[web記事]イ・スンギ、チャ・スンウォン、オ・ヨンソ、イ・ホンギ、チャン・グァン「花遊記」5人5色キャラクターのポスター公開


チャスンウォン 花遊記 牛魔王


イ・スンギ、チャ・スンウォン、オ・ヨンソ、イ・ホンギ、チャン・グァンのキャラクターポスターが電撃公開された。

イ・スンギ 花遊記


来たる23日午後9時に初放送されるtvN新土日ドラマ「花遊記」(脚本ホン・ジョンウン、ホン・ミラン、演出パク・ホンギュン、制作スタジオドラゴン、JSピクチャーズ)は、古代の小説「西遊記」をモチーフに、退廃的悪童妖怪の孫悟空と、上品なジェントル妖怪の牛魔王が、暗い世の中で光を探す旅を描いた「絶対ロマン退魔ドラマ」である。

これと関連し、イ・スンギ、チャ・スンウォン、オ・ヨンソ、イ・ホンギ、チャン・グァンなど「花遊記」を率いる5人が、孫悟空、牛魔王、三蔵チン・ソンミ、猪八戒、沙悟浄など「花遊記」の中のキャラクターを表現した個人ポスターで期待感を高めている。

一番先にイ・スンギは、抽象的な模様の華やかな衣装と滑稽な表情でポスターを完成した。イ・スンギは「花遊記」で玉皇上帝と対決も辞さない「退廃的悪童妖怪」孫悟空役を演じる。

イ・スンギのポスターには、孫悟空を説明する一行の文章とともに猿の写真が入った額縁が加わり、孫悟空が石火山から生まれた妖怪猿であることを説明している。さらにイ・スンギは、孫悟空を思わせる独特なヘアスタイルと茶目っ気たっぷりのしらじらしい目つきで、傲慢な性格を持った孫悟空を完璧に表現、大活躍を予告した。

チャ・スンウォンは卓越したスーツフィットとともに、カリスマポーズを取りながら圧倒的なオーラを証明した。チャ・スンウォンは「花遊記」で神仙になるため、千年目の修行中の「高尚なジェントル妖怪」牛魔王を演じる。

ジェントルながらもダンディーな、洗練された雰囲気を再現したチャ・スンウォンの姿は、それ自体が目を惹きつける。牛魔王という妖怪であり、国内最大手エンターテインメント、ルシファー企画の会長ウフィの雰囲気を一度に感じことができる。

オ・ヨンソ 花遊記

イ・ホンギ 花遊記

チャン・グァン 花遊記


「花遊記5人組」の中で紅一点のオ・ヨンソは、優雅ながらも神秘的な雰囲気を演出した。オ・ヨンソを示す額縁写真には華やかにつぼみが咲いた蓮の花が盛り込まれており、オ・ヨンソが引き受けた三蔵チン・ソンミがどのようなキャラクターなのか、「妖怪を見る人間の女性」三蔵チン・ソンミがどのように孫悟空を手なずけることになるか期待を高めている。

イ・ホンギは、いたずらっ子のようにイタズラだが目だけは生き生きしている愛らしい魅力を発散した。妖力で女心を揺るがす「スーパースター妖怪」猪八戒役を演じたイ・ホンギが、可愛い豚の写真の額縁で「豚妖怪」というアイデンティティを表している。

ルシファー企画所属のトップスターP.Kらしく、明るく染めたヘアスタイルのイ・ホンギは、今まで知られていた猪八戒とはまったく異なる特別な猪八戒を誕生させる見通しだ。

最後にチャン・グァンが高級なスーツと古風なネクタイ、慈しみ深い雰囲気がにじみ出る笑顔で、財界1位の大手企業の会長で孫悟空に仕える手厚い末っ子妖怪沙悟浄役を表現した。

外見から感じられる重厚な魅力が「末っ子妖怪」という人物設定とは多少距離感があり笑いを誘う。孫悟空をに手厚く仕えるというキャラクター設定に似合うように、はたきで半身像をはたいている姿まで入れ、笑いを与える。

制作会社サイドは、「『花遊記』を率いていく主人公5人のポスターにはそれぞれの魅力はもちろん、各キャラクターを象徴する写真額まで加えて、理解度を上げようとした。2017年の年末、新しいジャンルの『花遊記』に没頭することができるよう最善を尽くしている。『花遊記』に多くの関心をお願いする」と伝えた。

tvN新土日ドラマ「花遊記」は来たる23日土曜日午後9時に初放送される。

(ビズエンターの記事を翻訳しました)

*この記事はビズエンターのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

先日の記事、☞チャ・スンウォン氏「花遊記」ポスター撮影メイキング動画でご紹介したように、「花遊記」のポスター撮影は和やかな雰囲気で行われたようです。

今日はそれぞれのキャラクターの個人ポスターが公開されました。記事のタイトルにもあるように、まさに「5人5色」といったポスターですね。

ポスターにはそれぞれのキャラクターを表わす文章が入っています。

玉皇上帝と
対決も辞さない
退廃悪童妖怪
孫悟空

神仙になるために
千年目の実行中
上品なジェントル妖怪
牛魔王

一言で
悟空を飼いならす
妖怪を見る人間の女性
三蔵チン・ソンミ

妖力で
女心を揺さぶる
スーパースター妖怪
猪八戒

財界一の大企業の
会長だが
悟空に仕える
手厚い末っ子妖怪
沙悟浄



スンウォン氏は立派な白牛の額をバックに、ジェントル妖怪そのものといった表情で椅子に腰かけています。ドラマのポスターがそのまま雑誌の表紙になりそうなかっこよさです♡

神仙になりたいという願いを叶えるために、千年も修行をしてきただけあって、ストイックな感じも漂っています。大願成就を前に、孫悟空や三蔵に出会って計画が狂ってしまい、それが予告編動画の「わあぁぁぁっ!」という叫びにつながるような気がします。

イ・スンギ氏の表情と、額縁の猿の表情がどこか似ているのも面白いですし、個人的には大企業の会長役のチャン・グァン氏が、チャジュンマのように甲斐甲斐しく孫悟空の世話をするシーンがあるのでは…と楽しみにしています。

可愛い豚、猪八戒役のイ・ホンギ氏も、牛魔王のエンターテインメント会社に所属するスーパースターとして、スンウォン氏とのシーンで楽しませてくれそうです。そして紅一点、三蔵のオ・ヨンソ氏は、あまりの美しさに牛魔王役と何かあるのでは…とヤキモキしましたが、三蔵チン・ソンミはかなり性格に難あり、の役のようで、その辺のギャップも楽しめそうです。

重厚感もあり、面白さも漂う素敵なポスターが揃いました。「花遊記」まであと4日、楽しみです。

関連記事

Comments 9

There are no comments yet.

sweetpixy  

管理人様。

おはようございます。

寒くて、腰にホカロン貼ってましたが、肌が弱い私はすぐに腰の部分が赤くなり、
腰ホカロンは断念して、背中一か所のホカロンにしました。

ポスター、とっても素敵ですね。
そして、各自みんなキャラクターが生きていますよね。
イ・スンギ氏のポスターの猿は、猿界では絶対にイケメンの猿だと思います。

スンウォン氏のポスター、超VIP感でてますね。
長い脚を組んで、素敵すぎます。
こんなに2枚目なのに、さらっと2.5枚目も演じるスンウォン氏。
そのギャップがたまらない♡

いよいよカウントダウンですね。

今日は真冬なみに寒いです。
お身体ご自愛くださいませ。

Have a great day!


2017/12/20 (Wed) 08:51

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/20 (Wed) 19:18

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/20 (Wed) 19:22

みらい  

 退廃的悪童妖怪がハチャメチャで、清楚に見えて一番サディスティックなのが三蔵法師で、見かけは一番強そうだけど実は弱いの
が牛魔王。強がってスーツ姿で「武装」しているけれど、あの傘が手放せない。妄想でドラマを見なくても楽しめそう。

2017/12/20 (Wed) 22:12

管理人  


sweetpixyさん、コメントをありがとうございます。

今までに公開されている情報を寄せ集めた、私の頭の中にある「花遊記」のイメージにぴったりなポスターが公開されました。

それぞれのキャラクターの雰囲気や性格まで伝わってくるようですね。スンウォン氏はVIP感をプンプン漂わせていますが、スリッパのにおいを嗅いだり(あのスリッパは三蔵のものらしいです)かなり挙動が怪しかったりと、単なるVIPではないことを知ってしまいました。

ちょっと変な牛魔王を知る身としては、あのポスターのおすましキメ顔の牛魔王が可笑しくて、見ているだけで顔が緩んでしまいます。良いポスターです!

いつもご訪問ありがとうございます。低温やけどにはご注意を…。またいらしてくださいね。

2017/12/21 (Thu) 00:33

管理人  


「コメントを送ろうとしたら、『不正と判断されました』として送れませんでした。文章が長すぎたのでしょうか?」とコメントをくださった方、ありがとうございます。

せっかくコメントを書いていただいたのに、送信できなかったようで申し訳ありませんでした。コメント欄には迷惑コメントを避けるために自動的に禁止ワードが設定されており(どんな語句なのかは私も分かりません…)、たまたまその語句が引っかかってしまったのかもしれません。お時間と手間をおかけしてしまいました。

コメントの長さは無制限で書いていただけますので、文字数が多かったということはないと思います。このコメントも2回目のコメントも無事に届いていますのでご心配なく!

記事を楽しんでいただいたようで嬉しいです。これに懲りず、またコメントをお待ちしています。

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/12/21 (Thu) 00:34

管理人  


みらいさん、コメントをありがとうございます。

観察力にかけてはかなりのレベルに達したみらいさんならではの鋭い読みですね。叫んでいるけど、牛魔王が一番弱いキャラ…(笑)

あの光る指輪のにおいをかぎながら、片手に傘がないと落ち着かないのかもしれません。ウフィさんは、においフェチのような気がします。「花遊記~妄想編~」も暴走していて何だか楽しそう♪

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/12/21 (Thu) 00:35

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/21 (Thu) 17:15

管理人  


「『花遊記』を見る私達には出演者達の過去の作品のイメージが残っていて…」とコメントを下さった方、ありがとうございます。

「ヨンパリ」を見たことがなかったので、チャン・グァン氏が残忍な役柄で出演していたことを初めて知りました。「華政」では高級官僚の役でお見かけしたので、時代劇のイメージを引きずっていました。

「花遊記」では大企業の会長なのに、甲斐甲斐しく孫悟空の世話をする役のようで、大らかで優しそうな印象です。俳優さんたちは演じる役に”化ける”とよく言いますが、スンウォン氏もチャン・グァン氏もまさにその通りですね。皆さんの化けっぷりが楽しみです。

昨日はコメント送信でご不便をおかけして申し訳ありませんでした。管理人でありながら、私もまだまだブログの仕組みなどを日々勉強中です。

土曜日は「花遊記」にありつけるか分かりませんが、初放送のニュース記事など、ホットな話題をお届けしたいと思います。

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/12/22 (Fri) 00:29

コメントを書く/Comment