[web記事]チャ・スンウォンサイド「『元気を出して、ミスター・リー』前向きに検討」


チャスンウォン


俳優チャ・スンウォンが映画『元気を出して、ミスター・リー』出演を前向きに検討している。

チャ・スンウォンの所属会社YGエンターテインメントの関係者は10日、ニュース1に「チャ・スンウォンが『元気を出して、ミスター・リー』出演を前向きに検討中である」と明らかにした。

『元気を出して、ミスター・リー』は、ユ・ヘジンの主演映画『ラッキー』のイ・ギェビョク監督の次回作である。親子の話を描く温かい映画にチャ・スンウォンは小市民の父親役を提案された。

チャ・スンウォンは2016年に公開した映画『古山子、大東輿地図(こさんじゃ だいとうよちず/邦題:古山子(コサンジャ) 王朝に背いた男)』(カン・ウソク監督)に続いて今年封切りを控えた『毒戦』に出演した。『元気を出して、ミスター・リー』は、『毒戦』に繋がる次期作になる見通しである。

チャ・スンウォンは現在、tvNのドラマ「花遊記」で悲しい愛の事情を秘めたまま、神仙になるために善行を積む牛魔王役で出演し、特有の個性溢れる演技を見せている。

(ニュースワンの記事を翻訳しました)

*この記事はニュースワンのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

「花遊記」に絶賛出演中のスンウォン氏に、早くも次回作の話題が浮上しました!

ドラマの次は映画、と2018年も俳優業まっしぐらのスンウォン氏になりそうですね。親子物で父親役、温かい映画となるとハンカチなしには見られないような、感動的な映画になるのでしょうか。

「三食ごはん高敞(コチャン)編」の放送後に封切りを迎えた、ユ・ヘジン氏の映画「ラッキー」は、大ヒットして690万人というものすごい観客動員数を記録しました。その「ラッキー」のイ・ギェビョク監督の次回作となると、期待が一層高まります。

いくつかの記事を読んでみたところ、スンウォン氏が出演を検討しているこの映画は、「毒戦」を手掛けたヨンフィルムが制作を担当し、同じく「毒戦」を担当したNEWが配給元となるようです。「毒戦」での良い演技が新たな映画につながったのでしょうか…。

キャスティングが決まったところで、上半期中に撮影に入るとの情報もありましたので、「花遊記」のあとも多忙な俳優生活が続きそうですね。

楽しみに続報を待ちたいと思います。

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

sweetpixy  

管理人様。

おはようございます。

毎年、1月は目の回る忙しさで、なかなか訪問できません。
今日も忙しいのですが、スンウォン氏欠乏症にかかっているので、
スンウォン氏に元気をもらおうと思って短時間での訪問です。

新しい映画を検討中ですか。
楽しみですね。
お父さん役で、また私達を感動させてくれることでしょうね。

そろそろ仕事にもどらないと(悲)

インフルエンザが流行っています。
お身体ご自愛くださいませ。

Have a nice day!

2018/01/11 (Thu) 08:37

ポン  

いつも楽しみに拝見させて頂いております。
花遊記心配しましたが、順調みたいで一安心しております。新しい映画も決まりそうだし、楽しみです。
今度はお父さん役?何でもこなせるスンウォン氏ですが、中年の悲哀を込めたラブコメとか見たいです。
それもセレブで格好いい役(笑)

2018/01/11 (Thu) 12:14

管理人  


sweetpixyさん、コメントをありがとうございます。

お忙しい中をご訪問いただきありがとうございます。スンウォン氏嬉しいニュースを吸い込んで、多忙な毎日のエネルギー源にしていただけると嬉しいです。新しい映画の話題が登場し、新たな風を感じています。詳しい内容が発表されるのが楽しみです。

お身体に気を付けてお仕事頑張ってください。私は流行に乗ってしまったらしく、実はインフルエンザで撃沈中です。。。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2018/01/12 (Fri) 16:34

管理人  


ポンさん、コメントをありがとうございます。

初めまして!
「花遊記」の放送がようやく順調になり、視聴率も伸びているようで、ファンとしては本当にひと安心、といったところですね。牛魔王でかなり幅のある演技をしているので、次作ではしっとりとした「良き父」のような役を演じるのでしょうか…。

「中年の悲哀を込めたラブコメ」、お気持ちがよーく分かります。スンウォン氏はまだまだ「カッコイイ役」に照れがあるのか、いつか時が来たら、大人のラブコメを見せてほしいなぁ、と願っています。

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2018/01/12 (Fri) 16:34

コメントを書く/Comment