵は500年ほど(?)経って王妃そっくりの女性に出会い、束の間喜びと愛を味わい、滅んでいく。それなら対照的な牛魔王は、再び恋人を失うことになり、絶望と悪に沈んでゆくことかあるのかも知れないなと思ったりします(勿論、最後はハッピーエンドであって欲しいですけれど)。

管理人様、インフルエンザがすっかり治られるまで、どうぞご養生なさってくださいね。このコメントにも、どうかお返事とか気になさらないでください。好き勝手書かせていただいています。すみませんm(_ _)m。
どうぞお身体をお大事に。お早いご回復をお祈りいたします。
2018/01/12 22:52
管理人 さんのコメント...

Like a child dreaming a sweet dreamさん、コメントをありがとうございます。

昨年、スンウォン氏が「バンパイア役」をやるようだ、と騒いでいた頃、コメント欄でゲイリー・オールドマンの「ドラキュラ」のお話をしてくださったのを思い出しました。青眼鏡こそかけていませんでしたが、若い頃の牛魔王はやはりドラキュラ伯爵のような装いでしたね。

王妃を失ったドラキュラ伯爵は凄まじい滅びの人生を過ごしたのですね。解説を読んで俄然「ドラキュラ」が見てみたくなりました。

愛する恋人を失った牛魔王は、神仙になるという「善」を選択しました。妖怪という半ば悪のような世界で生きてきた牛魔王が、千年もかけて努力しているのは愛する恋人のため、というその一途さが、視聴者の同情と共感を集めているのではないかと思います。

ハッピーエンドになれば、ルシファーエンターテインメントの女性副会長が誕生したりするのかもしれませんが、個人的には牛魔王の懺悔や後悔の念、哀しみといった演技を見たい、という気持ちもあります。神仙になってはみたものの、結局運命は変えられなかったと絶望する牛魔王が見てみたいと、妄想の中でスンウォン氏をいたぶっております。

お陰さまでインフルエンザは回復してきました。ご心配いただきありがとうございます。いろいろな意味で妖怪みたいになっていましたので、人間に戻れるよう回復に努めます。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。
2018/01/13 12:22

コメントを書く
(댓글/Comment)

コメントには管理人から返信を差し上げます。(댓글에는 관리인이 답장을 드립니다/Blog manager will reply you. Please come back again.)



管理者にだけ表示を許可する (비공개 댓글/Private comment)